問題 1
以下の法律の自立に関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 児童福祉法では、児童養護施設における自立支援の対象を、現に入所している児童に限定している。
  2. 社会福祉法第3条では、福祉サービスについて、身体機能の低下に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するものとしている。
  3. 老人福祉法では、その目的は、すべての高齢者が、尊厳を保持し、その有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるようにすることであると、明記している。
  4. 「障害者総合支援法」では、すべての国民は、障害者等が自立した生活が営めるような地域社会の実現に協力するよう努めなければならないと、規定している。

【 解答:4 】

問題 2
Aさん(74歳、男性)は、一人暮らしをしている。軽度の認知症があり、訪問介護を利用している。一年前から近所に住んでいる親族に預金通帳の管理を頼んでいる。最近、家事援助のためにAさん宅を訪れた訪問介護員は、Aさんから、「親族が勝手にお金を使いこんでいるらしい」と聞いた。
訪問介護員がサービス提供責任者と共に、最初に取り組むべきこととして、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 成年後見制度の利用をすすめる
  2. 民生委員に相談するように勧める
  3. 親族に事実を確認する
  4. 特別養護老人ホームへの入所を勧める。

【 解答:5 】

問題 3
自己覚知のために、最も重視するものを1つ選びなさい。
  1. 自分の感情の動きとその背景を洞察する。
  2. 自分の将来の目標を設定する。
  3. 自分中心でなく、他者中心に考える。
  4. 自分を肯定的にとらえる。

【 解答:1 】

問題 4
Bさん(85歳、女性)は、認知症がある。ショートステイを1週間利用することになった。1日目の夕方、介護職員が忙しい時間に、Bさんは何回も、「わたしはここにいていいの」と繰り返し尋ねた。
介護職員の最初の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 「どこにいきたいのですか」
  2. 「後からゆっくり聞きますね」
  3. 「同じことを何回も聞かないでください」
  4. 「ここにいてくださっていいですよ」

【 解答:4 】

問題 5
Cさん(32歳)は、来月、出産を控えている。同居する夫(35歳)は、正規雇用の正社員である。Cさんは、訪問介護事業所で非常勤(週30時間勤務)の訪問介護員(ホームヘルパー)として勤務している。1年単位の契約期間を更新して、これまで3年働いてきた。事業主からは、出産した後も仕事を続けてほしいと頼まれている。妊娠してから今までは仕事を継続してきたが、出産後は育児休暇をとれないか検討している。
「育児・介護休業法」に基づく、Cさんの育児休業などの取得に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. Cさんが取ることのできる育児休業休暇は、最大で子どもが1歳になる前の月までである。
  2. 育児休業の終了予定日は、明らかにして申し出る必要がある。
  3. 育児休業は、Cさんの夫は取ることができない。
  4. 小学校就学前の子どもが病気になった場合に利用できる休暇制度はない。

【 解答:2 】

問題 6
地域における様々な事業主体やサービス提供主体に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 共同募金は、都道府県の区域を単位として行う寄附金の募集であって、地域福祉の推進を図るためのものである。
  2. NGOは、営利を直接の目的とはせず、都道府県知事の認証を得て、在宅福祉サービス事業などの社会活動を行う団体である。
  3. NPOは、国際人道支援などの社会的活動を行う機関である。
  4. 企業の社会的責任による社会貢献は、商品を安い価格で販売するなどの経済活動によって行われる。

【 解答:1 】

問題 7
ボランティア活動に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 無償の活動に限定される。
  2. 個人が行う活動で、法人が行う活動は含まれない。
  3. 特徴として、自発性や自主性が挙げられる。
  4. 社会貢献よりも、自己満足を達成することの方が重視される。

【 解答:3 】

問題 8
少子高齢化に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 1950年(昭和25年)以降、出生数は一貫して低下し続けている。
  2. 1950年(昭和25年)以降、合計特殊出生率は2.0を超えたことはない。
  3. 1980年代前半、老年人口は年少人口割合を上回った。
  4. 2000年(平成12年)以降、65歳以上の者のいる世帯は過半数を超えている。

【 解答:5 】

問題 9
市長村における社会福祉に関する計画として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 老人福祉計画は、その市町村内に老人福祉施設がなければ、策定しなくてもよい。
  2. 障害者福祉計画は、18歳以上の障害者を対象としていて、障害児を含まない。
  3. 介護保険事業計画は、第1号被保険者の保険料の設定に関与している。
  4. 地域福祉計画は、市町村社会福祉協議会に策定が義務づけられている。

【 解答:3 】

問題 10
社会保障に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. ナショナルミニマムの理念は、デンマークで生まれた。
  2. 社会保険制度は、保険料を支払った人に受給権を保障する仕組みである。
  3. 生活保護制度は、現物給付を行わない。
  4. 社会福祉制度は、生活困窮者の貨幣的ニーズの充足を目的としている。

【 解答:2 】

問題 11
社会保障制度の歩みに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 国民年金法が1950年に制定され、すべての国民を対象とする皆年金制度が成立した。
  2. 国民健康保険法が1950年代後半に改正され、すべての国民を対象とする皆保険制度の基礎が作られた。
  3. 1960年代になり、老人福祉法、母子福祉法、「精神保健福祉法」の3法が制定され、福祉6法体制が確立した。
  4. 1970年代前半には、高齢者の健康増進のために老人保健法が制定された。

【 解答:2 】

問題 12
介護保険法に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 法の施行前は、国が高齢化対策に関しての計画を策定することはなかった。
  2. 家族の自助努力による介護の推進を基本としている。
  3. 保険給付は、介護給付と予防給付の2種類である。
  4. 国民の共同連帯の理念に基づくものである。

【 解答:4 】

問題 13
介護保険法に規定される要介護認定に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 要介護認定の対象は、65歳以上の者に限られる。
  2. 介護認定審査会は、要介護認定の結果を都道府県へ報告しなければならない。
  3. 要介護認定の取り消しが必要な場合は、都道府県が行わなければならない。
  4. 市町村は、要介護認定の審査及び判定の基準を定める。

【 解答:5 】

問題 14
地域包括システムの実現に向けた地域ケア会議に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 地域課題の発見や地域づくり・資源開発の機能がある。
  2. 市町村社会福祉協議会に設置・運営が義務づけられている。
  3. 介護サービス事業者の第三者評価の役割を果たすものである。
  4. 要介護認・閧ノ関する不服申し立ての審査を行う。

【 解答:1 】

問題 15
「障害者総合支援法」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 財源が、税方式から社会保険方式に変更された。
  2. 対象となる障害者の範囲に、難病患者等が加えられた。
  3. 利用者負担が、応能負担から応益負担に変更された。
  4. 地域包括支援センターの設置が、市町村に義務づけられた。

【 解答:2 】

問題 16
「障害者虐待防止法」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 対象となる虐待の範囲は、身体的虐待、心理的虐待及び性的虐待の3種類とされている。
  2. 市町村は、虐待に対応するために地域活動支援センターを設置することが義務付けられている。
  3. 家族による虐待に対しては、市町村が通報を受理して、身体障害者更生相談所または知的障害者更生相談所が対応することとされている。
  4. 施設サービスでの従事者による虐待は対象となるが、障害者の雇用主による虐待は対象外とされている。

【 解答:5 】

問題 17
内閣府が2011年度(平成23年度)に実施した、「高齢者の経済生活に関する意識調査」における「世話の費用」に関する回答の中で、最も多かったものを1つ選びなさい。
  1. 資産の売却(担保を含む)等でまかなうことになると思う
  2. 子どもからの経済的な援助を受けることになると思う
  3. 特に用意しなくても年金等の収入でまかなうことができると思う。
  4. その場合に必要なだけの貯蓄は用意していると思う

