過去問クイズ
0問解答 0問正解 正答率:0%

宅建 過去問題 平成23年 第1問

印紙税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  1. 当初作成した土地の賃貸借契約書において記載がされていなかった「契約期間」を補充するために「契約期間は10年とする」旨が記載された覚書を作成したが、当該覚書にも印紙税が課される。
  2. 本契約書を後日作成することを文書上で明らかにした、土地を8,000万円で譲渡することを証した仮契約書には、印紙税は課されない。
  3. 「甲土地を6,000万円、乙建物を3,500万円、丙建物を1,500万円で譲渡する」旨を記載した契約書を作成した場合、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は、6,000万円である。
  4. 「Aの所有する土地(価額7,000万円)とBの所有する土地(価額1億円)とを交換し、AはBに差額3,000万円支払う」旨を記載した土地交換契約書を作成した場合、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は、3,000万円である。
解答を選択してください
その他過去問
宅建 過去問題 平成27年
宅建 過去問題 平成26年
宅建 過去問題 平成25年
宅建 過去問題 平成24年
宅建 過去問題 平成23年
宅建 過去問題 平成22年
宅建 過去問題 平成21年
宅建 過去問題 平成20年