エラーを防ぐため、ブラウザの戻る機能ではなく、『問題へ戻る』ボタンで戻ってください。
Lさん(30歳,女性)は,パートタイムで仕事をしながら,自宅で母の介護をしてきた。ある日,母の訪問介護(ホームヘルプサービス)で訪れたM訪問介護員(ホームヘルパー)に対して,Lさんは,「寝ている間に頭の中に機械が埋め込まれて,行動を監視されている」と興奮気味に訴えた。
このときのM訪問介護員(ホームヘルパー)の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。
  1. それは現実のことではないと説明する。
  2. 気にしなくてもよいと話をそらす。
  3. Lさんの訴えを肯定も否定もせずに聞く。
  4. 監視されているのは間違いないと肯定する。
  5. Lさんの感情に合わせて興奮気味に接する。

【 正答:3 】

解説

Lさんは、統合失調症の症状である妄想と考えられる。
妄想とみられる症状に対して、否定しても本人は認めないことが多く、訂正することは困難である。また、否定することでかえって刺激し、不安をあおりかねない。反対に肯定した場合、その妄想をさらに強くしてしまう恐れがある。