【 解答:3 】

問題 18
社会福祉士および介護福祉士法における介護福祉士に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 介護福祉士の業務を社会福祉士が行うことは禁じられている。
  2. 介護福祉士は、その業務を辞した後は秘密保持義務が解除される。
  3. 介護福祉士の行う介護は、「入浴、排せつ、食事その他の介護」から「心身の状況に応じた介護」に改正された。
  4. 介護福祉士は、環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者に対して介護を行うことが規定されている。

【 解答:3 】

問題 19
Dさん(98歳、女性)は、介護老人福祉施設に入所している。終末期を迎え、座位が困難でベッドで臥床している。医師は、死に至るまで1週間程度と予測している。呼びかけには目を開けて反応して、表情が変わることもある。食事は、アイスクリームや水分をわずかにとる程度である。
Dさんは、以前からここで最期の時を安らかに過ごしたいと希望している。家族もそれを望んでいて、毎日、居室を訪れている。家族は延命措置を希望していない。
介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. いつもテレビをつけたままにしておく。
  2. 居室内のポータブルトイレで排泄できるように介助する。
  3. 家族に、胃ろうの造設を医療関係者に相談するように促す。
  4. 家族とゆっくりと過ごす時間をもてるように、居室環境を整える。

【 解答:4 】

問題 20
2003年(平成15年)に高齢者介護研究会が示した、「2015年の高齢者介護~高齢者の尊厳を支えるケアの確立に向けて~」に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 高齢者介護においては、高齢者の尊厳の保持よりも日常生活における身体的な自立への支援が優先される。
  2. 介護保険は、高齢者の自立支援を目指すものであるが、おの根底にあるのは「介護者の負担の軽減」である。
  3. 高齢者が施設に入所した場合、環境や集団生活に効率的に適応するように、それまでの生活習慣を見直すことが望ましい。
  4. 認知症高齢者のケアの基本として、本人の生活の仕方や潜在する力を周囲が大切にしなければならない。

【 解答:4 】

問題 21
ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)の「活動と参加」に分類される内容として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 毎日の日課として必要な行為をやり遂げること。
  2. ダイニングに来て、食事をする場所だと思い出すこと。
  3. 料理番組に好物が出ているのを見て、食欲がわくこと。
  4. 自宅に届いた花を、きれいだと感じること。

【 解答:1 】

問題 22
介護実践におけるリハビリテーションの考え方として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 自助努力に任せる。
  2. 生活の視点を重視する。
  3. 時間を限定して行う。
  4. 疾病治療を目標とする。

【 解答:2 】

問題 23
Eさん(70歳、男性)は、介護老人保健施設に入所している。認知症(dementia)はあるが、普段は他の利用者と一緒に穏やかに話をしている。しかし、介護職が食事の準備をしているのを見ると、落ち着きがなくなって食堂をうろうろしたり、大声を出したりすることがある。
Eさんの言動を理解するための介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 料理に出た食材を話題にして、季節について質問する。
  2. 若いころの仕事や生活のことなど、Eさん自身の話を詳しく聞く。
  3. 認知機能の評価尺度を用いて、認知症(dementia)の程度を確認する。
  4. 箸の使い方などの食事の動作を見守る。

【 解答:2 】

問題 24
介護を必要とする人のためのエコ・マップ(ecomap)に記載する情報として、最も重視するものを1つ選びなさい。
  1. 血圧、脈拍、呼吸及び体温の値
  2. 性別、年齢、生年月日及び既往症などの情報
  3. 親、兄弟及び祖父母など、数世代にわたる家族関係。
  4. 利用者や家族を取り巻く様々なシステムとの関係。

【 解答:4 】

問題 25
小規模多機能型居宅介護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 2012年度(24年度)から開始された介護サービスである。
  2. 管理者は、医師であることが義務付けられている。
  3. 長期間の宿泊を目的としている。
  4. 訪問入浴介護のサービス提供を目的としている。

【 解答:5 】

問題 26
在宅生活を支える各種の介護サービスに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 訪問介護において、通院介助は生活援助に位置付けられる。
  2. 短期入所生活介護の利用者は、介護老人福祉施設への入所申し込みをした者に限られる。
  3. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は、ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)の低下した認知症(dementia)の高齢者は利用できない。
  4. 夜間対応型訪問介護は、介護福祉士が看護師と同行して支援を行わなければならない。

【 解答:5 】

問題 27
地域包括支援センターに関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 高齢者にかかわるボランティアや民生委員などと連携する。
  2. 介護福祉士が配置されることになっている。
  3. 各種介護保険サービスを包括的に提供する。
  4. 要介護高齢者にかかわるケアマネジメント業務を行う。

【 解答:1 】

問題 28
利用者の安全を確保するために留意すべきこととして、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. リスクマネジメントは、事故が起きてからその体制を検討する。
  2. 利用者のけがや事故の原因の1つに、生活を制限されることから生じるストレスがある。
  3. 施設内では、介護職が取扱いに慣れた歩行器を優先して使用する。
  4. 利用者本人に対して、積極的に身体拘束への同意を求める。

【 解答:2 】

問題 29
社会福祉法人が設置・運営、指定介護老人福祉施設のリスクマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. サービス提供時に事故が発生した場合、損害賠償は市町村が行う。
  2. 事故のリスクを減らすために、利用者の飲酒・喫煙を禁止する。
  3. 事故後に家族に連絡・報告した書類を、インシデント報告という。
  4. 職員のプライバシーに配慮して、職員名は事故の記録に残さない。

【 解答:5 】

問題 30
2009年度(平成21年度)「不慮の事故死亡統計」(厚生労働省)によると、高齢者の家庭内における不慮の事故による死亡は、溺死、窒息、(A)の順で多い。
(A)の予防として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 火災報知機を設置する。
  2. 滑りにくい床材を使用する。
  3. 介護者は手洗いを十分に行う。
  4. 液状の料理は、とろみをつける。

【 解答:2 】

問題 31
ノロウイルス(Norovirus)による感染症に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 冬より夏に多い。
  2. 集団感染になることは少ない。
  3. 感染経路は、主に接触感染である。
  4. 消毒には、エタノール消毒液が有効である。

【 解答:5 】

問題 32
介護職の腰痛予防に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 日ごろから、前傾中腰姿勢での介護を心がける。
  2. 長時間、座位の姿勢をとっても腰に負担がかからない。
  3. 腰痛予防の体操として、静的ストレッチングが効果的である。
  4. シーツ交換時のベッドの高さは、介護職の腰より低くする。

【 解答:3 】

問題 33
重度の運動性失語症(motor aphasia)のある人のコミュニケーションを促進する方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. ひらがなで筆談する。
  2. 言葉で話すように促す。
  3. 絵や写真など視覚化された情報を用いる。
  4. ボタン操作で音声を入力できる機器を使うように促す。

【 解答:3 】

問題 34
ICT(Information and Communications Technology : 情報通信技術)を使った介護記録と情報管理の留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. USBフラッシュメモリは、紛失や盗難の危険性が低い。
  2. 記録者以外が、入力したデータを修正してもよい。
  3. データは気づいた時にバックアップ(backup)すればよい。
  4. ウイルス対策ソフトを用いても、情報は漏れることがある。

【 解答:4 】

問題 35
「ヒヤリ・ハット」事例を共有する目的として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 事故の予防
  2. 事故の分析
  3. 情報の公開
  4. 苦情への対応

【 解答:1 】

問題 36
同一施設内で他職種が参加して行うカンファレンス(conference)の運営について、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 取り上げる議題は、利用者の支援内容を確認することに限定する。
  2. 会議資料は、事前に配布しないのが原則である。
  3. 司会者は、介護支援専門員(ケアマネジャー)と決められている。
  4. カンファレンス(conference)の場を、職員のスーパービジョン(supervision)の機会としてよい。

