ケアマネ 過去問でケアマネ試験に合格しよう!

ケアマネ試験の過去問を年度ごとに解説付きでクイズ形式出題します。リアルタイムな○×判定で試験に近い緊張感を持つことができます。間違えた過去問のみを出題する復習機能や、ランダムに全科目又は科目別に出題するランダム出題もあります。
繰り返し過去問を解き、ケアマネ試験に合格するための知識を確実につけていきましょう。

スポンサーリンク

ケアマネ 過去問

ケアマネ 過去問 ランダム出題

過去問の各回の中から、全問又は、科目別で問題を10問ランダム出題します。過去問で勉強したケアマネ試験の成果を試すのにお使いください。

ケアマネ試験 概要 平成29年(第20回)

受験申込期間
5月~8月
都道府県により異なります。

試験日
平成29年10月8日(日)午後10時

合格発表
平成29年11月~12月

ケアマネ試験 出題方式
ケアマネ試験は筆記試験によって行います。
出題の形式は五肢複択方式。
5つの選択肢の中から2~3個を選択する方式です。

ケアマネ試験科目
  • 介護支援分野 25問
  • 保健医療福祉サービス分野 35問

ケアマネ試験 合格基準

次の要件のいずれも満たした者を合格とします。
  1. 介護支援分野の得点が70%を基準とし、問題の難易度で補正した点以上であるもの。
  2. 保健医療福祉サービス分野の得点が70%を基準とし、問題の難易度で補正した点以上であるもの。
問題は1問1点である。

ケアマネ試験 受験資格

※介護支援専門員実務研修受講試験については、「保健・医療・福祉に係る法定資格保有者、相談援助業務従事者及び介護等の業務従事者であって定められた実務経験期間を満たした者」が受験対象者となっていますが、介護支援専門員に求められる資質や専門性の向上を図 っていくため、「保健・医療・福祉に係る法定資格保有者または生活相談員等の相談援助業務従事者であって定められた実務経験期間を満たしていた者」を受験対象とする見直しが行われ、平成27年2月12日に改正省令が公布・施行されました。
なお、施行後3年間は旧要件該当者も受験可能とする経過措置が設定されましたので御留意ください。
※解答免除の取扱いについては、平成27年度の試験から廃止となりましたので御注意ください。

次の1~3に該当する者で求められる実務経験期間を満たした者
1.次にあげる資格取得者(実務経験5年以上)
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む。)、精神保健福祉士
2.法令等に基づいて相談・援助業務に従事する者を配置することとされている施設や事業において当該業務に従事する者(実務経験5年以上)
  • 施設等に必置とされている相談援助業務に従事する者
  • 法律に定められた相談援助業務に従事する者
  • 相談援助業務に従事する者であって、社会福祉主事任用資格等を有する者
  • その他 ※施設長等
3.介護等の業務に従事する者であって、社会福祉主事任用資格等を有する者(実務経験5年以上)
※上記以外は、実務経験10年以上
スポンサーリンク
特例措置について
身体の機能に障がいのある方等で、車椅子の使用、補聴器の使用、拡大鏡の持込みなど、受験に際して必要な措置を希望される方は、事前に申請の手続が必要となります。

ケアマネとは

介護保険制度において、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)、および介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床群等)において、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職です。
また、市町村から委託を受けた場合には、要介護認定のための調査を実施することも職務となっています。
その他の福祉関連過去問