過去問クイズ

FP3(ファイナンシャルプランナー) 過去問で資格を取得しよう!

FP3(ファイナンシャルプランナー)の過去問を年度ごとに解説付きで出題します。リアルタイムな○×判定で試験に近い緊張感を持つことができます。間違えた過去問のみを出題する復習機能で苦手な部分を克服し、FP3(ファイナンシャルプランナー)になるための知識を確実につけていきましょう。

FP3(ファイナンシャルプランナー) 過去問【解説付き】

FP3(ファイナンシャルプランナー) 過去問を解説付きで出題します。

スポンサーリンク

FP3(ファイナンシャルプランナー) 過去問【解説なし】

FP3(ファイナンシャルプランナー) 過去問ランダム

過去問の各回の中から、全問又は、科目別で問題を10問ランダム出題します。過去問で勉強したFP3(ファイナンシャルプランナー)の成果を試すのにお使いください。

FP3(ファイナンシャルプランナー) 試験概要

  1. 3級ファイナンシャル・プランニング技能検定(以下、3級FP技能検定)は、厚生労働大臣より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受けて、実施する国家検定です。
  2. 3級FP技能検定は、学科試験と実技試験にて実施されます。
  3. 学科試験と実技試験は同日に実施され、両方を受検することができます。
  4. 学科試験と実技試験の(両方)合格者には合格証書が発行され、学科試験あるいは実技試験の一部合格者には一部合格証が発行されます。
  5. 学科試験あるいは実技試験の一部合格者には、それぞれの試験が免除される、試験免除制度があります。ただし、一部合格による試験免除には期限(合格した試験実施日の翌々年度末)がありますので、ご注意ください。3級FP技能士を取得するためには、学科試験と実技試験の両方の合格が必要であり、3級FP技能検定合格証書の発行をもって、3級FP技能士と認定されます。

試験の内容 FP3(ファイナンシャルプランナー) 試験の試験科目は大きく以下の通りになります。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

出題形式

  • ○×試験 30問
  • 三肢択一式試験 30問
  • 計60問

持込み品

  • 学科用具(HB以上の濃い黒鉛筆、消しゴム)
  • 計算機(下記の各条件に該当するもの1台に限る)
    1. 電源内蔵のもの
    2. 演算機能のみを有するもの
      • 使用可・・・√、%、消費税に係る税込・税抜、売上に係る原価(MD)・売上・売価(MU)・利益率、日数・時間計算、マルチ換算についてのキー、定数計算機能、メモリー(M)機能(計算結果を1つだけ記録できるものに限る)、GTキー
      • 使用不可・・・関数計算機能〔Σ(シグマ)、log等〕、複利計算・ローン計算機能、紙に記録する機能、音〔タッチ音、音階、音声等〕を発する機能、プログラム(計算式)の入力(登録)機能、計算過程をさかのぼって確認できる機能、等を有するもの
    3. 数値を表示する部分がおおむね水平で、文字表示領域が1行であるもの
    4. 外形寸法がおおむね26cm×18cmの大きさを超えないもの

FP3(ファイナンシャルプランナー) 過去問題 合格基準

60点満点で36点以上

FP3(ファイナンシャルプランナー) 受験資格

FP業務に従事している者または従事しようとしている者
スポンサーリンク

FP3級(ファイナンシャルプランナー)とは

FPは、ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険などあなたに関するあらゆるデータを集めて、現状を分析します。そして、あなたのライフプラン上の目標を達成するため、問題や不安を解決するために、あなたの立場で考え、長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するファイナンシャル・プランニングの専門家です。 また、必要に応じて、弁護士や司法書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながら、個人の夢や目標に基づくライフプランを前提に、その実現のために様々な領域に渡る包括的なアプローチによって、必要なファイナンシャル・プランニングを行うのが特徴です

FP3級(ファイナンシャルプランナー)の取得者が従事できる職種

職業人としてのファイナンシャル・プランナーは主に2種類の系統に分かれる。銀行、信託銀行、郵便局、証券会社、生命保険会社、損害保険会社等の金融機関や、不動産仲介・分譲会社に勤務する「企業系FP」と、自ら事務所を持ち独立自営する「独立系FP」の2つの系統である。また、最近では企業に属し、その企業の従業員に対するFP業務を主とする「企業内FP」も増えている。
FP業務に特化した「独立系FP」の収入源は、プランニング業務による時間当たりの相談料、会員契約の会費(士業でいう顧問契約の顧問料)、マネー雑誌等への原稿執筆、マネーセミナーの講師となっている場合が多い。
また、公認会計士、税理士、社会保険労務士、行政書士などの士業者や宅地建物取引主任者などの専門業者が各分野に特化させる形で業務を行っている場合も多い。(例えば、公認会計士・税理士は税金・事業継承、社会保険労務士は年金・社会保険、行政書士は事件性の無い遺産分割協議書などの事実証明書類の作成、宅地建物取引主任者は不動産等々)加えて、DCプランナーやDCアドバイザー資格を併せ持ち投資教育を業務の主軸とするFPや、モーゲージプランナー資格を有し、住宅ローンに特化したコンサルティング活動を行うFPも最近では増加している。