【 解答:4 】

問題 37
次の事例を読んで答えなさい。
[事例]
 Fさん(80歳、女性)は、2週間前に、リハビリテーション病院から介護老人保健施設に入所した。脳梗塞(cerebral infarction)の後遺症のため、構音障害と嚥下障害がある。また、よだれが流れて衣服が濡れてしまうことが多い。食事は、とろみをつけた刻み食を1人で摂取できるが、むせることが多い。介護職がFさんに「何を食べたいですか」と尋ねると、「おいうをあえあい」(「お肉を食べたい」の意味)という不明瞭な発話が返ってきた。
Fさんが「おいうをあえあい」と話した時の介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 「正確に言いなおしてください」と促す。
  2. 「おにく」と自分が聞き取れた通りに繰り返す。
  3. 「口の体操をしましょう」と促す。
  4. 「よだれを拭いてください」とタオルを渡す。

【 解答:2 】

問題 38
次の事例を読んで答えなさい。
[事例]
 Fさん(80歳、女性)は、2週間前に、リハビリテーション病院から介護老人保健施設に入所した。脳梗塞(cerebral infarction)の後遺症のため、構音障害と嚥下障害がある。また、よだれが流れて衣服が濡れてしまうことが多い。食事は、とろみをつけた刻み食を1人で摂取できるが、むせることが多い。介護職がFさんに「何を食べたいですか」と尋ねると、「おいうをあえあい」(「お肉を食べたい」の意味)という不明瞭な発話が返ってきた。
Fさんの食事場面でのコミュニケーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 絶えず話しかける。
  2. メニューを説明する程度の声かけにとどめる。
  3. 急いで飲み込むように促す。
  4. 今までで、いちばん思い出に残る食事は何かを聞く。

【 解答:2 】

問題 39
次の事例を読んで答えなさい。
[事例]
Gさん(50歳、女性)は母親Hさん(80歳)と二人暮らしである。Hさんは5年前に認知症(dementia)と診断され、通所介護(デイサービス)を利用している。Gさんの兄は、Gさん宅から車で1時間の場所に住んでいるが、仕事が忙しいという理由で、Hさんの介護は行っていない。この1週間、Hさんは深夜に家の中を歩き回り、ドアを叩くので、Gさんは眠ることができない。次の記述は、通所介護(デイサービス)の介護職とGさんの会話である。

介護職 :「Hさんは、今日、デイサービスで眠そうで、寝て過ごすことが多かったです」
Gさん  :「それで、母を起こしてくれましたか」
介護職 :「起こしましたが、すぐ寝てしまいました」
Gさん  :「デイサービスを利用しているのだから、昼間は眠らないようにしてくれないと、私が困ります。母から夜に何度も起こされるので私は眠れません。兄は、私が介護で大変なことを少しもわかってくれない。皆さんも私の大変さをわかってくれないのですね」

話を傾聴していることがGさんに伝わりやすい会話の仕方として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. Gさんにいすを勧め、立って話を聴いた。
  2. Gさんが話している時、目を閉じて話を聴いた。
  3. Gさんの話す言葉を、正確に記録することに集中した。
  4. Gさんに対面していすに座り、顔をまっすぐ見つめながら話を聴いた。

【 解答:5 】

問題 40
次の事例を読んで答えなさい。
[事例]
Gさん(50歳、女性)は母親Hさん(80歳)と二人暮らしである。Hさんは5年前に認知症(dementia)と診断され、通所介護(デイサービス)を利用している。Gさんの兄は、Gさん宅から車で1時間の場所に住んでいるが、仕事が忙しいという理由で、Hさんの介護は行っていない。この1週間、Hさんは深夜に家の中を歩き回り、ドアを叩くので、Gさんは眠ることができない。次の記述は、通所介護(デイサービス)の介護職とGさんの会話である。

介護職 :「Hさんは、今日、デイサービスで眠そうで、寝て過ごすことが多かったです」
Gさん  :「それで、母を起こしてくれましたか」
介護職 :「起こしましたが、すぐ寝てしまいました」
Gさん  :「デイサービスを利用しているのだから、昼間は眠らないようにしてくれないと、私が困ります。母から夜に何度も起こされるので私は眠れません。兄は、私が介護で大変なことを少しもわかってくれない。皆さんも私の大変さをわかってくれないのですね」

Gさんの訴えに対する介護職のかかわり方として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. Gさんの話に反論せず、黙って聞く。
  2. Gさんの考えに同意して、兄を非難する。
  3. Gさんが頑張っていることを認め、さらに努力するように伝える。
  4. Gさんの介護の大変さからくる感情に共感し、そのことを伝える。

【 解答:4 】

問題 41
生活支援を行う時の視点として、最も適切なものを1つ選びなさい
  1. 介護職の持つ知識より、経験を重視する。
  2. 利用者のできないことに焦点を当てる。
  3. 利用者の生活歴を理解して行う。
  4. 利用者が1人で生活行為ができることを目的として行う。

【 解答:3 】

問題 42
住環境と健康に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. シックハウス症候群(sick house syndrome)は、生活が不活発なために全身の機能が低下することをいう。
  2. 熱中症(heatstroke)は屋内でも発生する。
  3. ヒートショックは、熱湯や熱風を浴びることで生じるやけどのことである。
  4. ダニの死がいはアレルギー症状の原因にはならない。

【 解答:2 】

問題 43
Jさん(70歳、男性)は、右片麻痺があり、妻と二人暮らしである。週1回の通所介護(デイサービス)と、週1回の自宅での訪問介護員(ホームヘルパー)による入浴介助を受けている。移動は四脚杖歩行で、排泄と入浴は一部介助が必要である。Jさんは居住環境を整備して、できるだけ今の生活を維持しながら妻の負担を減らしたいと望んでいる。
Jさんに対する介護職の助言として、最も適切なものを1つ選びなさい
  1. 車いすで出入りできるようにトイレを広くする。
  2. トイレでの排泄をやめて、寝室にポータブルトイレを置く。
  3. 浴槽の出入りをしやすくするために、リフトを設置する。
  4. 部屋の出入り口にある段差をスロープ(slope)にする。

【 解答:5 】

問題 44
経鼻経管栄養の利用者の口腔ケアに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい
  1. 口腔から食物を摂取していないので、口腔ケアは不要である。
  2. スポンジブラシは、したたるほど水を含ませて使用する。
  3. 経管栄養が終わってすぐの口腔ケアは避ける。
  4. 口腔ケアを始めるときに固定テープがはがれていたら、留め直す。

【 解答:3 】

問題 45
Kさん(85歳、女性)は、脳出血(cerebral hemorrhage)の後遺症で右片麻痺があり、施設に入所している。食事の時以外は、ベッドで寝ていることが多い。車いすに乗って介護職と一緒に散歩に行くことが楽しみである。
Kさんの散歩の介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 散歩の場所は介護職が決める。
  2. 散歩中に顔色や表情を確認する。
  3. 歩行しないので靴は用意しない。
  4. 急な下り坂は、前向きで下りる。

【 解答:2 】

問題 46
ボディメカニクスを活用したベッド上の移動介護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 臥位から座位への介護では、利用者の腰部を支点にする。
  2. 介護職の重心と利用者の重心との距離は、離れている方が良い。
  3. 利用者の身体とベッドの接する面積を狭くする。
  4. 水平移動では、介護職はベッドの端に両肘をつける。

