▼ 開く▲ 閉じる

0問中 0問正解 正答率:0%

▼ 解答結果 開く▲ 解答結果 閉じる

----------------

第1問

[ 事例 ]
介護老人福祉施設U苑のK介護福祉士は、手芸クラブに参加するいつものメンバー(女性6名)に声をかけ、去年知事賞を受賞した作品展への出展に向け活動を始めた。欠席するメンバーもなく取り組みは積極的であった。ところが活動半ばころから個々のメンバーに対する不平不満の声が聞こえてきた。丁寧な作業ぶりだがペースの遅いLさんへの批判にK介護福祉士は戸惑い、対応できずにいた。不満は解消されなかったが何とか一緒に作業を続けてきた。
出展時期が迫ってきたところ、メンバーの不満の矛先が最も熱心に参加し強引なリーダーシップを取るMさんに向けられてきた。Mさんの威圧的口調は気になったが作品の完成にかかせない存在なので、この場面でもメンバーの不満に対処できずにいた。出展作品の完成後、クラブ活動は休止したままになっている。
手芸クラブ活動中におけるK介護福祉士の介入のあり方に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

  1. 各メンバーの感情を共感的に受け止める。
  2. Lさんを呼んで、他のメンバーの不満を伝え、態度を改めるよう求める。
  3. 出展時期が迫っている段階なので、Mさんの行動は見守る。
  4. Mさん以外にリーダー役が作れない場合、手芸クラブを中止する。
  5. 活動が継続中なので、介入は行なわない。
解答を選択してください
スポンサーリンク
>
科目別問題を解いている場合は表示されません。