▼ 開く▲ 閉じる

0問中 0問正解 正答率:0%

▼ 解答結果 開く▲ 解答結果 閉じる

--------------------
----

第1問

[ 事例 ]
Fさん(75歳、男性、要支援2)は、70歳の時に脳梗塞で入院した。右片麻痺が残ったが、つえと補装具を利用して室内歩行が介助にて可能になり、3か月後に退院して自宅に戻った。
その後週1回の訪問介護を利用しながら、妻(70歳)と2人で生活をしている。Fさんは水分を摂取するとむせることが多い。また頻尿もある。自分で座位を保持でき、出された食事は自分でとることができるが、それ以外は介助が必要である。妻は腰痛の持病があるが、献身的にFさんの介護に努めている。最近、訪問介護員が訪問すると、Fさんのトイレまでの介助を妻はかろうじて行っており、Fさんはベッドに臥床している状態が多くみられるようになってきた。
最近になってFさんの妻が、「夜、何度もトイレに呼ばれて大変。持病の腰痛も悪化するし、疲れもたまって介護がつらい」と訪問介護員に訴えるようになった。
訪問介護員の妻への対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

  1. 「訪問介護の訪問日数を増やしましょうか」
  2. 「夜は、おむつをするようにしましょう」
  3. 「夜、大変なので昼の介護はしなくていいです」
  4. 「そのうち腰痛もよくなりますから頑張りましょう」
  5. 「他のサービスの利用などケアマネジャーと相談してみてはいかがですか」
解答を選択してください
スポンサーリンク
>
科目別問題を解いている場合は表示されません。