【 解答:3 】

問題 47
歩行のための福祉用具に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 歩行器は、杖に比べて安定性がある。
  2. 歩行器型杖(ウォーカーケイン)は、歩行が比較的安定している場合に用いる。
  3. シルバーカーは、自立歩行ができない場合に使用する。
  4. ロフストランドクラッチ(Lofstrand crutch)は、関節リウマチ(rheumatoid arthritis)がある人に適している。

【 解答:1 】

問題 48
高齢者の身体機能の変化に対応した食事の提供方法として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 味覚の低下に対しては、調味料を多用する。
  2. 唾液分泌の低下に対しては、主食をパンにする。
  3. 腸の蠕動運動の低下に対しては、根菜類を積極的に取り入れる。
  4. 咀嚼力の低下に対しては、肉料理を控える。

【 解答:3 】

問題 49
食事介護の基本として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 立って介護する。
  2. 介護職に向けて食事を並べる。
  3. 初めにお茶や汁物で口の中を湿らせてもらう。
  4. 主菜を食べ終えてから、主食を食べてもらう。

【 解答:3 】

問題 50
慢性腎不全(chronic renal failure)の人の食事について、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 砂糖を控える。
  2. 肉や魚を控える。
  3. みそ汁を毎食とる。
  4. 乳製品を毎食とる。

【 解答:2 】

問題 51
右片麻痺があり一部介助があれば歩行できる利用者の入浴介護として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 浴室内では、介護職は利用者の左側に付き、腕と腰を支えながら一緒に移動する。
  2. 浴室の出入り口に一段の段差がある場合は、左足から下がり、右足から上がる。
  3. 浴槽に入るときは、まず右足を入れ、次に左足を入れる。
  4. 浴槽から出るときは、浴槽の縁やバスボードにいったん座る。

【 解答:4 】

問題 52
手浴・足浴に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 手浴は、温めて手指を動かすことで拘縮の予防につながる。
  2. 手浴は、寝た姿勢のままで行う方が良い。
  3. 足浴は、眠気がとれて覚醒する。
  4. 足浴は、冬場は寒いので避ける。

【 解答:1 】

問題 53
Lさん(79歳、女性)は、介護老人保健施設に入所している。右片麻痺、両変形性膝関節症(knee osteoarthritis)がある。トイレまでの移動が困難になってきたため、夜間は、ポータブルトイレを使用することになった。座位保持は可能である。居室は個室で、ベッドを使用している。
Lさんへの対応として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. ポータブルトイレは、利用者の健側(右側)に置く。
  2. ベッドの高さより、低い座面のポータブルトイレを選ぶ。
  3. ベッドにスイングアーム介助バーを設置する。
  4. 夜間はズボンを履かず、下着だけとする。

【 解答:3 】

問題 54
下痢が続いている要介護高齢者への対応に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 水分摂取を控える。
  2. 肛門周辺の皮膚を強く拭く。
  3. 温めた牛乳を提供する。
  4. 下痢以外に訴えがないので、ようすを見る。

【 解答:5 】

問題 55
クーリング・オフに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. デパートで購入した洋服は、どのような場合でもクーリング・オフできる。
  2. 訪問販売のクーリング・オフ期間は、10日間である。
  3. 訪問購入のクーリング・オフ期間は、5日間である。
  4. 通信販売の場合、クーリング・オフできない。

【 解答:4 】

問題 56
洗濯に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 血液などのタンパク質の汚れには、高温での洗濯が効果的である。
  2. 淡色のものを洗うときには、蛍光増白剤の入った洗剤を使用する。
  3. 洗剤は、多く使用すればするほど汚れがよく落ちる。
  4. 水洗いできるウール・絹には、液体酸素系漂・注ワを用いる。

【 解答:4 】

問題 57
Mさん(78歳、男性)は、一人暮らしをしている。糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy)があり、薬と食事でコントロールしている。毎夕食の配食サービスと週2回の生活援助の訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用しているが、配食サービスのメニューにたびたび不満をもらしている。ある日、訪問介護員(ホームヘルパー)が訪ねると、食事の外に菓子パンや和菓子などの空き袋が残っており、前日の薬をのみ忘れていた。
訪問介護員(ホームヘルパー)の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 「好きなものを食べたいですよね」と共感する。
  2. 「のみ忘れたお薬は、まとめてのみましょう」と服薬を促す。
  3. 「お菓子はだめですよ」と注意して、お菓子のカロリー相当分の主食を減らす。
  4. 「何がお好きですか」と尋ね、制限の範囲で好物を食事に取り入れる提案をする。

【 解答:4 】

問題 58
認知機能が低下している利用者が、深夜、不眠で施設の廊下を歩き回っている。この利用者への対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 部屋に戻り、寝るように促す。
  2. いったん座るように促して、話を聞く。
  3. 納得するまで1人で歩いてもらう。
  4. 睡眠薬の服用を促す。

【 解答:2 】

問題 59
介護老人福祉施設での終末期の事前の意思確認として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 90歳を超えれば、事前の意思確認は必要ない。
  2. 本人が意思表示できれば、家族の意向は確認しない。
  3. 入所時の意思を尊重して変更しない。
  4. 介護職が、医療処置の範囲を説明して了解を得る。

【 解答:5 】

問題 60
施設での終末期介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. マッサージや好きな音楽の鑑賞は、疼痛や不安の緩和に有効である。
  2. 死への恐怖を訴えた場合、それを否定する。
  3. 清拭を家族が行うことは避ける。
  4. 食事はカロリー摂取に重点を置く。

【 解答:1 】

問題 61
介護過程に関する記述のうち、最も適切のものを1つ選びなさい。
  1. 介護職の経験に基づく実践の方法を、文章化することである。
  2. ケアプランを立案することである。
  3. 施設などで集団のケアを実践することである。
  4. 介護の目標を実現するための、客観的で科学的な思考と実践の過程のことである。

【 解答:4 】

問題 62
利用者Nさんの主観的情報を介護職が記録したものとして、適切なものを1つ選びなさい。
  1. Nさんは、「何となく気持ちが悪い」と言った。
  2. Nさんは、息づかいが荒く苦しそうだ。
  3. Nさんは、主食を半分、副食を全量摂取した。
  4. Nさんは、休むことなく廊下を3往復した。

【 解答:1 】

問題 63
生活上の課題に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 課題が複数ある場合は、優先順位をつける。
  2. 潜在的なものは取り上げない。
  3. 問題解決思考では明暗化できない。
  4. 個人因子による課題よりも環境因子による課題を優先する。

【 解答:1 】

問題 64
介護計画の立案に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 今までの生活習慣は考慮しない。
  2. 実施方法は抽象的に表現する。
  3. 介護職の意向を優先する。」
  4. 利用者と家族の意向を反映する。

【 解答:4 】

問題 65
介護記録に関する記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 予測できることは事前に記録する。
  2. 家族の言動は記録しない。
  3. 介護職が判断した内容も記録する。
  4. 利用者の気持ちを憶測して記録する。

【 解答:3 】

問題 66
介護計画の評価に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 責任者は、介護支援専門員である。
  2. 短期目標は、評価の際の基準になる。
  3. 利用者と家族の意向は参考にしない。
  4. 決められた日以外に行うことはない。

【 解答:2 】

問題 67
次の事例を読んで答えなさい。
<事例>
Sさん(65歳、女性)は、介護老人保健施設に入所している。脳梗塞の後遺症として、右片麻痺があり、認知症がある。普段の体温は36度、血圧は140/80mmHG程度で安定している。認知症の症状に波があり、良い時と悪い時がはっきりしている。ろれつが回らず言葉がはっきりしない、ちょっとしたことで泣いたり、急に怒り出したりするときもある。
上着は自分で着ることができるが、ズボンの上げ下げに時間がかかる。トイレに行きたいとたびたび訴えるが、間に合わずに漏らしてしまうこともある。膀胱・尿道に疾患や障害はない。便秘のため座薬が処方されているが、本人は嫌がっている。また、下着が汚れることを気にして、水分をあまりとろうとしない。
介護目標として、「便秘が改善する」ことを掲げた。
Sさんに関する情報の解釈として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 着衣失行がある。
  2. 構音障害がある。
  3. 更年期障害がある。
  4. 体温調節機能障害がある。

