過去問クイズ

精神保健福祉士 過去問題で勉強しよう!

精神保健福祉士の過去問題を年度ごとにクイズ形式で出題します。リアルタイムに○×の判定をするので緊張感を持って勉強ができます。間違えた問題のみを出題する復習機能で苦手な部分を克服することができます!

精神保健福祉士 過去問題 合格基準

合格基準に合わせて精神保健福祉士 過去問題を60%に設定しています

■合格基準

  1. 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
  2. 1を満たした者のうち、16科目群(ただし、(注意2)に該当する者にあっては5科目群。)すべてにおいて得点があった者。
    1. 精神疾患とその治療
    2. 精神保健の課題と支援
    3. 精神保健福祉相談援助の基盤
    4. 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
    5. 精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム
    6. 人体の構造と機能及び疾病
    7. 心理学理論と心理的支援
    8. 社会理論と社会システム
    9. 現代社会と福祉
    10. 地域福祉の理論と方法
    11. 福祉行財政と福祉計画
    12. 社会保障
    13. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
    14. 低所得者に対する支援と生活保護制度
    15. 保健医療サービス
    16. 権利擁護と成年後見制度
【注意1】配点は、1問1点の163点満点である。
【注意2】精神保健福祉士法施行規則第6条の規定による試験科目の一部免除を受けた受験者にあっては、配点は、1問1点の80点満点である。
受験資格
  • 4年制大学で指定科目を修めて卒業した方(平成25年3月31日までに卒業見込みの方を含みます)
  • 2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方(平成25年3月31日までに従事する見込みの方を含みます)
  • 精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方(平成25年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含みます)
  • 精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方(平成25年3月31日までに卒業(修了)見込みの方を含みます)

精神保健福祉士 過去問題

スポンサーリンク

精神保健福祉士 模擬試験

模擬試験は、過去問題の中からランダムに問題を出題します。過去問題で勉強した実力を試すのにお使いください。