▼ 開く▲ 閉じる

0問中 0問正解 正答率:0%

▼ 解答結果 開く▲ 解答結果 閉じる

--------------------
--------------------
------------

第1問

Bさん(87歳、女性)は夫(90歳)と二人暮らしである。Bさんには持病があり、夫は脳梗塞(cerebral infarction )の後遺症による軽い右片麻痺で、訪問介護(ホー ムヘルプサービス)を利用している。Bさんと夫は苦労して手に入れた自宅に愛着を感じており、以前から、「死ぬならこの家で」 と話していた。ある日Bさんは、「この家で死にたいと思っていたけど、いつまで二人で暮らせるか・・・」 と打ち明けた。
話を聞いた訪問介護員(ホームヘルパー)がBさんにかける言葉として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 「ご夫婦二人で入居できる施設を探しましょう」
  2. 「便利な道具がいろいろありますから使ってみましょう」
  3. 「どなたかご家族と同居できるといいですね」
  4. 「いざとなれば病院に入院しましょう」
  5. 「何か心配なことがおありなんですね」
解答を選択してください
スポンサーリンク
>
科目別問題を解いている場合は表示されません。