【 解答:2 】

問題 68
次の事例を読んで答えなさい。
<事例>
Sさん(65歳、女性)は、介護老人保健施設に入所している。脳梗塞の後遺症として、右片麻痺があり、認知症がある。普段の体温は36度、血圧は140/80mmHG程度で安定している。認知症の症状に波があり、良い時と悪い時がはっきりしている。ろれつが回らず言葉がはっきりしない、ちょっとしたことで泣いたり、急に怒り出したりするときもある。
上着は自分で着ることができるが、ズボンの上げ下げに時間がかかる。トイレに行きたいとたびたび訴えるが、間に合わずに漏らしてしまうこともある。膀胱・尿道に疾患や障害はない。便秘のため座薬が処方されているが、本人は嫌がっている。また、下着が汚れることを気にして、水分をあまりとろうとしない。
介護目標として、「便秘が改善する」ことを掲げた。
介護目標に対する支援方法の記述として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 緩下剤の服用を促す。
  2. 水分を多めに摂取する。
  3. 朝食後、トイレで便座に座る。
  4. ストレッチ体操を一部介助する。

【 解答:5 】

問題 69
高齢者の年齢に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 高齢社会とは、全人口に占める70歳以上の人口の割合が14%以上の社会をいう。
  2. 後期高齢者とは、75歳以上の高齢者をいう。
  3. 普通自動車対応免許を有する65歳以上の者は、その運転する自動車に指定の標識をつける義務が生じる。
  4. 介護保険制度で第2号被保険者になる年齢は、65歳以上である。

【 解答:2 】

問題 70
Aさん(73歳、男性)は、最近、電話番号が覚えられないとこぼすようになった。自宅へ電話するときは間違えないが、普段はあまり電話しないような場所にかけるときは、メモを見て一つ一つの数字を確認しながらでないと番号を間違えることが多い。受診したが認知症(dementia)ではないと言われた。
障害されている記憶として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 短期記憶
  2. エピソード記憶
  3. 意味記憶
  4. 手続き記憶

【 解答:1 】

問題 71
2010年(平成22年)の「国民生活基礎調査」で示されている、介護が必要となった主な原因として、最も多いものを1つ選びなさい。
  1. 心疾患(heart disease)
  2. 呼吸器疾患(respiratory disease)
  3. 骨折(fracture)・転倒
  4. 脳血管疾患(cerebrovascular disease)

【 解答:4 】

問題 72
高齢者の疾患の特徴として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 症状が定型的である。
  2. うつ症状は伴わない。
  3. 複数疾患の合併は少ない。
  4. 環境因子の影響を受けにくい。

【 解答:5 】

問題 73
肝疾患(liver disease)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. A型肝炎(hepatitis A)は、輸血後に発症することが多い。
  2. B型肝炎(hepatitis B)は、慢性肝炎(chronic hepatitis)になることはない。
  3. C型肝炎(hepatitis C)は、進行すると、肝硬変(liver cirrhosis)、肝がん(liver cancer)へと病態が変化していくことが多い。
  4. E型肝炎(hepatitis E)は、日本国内のウイルス肝炎(viral hepatitis)の大部分を占める。

【 解答:3 】

問題 74
パーキンソン病(Parkinson disease)の代表的な症状として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 振戦
  2. 筋弛緩
  3. 多動
  4. 下痢

【 解答:1 】

問題 75
心房細動(atrial fibrillation)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 合併症として脳出血(cerebral hemorrhage)が多い。
  2. 75歳以上では、ワルファリン(warfarin)などの投与を避ける。
  3. 頻脈になることが多い。
  4. 80歳以上では、有病率は1%以下である。

【 解答:3 】

問題 76
Bさん(76歳、男性)は、30年以上前から糖尿病(diabetes mellitus)があり、朝食の前に血糖降下薬を内服している。薬剤や用量は5年前から変更はなく、医師からは、インスリン(insulin)の分泌を増やす薬であると説明されている。また、糖尿病(diabetes mellitus)の影響で、だんだんと腎臓の機能が悪くなっているともいわれている。Bさんは、「最近、夕方になるとひどくおなかが空き、『ふわふわする』と感じる。今日も同じような感じがあったが、クッキーを1つ食べたら良くなった」と言った。
Bさんへの介護職の対応として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. クッキーなどの甘いものは食べないように、助言する。
  2. 早めに主治医に相談するように、助言する。
  3. めまい外来を受診するように、助言する。
  4. 1週間ほど経過をみるように、助言する。

【 解答:2 】

問題 77
リアリティ・オリエンテーション(reality orientation)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 現実の感覚や認識を確認して、見当識に働きかける療法である。
  2. 認知症(dementia)の人に特化したコミュニケーションの方法である。
  3. 思い出を語り合うグループワークである。
  4. 主体的な生活を獲得するための作業療法である。

【 解答:1 】

問題 78
せん妄(delirium)の危険因子として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 睡眠過多
  2. ビタミンC欠乏
  3. 多血症(polycythemia)
  4. 高熱

【 解答:4 】

問題 79
Cさん(66歳、女性)は、レビー小体型認知症(dementia with Levy bodies)を発症して、介護老人福祉施設に入所することになった。喫煙歴や高血圧症を発症して、介護老人福祉施設に入所することになった。喫煙歴や高血圧症(hypertension)、糖尿病(diabetes mellitus)、脂質異常症(dyslipidemia)の既往はない。
入所中のCさんに認められる状態として、最も可能性の高いものを1つ選びなさい。
  1. 施設内で、迷子になったり徘徊したりする。
  2. 他の入所者のものを盗んだり、人に迷惑をかけたりする。
  3. 日常の動作が遅くなったり、転倒したりする。
  4. 四肢に麻痺が出現する。

【 解答:3 】

問題 80
若年性認知症(dementia with early onset)の記述として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 40歳以下で発症する認知症(dementia)のことである。
  2. 罹患率は、男性より女性の方が高い。
  3. 飲酒が原因のものは含まれない。
  4. アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer's type)が含まれる。

【 解答:4 】

問題 81
成人の認知機能を評価する方法の中で、口頭での回答と図形の模写などで簡便に行えるものとして、適切なものを1つ選びなさい。
  1. Functional Assessment Staging(F A S T)
  2. 改訂長谷川式簡易知能評価スケール
  3. Mini-Mental State Examination(MM S E)
  4. ビネー式知能検査

【 解答:3 】

問題 82
認知症(dementia)において、意欲低下と同時に認められる症状として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 希死念慮
  2. 罪悪感
  3. 幻覚
  4. 収集癖

【 解答:5 】

問題 83
認知症(dementia)の行動・心理症状(B P S D)の説明として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 傘立ての傘を人間と間違えるのは、幻視である。
  2. 感情を抑えられないのは、感情失禁である。
  3. 食欲が異常に亢進するのは、異食である。
  4. 夕方になると傾眠状態になるのは、夕暮れ症候群である。

【 解答:2 】

問題 84
認知症(dementia)の妻が介護者である夫に対して、「夫が帰ってきます。お帰りください」と、言うようになった場合、妻の症状として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 実行機能の障害
  2. 失行
  3. 意識混濁
  4. 見当識障害

