▼ 開閉

第1問

我が国の戦後の社会福祉制度の成立に関する次の記述ののうち、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。
  1. 昭和22年に制定された児童福祉法は、保護の国家責任と自立助長を初めて明文化した。
  2. 昭和24年に制定された身体障害者福祉法により、家庭奉仕員制度が創設された。
  3. 昭和25年に制定された(新)生活保護法により、困窮に陥った原因を問わず保護を受ける権利を有することとなった。
  4. 昭和26年に制定された社会福祉事業法は、連合国軍総司令部(GHQ)により示されたいわゆる「6項目」の要求を背景としている。
1AB
2AC
3BC
4BD
5CD

解答を選択してください
スポンサーリンク
人間の尊厳と自立
----
0問解答 0 点 正答率:0%
人間関係とコミュニケーション
----
0問解答 0 点 正答率:0%
社会の理解
--------------------
----
0問解答 0 点 正答率:0%
介護の基本
--------------------
------------
0問解答 0 点 正答率:0%
コミュニケーション技術
----------------
0問解答 0 点 正答率:0%
生活支援技術
--------------------
--------------------
0問解答 0 点 正答率:0%
介護過程
----------------
0問解答 0 点 正答率:0%
発達と老化の理解
----------------
0問解答 0 点 正答率:0%
認知症の理解
--------------------
0問解答 0 点 正答率:0%
障害の理解
--------------------
0問解答 0 点 正答率:0%
こころとからだのしくみ
--------------------
----
0問解答 0 点 正答率:0%
総合問題
--------------------
----
0問解答 0 点 正答率:0%