過去問クイズ

柔道整復師 筆記試験

  1. 試験は、筆記の方法により行なう。
  2. 出題形式は四肢択一又は、四肢択二を基本とする多肢選択形式とし、出題数は230問、総試験時間数は午前2時間30分、午後2時間30分とする。
区分形式出題数時間
午前客観式必修問題30問2時間30分
客観式一般問題90問
午後客観式一般問題110問2時間30分
柔道整復師 科目別出題数
区分科目出題数
午前必修問題30問
解剖学30問
生理学25問
運動学10問
病理学概論13問
衛生学・公衆衛生学12問
午後関係法規10問
リハビリテーション医学11問
一般臨床医学22問
外科学概論11問
整形外科学11問
柔道整復理論45問
MENU