【 解答:4 】

問題 85
認知症疾患医療センターに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 認知症患者が入院できる精神科病院のことである。
  2. 認知症専門医と作業療法士の配置が義務づけられている。
  3. 認知症(dementia)の人の要介護認定を行う。
  4. 認知症(dementia)の人の成年後見人を選ぶ。

【 解答:5 】

問題 86
Dさん(45歳、女性)は、認知症(dementia)で被害妄想のある母親を引き取って同居を始め、1か月が経過した。最近、Dさんは、「この苦労は体験した人でないとわからない。誰にも愚痴をいえないが、どうしたらいいか」と言うようになった。
Dさんの相談に対する介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. かかりつけ医に相談するように勧める。
  2. 母親を施設へ入所させてはどうかと勧める。
  3. 家族介護者の会を紹介する。
  4. 介護教室で介護技術を学ぶように勧める。

【 解答:3 】

問題 87
ICIDH(International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps : 国際障害分類)からICF(International Classification of Functioning, Disability and Health : 国際生活機能分類)への変遷に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. ICIDHは、機能・形態障害の分類が不十分という指摘があった。
  2. 医学モデルから社会モデルへの転換として、ICFを位置づけた。
  3. ICIDHは、身体障害に適合できない部分があるという批判があり、ICFが開発された。
  4. ICIDHにおける能力障害を、ICFでは参加制約に置き換えた。

【 解答:5 】

問題 88
ソーシャルインクルージョン(social inclusion)の理念として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. すべての人を社会の一員として包み込み、共に支えあう。
  2. 同年代の障害がない人の生活と同じような生活ができるように援助する。
  3. 必要な支援を受けながら、自分の生活を選択し決定する。
  4. 問題解決能力を抑圧された人々の主体性を回復する。

【 解答:1 】

問題 89
免疫力が低下したHIV(human immunodeficiency virus)感染者の生活上の留意点に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 火を通さない生ものを積極的に摂取する。
  2. 他者の皮膚に直接手で触れることは避ける。
  3. びらんを防ぐために、肛門周囲を清潔に保つ。
  4. 日和見感染を防ぐために、日光に当たらない。

【 解答:3 】

問題 90
知的障害のある人のライフステージ(life stage)に応じた支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 乳児期には、身体的な成長と精神的な成長のアンバランスに配慮する。
  2. 幼児期には、将来の就職を考えた自立プログラムを提供する。
  3. 成人期には、家族の障害受容を支援する。
  4. 壮年期には、親と死別した後の生活への適応を支援する。

【 解答:4 】

問題 91
自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disorder)のあるEちゃん(5歳)とのコミュニケーションとして、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 「水筒にもっとたくさん水を入れてね」
  2. 「Eちゃんがいい子にしていたら、遊園地に連れて行ってあげます」
  3. 「手を洗って、ご飯を食べて、歯を磨いてから遊園地に行こうね」
  4. 「片付けが終わらないと、遊園地に連れて行きませんよ」

【 解答:5 】

問題 92
Fさん(55歳、男性)は、1年前に筋委縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis : ALS)と診断された。以前よりも、両上下師の筋力低下が進み、日常生活にも介助が必要となってきた。現在は、壁を伝いながら、妻の介助でどうにか歩行は可能である。からだを起こすと血圧が低くなり呼吸が苦しくなるため、「何 もしたくない」と自宅の中だけで過ごすことが多い。
介護職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 血圧低下を治療する。
  2. 妻に病状の進行を説明する。
  3. 人工呼吸器の装着を促す。
  4. 安楽な体位を工夫する。

【 解答:4 】

問題 93
慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease)の人の日常生活上の留意点として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 入浴では、お湯の温度を高めにする。
  2. 着替えをするときには、腕を高く上げない。
  3. 立ち上がるときには、息を止める。
  4. 和式トイレを使用する。

【 解答:2 】

問題 94
リハビリテーションの専門職の業務として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 言語聴覚士は、嚥下訓練を行う。
  2. 義肢装具士は、義肢を処方する。
  3. 視能訓練士は、高次脳機能障害(higher brain dysfunction)の評価を行う。
  4. 作業療法士は、知的障害者の疾病予防や健康づくり支援を行う。

【 解答:1 】

問題 95
Gさん(24歳、男性)は、父親と同居している。半年前に統合失調症 (schizophrenia)を発症し、3か月精神科病院に入院した。現在は仕事を休み、服薬を続けながら、ホームヘルプサービスを利用し、自宅療養中である。日中はほとんど働くことができず、一日中寝ていることもある。父親はGさんに「どうして仕事ができないのか」、「薬に頼ってばかりではいけない」と言い、Gさんは父親に言われるたびに落ち込んでいる。
父親に対する介護職の支援として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 以前のように仕事ができると信じていることを、Gさんに伝えるように勧める。
  2. 薬の管理を父親が行うように勧める。
  3. 家族心理教育プログラムへの参加を勧める。
  4. Gさんを誘って気晴らしに旅行するなどの娯楽を勧める。

【 解答:3 】

問題 96
レスパイトケア(respite care)の目的として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 利用者の身体的安静を確保すること。
  2. 介護を担う家族に休養を提供すること。
  3. 介護職に休息を提供すること。
  4. 利用者のリハビリテーションの機会を確保すること。

【 解答:2 】

問題 97
生理的欲求に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 経験や学習から獲得される欲求のことである。
  2. ホメオスタシス(homeostasis)の働きによって制御される。
  3. 他者からの承認などの欲求である。
  4. マズロー(Maslow, A.H)の欲求階層説では上位に位置する。

【 解答:2 】

問題 98
ランゲルハンス島を有する臓器として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 心臓
  2. 肝臓
  3. 腎臓
  4. 脾臓

【 解答:5 】

問題 99
心拍数が減少する要因として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 精神的緊張
  2. 怒り
  3. 体温の上昇
  4. 睡眠

【 解答:4 】

問題 100
唾液に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 1日に3Lほど分泌される。
  2. 小唾液腺には、耳下腺、舌下腺及び顎下腺がある。
  3. 唾液に含まれる水分は、50%程度である。
  4. 唾液には、消化酵素が含まれる。

【 解答:4 】

問題 101
皮膚に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 表面は無菌である。
  2. ビタミンB(Vitamin B)の産生にかかわる。
  3. 表面は弱酸性である。
  4. 表皮に汗腺がある。

【 解答:3 】

問題 102
疾患に伴う歩行の特徴として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. パーキンソン病(Parkinson disease)では、小刻み歩行がみられる。
  2. 筋委縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis : ALS)では、失調性歩行がみられる。
  3. アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer's type)では、小振り歩行がみられる。
  4. 変形性膝関節症(knee osteoarthritis)では、間欠性破行がみられる。

【 解答:1 】

問題 103
問題10 栄養素に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 糖質は、細胞質の主成分となる。
  2. 脂質は、ホルモン(hormone)の原料となる。
  3. カリウム(K)は、血圧を上げる。
  4. ビタミンA(Vitamin A)は水溶性である。

【 解答:2 】

問題 104
入浴を避けるべき状態として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 胃ろうカテーテル留置
  2. 全介助
  3. 褥瘡
  4. 食事の直後

【 解答:4 】

問題 105
認知症(dementia)の人によくみられる排尿障害として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 溢流性尿失禁
  2. 腹圧性尿失禁
  3. 心因性頻尿
  4. 切迫性尿失禁

【 解答:5 】

問題 106
高齢者の睡眠の特徴として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 夜間の睡眠時間が長くなる。
  2. ノンレム睡眠の時間が増える。
  3. 中途覚醒が多くなる。
  4. 眠りが深くなる。

【 解答:3 】

問題 107
終末期において、死亡直前にみられる身体の変化として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 筋肉の硬直
  2. 皮膚の死斑
  3. 尿量の減少
  4. 関節の硬直

