過去問クイズ

社会福祉士 過去問で資格を取得しよう!

社会福祉士の過去問を年度ごとに解説付きで出題します。リアルタイムな○×判定で試験に近い緊張感を持つことができます。間違えた過去問のみを出題する復習機能で苦手な部分を克服し、社会福祉士になるための知識を確実につけていきましょう。

スポンサーリンク

社会福祉士 過去問

社会福祉士 過去問ランダム

スポンサーリンク

社会福祉士 過去問題 合格基準

次の2つの基準を満たした方が合格になります。
    1. 総得点150点に対し、得点84点以上の方(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。
    2. 試験科目の一部免除を受けた受験者(社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第5条の2)総得点67点に対し、得点37点以上の方(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。
  1. 1. のA. 又はB. を満たした方のうち、1. のA. に該当する方にあっては①から⑱の18科目群、B. に該当する方にあっては⑫から⑱の7科目群すべてにおいて得点があった方。
①人体の構造と機能及び疾病②心理学理論と心理的支援③社会理論と社会システム ④現代社会と福祉⑤地域福祉の理論と方法⑥福祉行財政と福祉計画⑦社会保障 ⑧障害者に対する支援と障害者自立支援制度⑨低所得者に対する支援と生活保護制度 ⑩保健医療サービス⑪権利擁護と成年後見制度⑫社会調査の基礎⑬相談援助の基盤と 専門職⑭相談援助の理論と方法⑮福祉サービスの組織と経営⑯高齢者に対する支援 と介護保険制度⑰児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度⑱就労支援サービス、 更生保護制度
受験資格
  1. 4年制大学で指定科目を修めて卒業した方
  2. 2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方
  3. 社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方
  4. 社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方

社会福祉士とは

社会福祉士は、社会福祉士となる資格を有する者が、所定の事項について登録を受けることにより(法第28条)、社会福祉士の資格を取得することができます。また、社会福祉士は、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行なうことを業とする者(法第2条)とされています。

社会福祉士の取得者が従事できる職種

福祉施設
老人ホームや障がい者施設などの施設で、利用者様の生活全般にかかわる相談援助、連絡調整等を行います。
地域の福祉サービス
地域包括支援センターや在宅介護支援センター、社会福祉協議会などで、地域住民の為の福祉サービス相談窓口の業務や、福祉サービスの企画・実施に携わります。
医療機関
病医院、保健所などで、患者様とご家族が抱える経済的な問題や退院後の生活の問題の相談に応じ、患者様の社会生活復帰への援助を行います。
独立型社会福祉士事務所
成年後見制度の下での「権利擁護の活動」「サービスの第三者評価」及び介護保険制度の下でのケアマネジメントなどを行います。
教育分野
教育機関(学校)で、児童の抱える様々な相談に応じる相談員としてスクールソーシャルワーカーが近年増えてきております。スクールソーシャルワーカーは児童本人と家族・教師など児童を取り巻く周囲の人々に働きかけながら問題解決を図ります。
司法分野
刑務所及び更生保護施設に社会福祉士が配置されるケースが増えてきました。犯罪や非行を行った人の社会への定着支援をおこないます。
スポンサーリンク
MENU