▼ 開閉

0問中 0問正解 正答率:0%
科目別
採点

▼ 解答結果 開閉

----------------

第1問

訪問介護に関する次の事例を読んで、問題32から問題34までについて答えなさい。
事例
Eさん(女性、85歳)は、20年前に夫と死別した。現在、近くに住んでいる孫が時々訪れている。両下肢筋力低下、骨粗しょう症のため以前腰椎の圧迫骨折をしたことがあるが、伝い歩きは可能で自室近くにあるトイレには自分で行っている。視力・聴力にも問題はないが、意思疎通がはかれないことがしばしばある。要介護3と認定されており、毎日訪問介護を利用しながらアパートで一人暮らしを続けている。ある冬の寒い日、いつものようにP訪問介護員(以下「P介護員」という)が訪問すると、トイレからEさんのベッドまで床や手すりが便で汚れていた。Eさんは、ベッドの中で毛布にくるまって横になっていたが、P介護員が声をかけると、「今日は寒いのに、のりちゃん(緊急連絡先の孫の名前)よう来たねぇ」と返事が返ってきた。
P介護員からの報告を受けた訪問介護事業所のサービス提供責任者(介護福祉士)の対応に関する次の記述のうち、適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。
  1. Eさんの自宅を訪問し、Eさんの身体的な状況や心理・社会的状況の変化について把握する。
  2. 孫に連絡を入れ、再々このようなことが起こると訪問介護員が困るので、施設入所を勧める。
  3. Eさんの居宅サービス計画(ケアプラン)を作成した介護支援専門員に、現在のEさんの状況について相談する。
  4. 次回の訪問から、Eさんにおむつを当てて、しばらく様子を見るようにとP介護員に伝える。
1
2
3
4
5

解答を選択してください
スポンサーリンク
科目別問題を解いている場合は表示されません。