【 解答:3 】

問題 108
Hさん(75歳)は、妻と二人暮らしであったが、最近、妻が亡くなった。その後、Hさんは親戚や知人とも会わずに、自室にこもっていることが多くなった。また、夜間は妻が使っていたタンスの前に座ったり、台所で妻の好きだった食器を出したりして家の中をうろうろしている。妻と死別後のHさんの夜間の行動を説明する悲嘆反応として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 1 探索行動
  2. 否認
  3. 敵意
  4. 無関心

【 解答:1 】

問題 109
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Jさん(36歳、男性)は、6歳の時、大学病院で精神(発達)遅滞の判定を受け、療育手帳(重度)が交付された。
両親はJさんに必要以上の世話をし、衣服の着脱も介助していた。しかし、両親が高齢になり家庭でJさんの介護が困難になったため、一週間前にJさんは障害者支援施設に入所した。言葉によるコミュニケーションは簡単な単語の理解ができる程度であり、生活全般に指示や見守りが必要である。たばこの吸殻を食べてしまう行為がみられ、吸殻を探して施設の近所まで出歩くなどの行動もみられた。対人関係をうまく築けないようで、なれない人たちの中に入ると、上肢を噛むなどの自傷行為が現れることも分かってきた。
入所当日、Jさんが初めて衣服を着替える時に、介護職が行う支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. Jさんが自分でできるまで待つ。
  2. 衣服の前後・表裏に印をつける。
  3. Jさんの着る順番に衣服を並べておく。
  4. Jさんが着てから、間違いを訂正する。

【 解答:5 】

問題 110
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Jさん(36歳、男性)は、6歳の時、大学病院で精神(発達)遅滞の判定を受け、療育手帳(重度)が交付された。
両親はJさんに必要以上の世話をし、衣服の着脱も介助していた。しかし、両親が高齢になり家庭でJさんの介護が困難になったため、一週間前にJさんは障害者支援施設に入所した。言葉によるコミュニケーションは簡単な単語の理解ができる程度であり、生活全般に指示や見守りが必要である。たばこの吸殻を食べてしまう行為がみられ、吸殻を探して施設の近所まで出歩くなどの行動もみられた。対人関係をうまく築けないようで、なれない人たちの中に入ると、上肢を噛むなどの自傷行為が現れることも分かってきた。
日中にJさんが利用しているサービスとして、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 同行援護
  2. 生活介護
  3. 療養介護
  4. 居宅介護

【 解答:2 】

問題 111
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Jさん(36歳、男性)は、6歳の時、大学病院で精神(発達)遅滞の判定を受け、療育手帳(重度)が交付された。
両親はJさんに必要以上の世話をし、衣服の着脱も介助していた。しかし、両親が高齢になり家庭でJさんの介護が困難になったため、一週間前にJさんは障害者支援施設に入所した。言葉によるコミュニケーションは簡単な単語の理解ができる程度であり、生活全般に指示や見守りが必要である。たばこの吸殻を食べてしまう行為がみられ、吸殻を探して施設の近所まで出歩くなどの行動もみられた。対人関係をうまく築けないようで、なれない人たちの中に入ると、上肢を噛むなどの自傷行為が現れることも分かってきた。
Jさんは、日中は空き缶つぶしなどの軽作業をしている。介護職が時間ごとに次の行動を支援すると、大きな混乱もなくできるようになり、施設での生活リズムが少しずつ身についてきた。そこで、介護職はJさんが他者と円滑な関係を作れるような支援を提案した。
この提案した内容として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 出歩かないように、活動範囲は居室に限定する。
  2. 少人数のレクリエーションを行う。
  3. 多くの入所者と共同作業を行う。
  4. 自傷行為がみられた場合、向精神薬の服用を検討する。

【 解答:2 】

問題 112
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Kさん(65歳)は、夫(70歳)と二人暮らしをしていた。Kさんは骨粗鬆症(osteoporosis)と診断を受けていたが、最近、約束していたことを忘れるなどの記憶力の低下や人格の変化がみられるようになり、前頭側頭型認知症(Front Temporal Dementia)と診断され、要介護認定で要介護3となった。
 夫は体調を崩して、近所の病院に入院することになった。夫が介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談して、Kさんは、夫の入院する病院に併設されている施設に入所した。この施設は、看護、医学的管理の下に介護や機能訓練などを実施している。
Kさんは施設入所後、介護職の問いかけに返事をしなかったり、急に服を脱ぎ出すなどの行動を繰り返した。日常生活では、すべての動作に見守りと声かけが必要な状態であった。
Kさんが入所した施設として、次の中から正しいものを1つ選びなさい。
  1. 小規模多機能型居宅介護
  2. 介護老人福祉施設
  3. 認知症対応型共同生活介護
  4. 介護老人保健施設

【 解答:4 】

問題 113
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Kさん(65歳)は、夫(70歳)と二人暮らしをしていた。Kさんは骨粗鬆症(osteoporosis)と診断を受けていたが、最近、約束していたことを忘れるなどの記憶力の低下や人格の変化がみられるようになり、前頭側頭型認知症(Front Temporal Dementia)と診断され、要介護認定で要介護3となった。
 夫は体調を崩して、近所の病院に入院することになった。夫が介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談して、Kさんは、夫の入院する病院に併設されている施設に入所した。この施設は、看護、医学的管理の下に介護や機能訓練などを実施している。
Kさんは施設入所後、介護職の問いかけに返事をしなかったり、急に服を脱ぎ出すなどの行動を繰り返した。日常生活では、すべての動作に見守りと声かけが必要な状態であった。
Kさんが自室で急に服を脱ぎだしたときの介護職の対応として、次の記述の中から最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 服を脱いでいる行動を止める。
  2. 服を脱がないように説得する。
  3. 服を脱ぐのは、恥ずかしいことだと伝える。
  4. 落ち着くまで見守る。

【 解答:4 】

問題 114
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Kさん(65歳)は、夫(70歳)と二人暮らしをしていた。Kさんは骨粗鬆症(osteoporosis)と診断を受けていたが、最近、約束していたことを忘れるなどの記憶力の低下や人格の変化がみられるようになり、前頭側頭型認知症(Front Temporal Dementia)と診断され、要介護認定で要介護3となった。
 夫は体調を崩して、近所の病院に入院することになった。夫が介護支援専門員(ケアマネージャー)に相談して、Kさんは、夫の入院する病院に併設されている施設に入所した。この施設は、看護、医学的管理の下に介護や機能訓練などを実施している。
Kさんは施設入所後、介護職の問いかけに返事をしなかったり、急に服を脱ぎ出すなどの行動を繰り返した。日常生活では、すべての動作に見守りと声かけが必要な状態であった。
夫は体調が回復して退院した。その2日後、夫はしせつをたずねた。夫とKさんが廊下を歩いていると、Kさんは急にバランスを崩し、尻もちをついて転倒した。その時、手はつかなかった。
Kさんの状況から、最も骨折(fracture)しやすい部位として、適切なものを1つ選びなさい。
  1. 橈骨
  2. 鎖骨
  3. 上腕骨
  4. 脊椎

