過去問クイズ
0問解答 0問正解 正答率:0%

第1種衛生管理者過去問 平成27年 下下期 関係法令 [有害業務に係るもの] 第1問

常時800人の労働者を使用する製造業の事業場の有害業務及び衛生管理者の選任の状況は、次の(1)及び(2)のとおりである。
この事業場の衛生管理者の選任についての法令違反の状況に関する1~5の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)有害業務の状況
製造工程において著しく寒冷な場所における業務に常時20人従事しているが、他に有害業務はない。
(2)衛生管理者の選任の状況
選任している衛生管理者数は3人である。
このうち1人は、この事業場に専属でない労働衛生コンサルタントで、衛生工学衛生管理者免許を有していない。
他の2人は、この事業場に専属で、共に衛生管理者としての業務以外の業務を兼任しており、また、第一種衛生管理者免許を有しているが、衛生工学衛生管理者免許を有していない。

  1. 衛生管理者の選任について違反はない。
  2. 選任している衛生管理者数が少ないことが違反である。
  3. 衛生管理者として選任している労働衛生コンサルタントがこの事業場に専属でないことが違反である。
  4. 衛生工学衛生管理者免許を有する者のうちから選任した衛生管理者が1人もいないことが違反である。
  5. 専任の衛生管理者が1人もいないことが違反である。
    1. 〇 常時800人の労働者を使用する製造業の事業場における衛生管理者の法定選任数は3人であるので、違反はなく、正しい。
    2. × 上記解説のとおり、違反はないので誤り。
    3. × 労働衛生コンサルタントは専属でなくてもよいので違反はなく、誤り。
    4. × 著しく寒冷な場所における業務に常時従事している労働者数は20人であり、衛生工学衛生管理者免許を持つ衛生管理者の選任義務はなく、多量の低温物体を取り扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務などでは対象外なので違反はなく、誤り。
    5. × 著しく寒冷な場所における業務に常時従事している労働者数は20人であり、専任の衛生管理者としなくてもよいので違反はなく、誤り。専任は必要なのは、常時500人を超えかつ法定の有害業務に常時30人以上従事している事業場である。
解答を選択してください