▼ 開く▲ 閉じる

第1問

Aさん(78歳、女性、要介護3)は、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。72歳から人工透析を受けている。透析を始めた頃から死を意識するようになり、延命治療を選択する意思決定の計画書を作成していた。しかし、最近では、最期の時を自宅で静かに過ごしたいと思い、以前の計画のままでよいか気持ちに迷いが出てきたので、訪問介護(ホームヘルプサービス)のサービス提供責任者に相談した。
サービス提供責任者の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 「この計画書は、医療職が作成するものですよ」
  2. 「一度作成した計画書は、個人の意向で変更するのは難しいですよ」
  3. 「意思確認のための話合いは、何度でもできますよ」
  4. 「そんなに心配なら、特別養護老人ホームに入所できますよ」
  5. 「この計画書は、在宅ではなく病院での治療を想定したものですよ」
解答を選択してください
スポンサーリンク
>
人間の尊厳と自立
----
0問解答 0 点 正答率:0%
人間関係とコミュニケーション
----
0問解答 0 点 正答率:0%
社会の理解
--------------------
----
0問解答 0 点 正答率:0%
介護の基本
--------------------
0問解答 0 点 正答率:0%
コミュニケーション技術
----------------
0問解答 0 点 正答率:0%
生活支援技術
--------------------
--------------------
------------
0問解答 0 点 正答率:0%
介護過程
----------------
0問解答 0 点 正答率:0%
発達と老化の理解
----------------
0問解答 0 点 正答率:0%
認知症の理解
--------------------
0問解答 0 点 正答率:0%
障害の理解
--------------------
0問解答 0 点 正答率:0%
こころとからだのしくみ
--------------------
----
0問解答 0 点 正答率:0%
医療的ケア
----------
0問解答 0 点 正答率:0%
総合問題
--------------------
----
0問解答 0 点 正答率:0%