過去問クイズ

あん摩マッサージ指圧師 過去問題で勉強しよう!

あん摩マッサージ指圧師の過去問題を年度ごとにクイズ形式で出題します。リアルタイムに○×の判定をするので緊張感を持って勉強ができます。間違えた問題のみを出題する復習機能で苦手な部分を克服することができます!

あん摩マッサージ指圧師 過去問題 合格基準

合格基準に合わせてあん摩マッサージ指圧師 過去問題を60%に設定しています

■合格基準

配点を1問1点、合計150点満点とし、90点以上を合格とする。
総得点  90点以上/150点
受験資格
  • 学校教育法(昭和22年法律第26号)第90条第1項の規定により大学に入学することのできる者(法第2条第1項の規定により文部科学大臣の指定した学校が大学である場合において、 当該大学が学校教育法第90条第2項の規定により当該大学に入学させた者又は法附則第18条の規定により学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することができる者とみなされる者を含む。)で 、3年以上、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設において、あん摩マッサージ指圧師となるのに必要な知識 及び技能を修得したもの
  • あん摩マツサージ指圧師、あん摩マッサージ指圧師、きゆう師等に関する法律の一部を改正する法律(昭和63年法律第71号。以下「改正法」という。)の施行の際(平成2年4月1日) 現に改正法による改正前の法第2条第1項の規定により文部大臣の認定した学校又は厚生大臣の認定した養成施設において同項に規定する知識及び技能の修得を終えている者並びに改正 法施行の際現に当該学校又は養成施設において当該知識及び技能を修得中の者であって、改正法施行後にその修得を終えたもの
  • あん摩マツサージ指圧師、あん摩マッサージ指圧師及びきゆう師に係る学校養成施設認定規則(昭和26年文部省・厚生省令第2号)第4条に定める程度の著しい視覚障害があり、 学校教育法第57条の規定により高等学校に入学することのできる者(法附則第18条の2第2項の規定により、学校教育法第57条の規定により高等学校に入学することのできる者とみ なされる者を含む。)であって、法附則第18条の2第1項の規定により文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設において、5年以上、あん摩マッサージ指 圧師、あん摩マッサージ指圧師及びきゅう師となるのに必要な知識及び技能を修得したもの
  • 沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律(昭和46年法律第129号)の施行の際(昭和 47年5月15日)現に沖縄県内のあん摩マッサージ指圧師に係る学校若しくは養成施設を卒業 している者又はこれらの学校若しくは養成施設において修業中であり、沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律の施行後に当該学校又は養成施設を卒業した者であって、法第2条第 1項に規定するあん摩マッサージ指圧師となるのに必要な知識及び技能を修得した者と同等以上の知識及び技能を有する者として都道府県知事が認めたもの

あん摩マッサージ指圧師 過去問題

スポンサーリンク

あん摩マッサージ指圧師 模擬試験

模擬試験は、過去問題の中からランダムに問題を出題します。過去問題で勉強した実力を試すのにお使いください。

あん摩マッサージ指圧師とは

あん摩マッサージ指圧師国家試験(あんまマッサージしあつしこっかしけん)とは、国家資格である、あん摩マッサージ指圧師の免許を取得するための国家試験である。
あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律第2条第1項に基づいて行われる。厚生労働省医政局監修。試験の実施に関する事務は、厚生労働大臣の委任を受けた財団法人東洋療法研修試験財団が行う。

あん摩マッサージ指圧師の取得者が従事できる職種

資格を取得すると以下のような業務が可能となります。
  • 手技による施術行為(禁忌疾患を除く)
  • 施術所(治療院)の開業
  • 出張(訪問)施術
  • 施術所(治療院)、福祉施設、病院などへの就職 など
※あん摩マッサージ指圧師は国家資格の「業務独占資格」です。
※資格を取得せず、あん摩・マッサージ・指圧などの手技を行うことは禁止されています。
※禁忌症、骨折、脱臼を除いて、医師の指示なしに施術が可能です。
MENU