過去問クイズ
0問解答 0問正解 正答率:0%

FP3(ファイナンシャルプランナー) 過去問 2016年9月 第1問

所得税において、個人向け国債の利子を受け取ったことによる所得は、配当所得となる。
  1. 国債や社債の利子は、利子所得で、20.315%(所得税15.315%住民税5%)の源泉分離課税である。
○×を選択してください
解説あり
解説なし