【 解答:4 】

問題 115
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Lさん(80歳)は、妻(75歳)と二人暮らしである。半年前に脳梗塞(cerebral infarction)を起こし、左片麻痺が残った。時間をかければ、着脱や洗面など、身の回りのことができる。現在、要介護1で、週1回訪問介護(ホームヘルプサービス)を受けている。妻は、70歳ころから軽い心不全(heart failure)がくり返し起きるため、屋内での生活が中心となっている。
Lさんは、自分でできることは自分でやりたいと思っているが、妻は夫の世話は自分の役割と思って、Lさんが自分でできることでも世話をしてしまう。
Lさんはお風呂が好きで、脳梗塞(cerebral infarction)を起こす前は、毎日、湯船につかっていた。しかし、自宅の浴槽の縁が浴室の床から遠く、妻の介助では、湯船につかることができないために、退院後はシャワーを使用していた。Lさんは「在宅生活を続けながら、週1回でも湯船につかりたい」と訪問介護員(ホームヘルパー)に話している。
Lさんが起き上がって自分で上着を着ようとしていると、妻が介助して着せた。
それを見た訪問介護員(ホームヘルパー)の妻への対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 「Lさんはできますよ、次から本人に任せてみましょう」
  2. 「次からは、私がやりましょう」
  3. 「Lさんに楽をさせないようにしましょう」
  4. 「これからも服を着せてあげましょう」

【 解答:1 】

問題 116
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Lさん(80歳)は、妻(75歳)と二人暮らしである。半年前に脳梗塞(cerebral infarction)を起こし、左片麻痺が残った。時間をかければ、着脱や洗面など、身の回りのことができる。現在、要介護1で、週1回訪問介護(ホームヘルプサービス)を受けている。妻は、70歳ころから軽い心不全(heart failure)がくり返し起きるため、屋内での生活が中心となっている。
Lさんは、自分でできることは自分でやりたいと思っているが、妻は夫の世話は自分の役割と思って、Lさんが自分でできることでも世話をしてしまう。
Lさんはお風呂が好きで、脳梗塞(cerebral infarction)を起こす前は、毎日、湯船につかっていた。しかし、自宅の浴槽の縁が浴室の床から遠く、妻の介助では、湯船につかることができないために、退院後はシャワーを使用していた。Lさんは「在宅生活を続けながら、週1回でも湯船につかりたい」と訪問介護員(ホームヘルパー)に話している。
妻は、訪問介護員(ホームヘルパー)に「おとといの朝、夫が咳をしていたので病院に行き診察を受けましたが、医師から、熱もないし検査結果も心配はないと言われました。念のためベッドに寝かせていますが、自分で寝返りはしています」と話した。
臥床を続けた場合に、最初に現れると予測される身体の状態として、最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 嚥下障害
  2. 寝たきり状態
  3. 筋力低下
  4. 心不全(heart failure)

【 解答:3 】

問題 117
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
Lさん(80歳)は、妻(75歳)と二人暮らしである。半年前に脳梗塞(cerebral infarction)を起こし、左片麻痺が残った。時間をかければ、着脱や洗面など、身の回りのことができる。現在、要介護1で、週1回訪問介護(ホームヘルプサービス)を受けている。妻は、70歳ころから軽い心不全(heart failure)がくり返し起きるため、屋内での生活が中心となっている。
Lさんは、自分でできることは自分でやりたいと思っているが、妻は夫の世話は自分の役割と思って、Lさんが自分でできることでも世話をしてしまう。
Lさんはお風呂が好きで、脳梗塞(cerebral infarction)を起こす前は、毎日、湯船につかっていた。しかし、自宅の浴槽の縁が浴室の床から遠く、妻の介助では、湯船につかることができないために、退院後はシャワーを使用していた。Lさんは「在宅生活を続けながら、週1回でも湯船につかりたい」と訪問介護員(ホームヘルパー)に話している。
Lさんの「在宅生活を続けながら、週1回でも湯船につかりたい」という希望をかなえるための介護保険のサービスとして、次の中から最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. 訪問リハビリテーション
  2. 居宅療養管理指導
  3. 訪問看護
  4. 特定施設入居者生活介護

【 解答:5 】

問題 118
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
M君(8歳.男性)はデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchene muscular dystrophy)と診断され、地元の小学校に通学している。保育所時代の友達も多く、学校生活でも様々な手助けをしてくれている
母親は働いていて、小学校の授業が終わる時間にM君を迎えにいくことができない。そこで、放課後等デイサービスを利用しているが、母親は友人から、「学童保育には年齢制限があったけど、M君の利用している放課後等デイサービスは大丈夫なの」と言われた。母親はサービスを利用する際に説明を受けた気もするが、記憶が確かではなく心配になってきた。
最近、M君は歩行が不安定になってきており、母親は、M君が車いすを使用する時期になってきたのではないかと感じている。身体的な機能を考えると、できるだけ歩かせたいと思う一方、歩行を重視すれば、行動範囲が狭くなり、M君の世界を広げることができなくなるかもしれないと考えている。筋力低下がADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)に深刻な影響を及ぼし始めている現状を、M君のガイドヘルパーをしているY介護職に、母親はときどき相談している。
母親はY介護職に「息子の利用している放課後等デイサービスは、通常はいつまで利用できるのか」尋ねた。
Y介護職の回答として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 小学校3年生まで
  2. 小学校卒業まで
  3. 中学校卒業まで
  4. 高等学校卒業まで

【 解答:4 】

問題 119
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
M君(8歳.男性)はデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchene muscular dystrophy)と診断され、地元の小学校に通学している。保育所時代の友達も多く、学校生活でも様々な手助けをしてくれている
母親は働いていて、小学校の授業が終わる時間にM君を迎えにいくことができない。そこで、放課後等デイサービスを利用しているが、母親は友人から、「学童保育には年齢制限があったけど、M君の利用している放課後等デイサービスは大丈夫なの」と言われた。母親はサービスを利用する際に説明を受けた気もするが、記憶が確かではなく心配になってきた。
最近、M君は歩行が不安定になってきており、母親は、M君が車いすを使用する時期になってきたのではないかと感じている。身体的な機能を考えると、できるだけ歩かせたいと思う一方、歩行を重視すれば、行動範囲が狭くなり、M君の世界を広げることができなくなるかもしれないと考えている。筋力低下がADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)に深刻な影響を及ぼし始めている現状を、M君のガイドヘルパーをしているY介護職に、母親はときどき相談している。
M君のようなデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchene muscular dystrophy)の人が、車いすを使用するようになっても最後まで自立できるADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)として、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 食事動作
  2. 入浴動作
  3. 排泄動作
  4. 更衣動作

【 解答:1 】

問題 120
次の事例を読んで答えなさい。
〔事例〕
M君(8歳.男性)はデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchene muscular dystrophy)と診断され、地元の小学校に通学している。保育所時代の友達も多く、学校生活でも様々な手助けをしてくれている
母親は働いていて、小学校の授業が終わる時間にM君を迎えにいくことができない。そこで、放課後等デイサービスを利用しているが、母親は友人から、「学童保育には年齢制限があったけど、M君の利用している放課後等デイサービスは大丈夫なの」と言われた。母親はサービスを利用する際に説明を受けた気もするが、記憶が確かではなく心配になってきた。
最近、M君は歩行が不安定になってきており、母親は、M君が車いすを使用する時期になってきたのではないかと感じている。身体的な機能を考えると、できるだけ歩かせたいと思う一方、歩行を重視すれば、行動範囲が狭くなり、M君の世界を広げることができなくなるかもしれないと考えている。筋力低下がADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)に深刻な影響を及ぼし始めている現状を、M君のガイドヘルパーをしているY介護職に、母親はときどき相談している。
M君はやがて歩けなくなることが予想される。Y介護職は母親から「筋力をできるだけ保ちながら、今の活動範囲を維持するためには、今後どうしたらよいのでしょうか」と助言を求められた。
Y介護職の提案として、もっとも適切なものを1つ選びなさい。
  1. 自走式普通型車いすと電動普通型車いす2台の使い分け
  2. 自走式普通車いすの利用
  3. 手押し型車いすの利用
  4. 電動普通車いすの利用

【 解答:2 】

スポンサーリンク

B!