▼ 開く▲ 閉じる

0問中 0問正解 正答率:0%

▼ 解答結果 開く▲ 解答結果 閉じる

--------------------
----

第1問

[ 事例 ]
Gさん(95歳、要介護5)は妻(88歳)と二人暮らしで、5年前より寝たきりである。ベッドとエアマットの貸与を受け、日常生活は全介助である。Gさんは意思表示はでき、Gさんと妻の希望で自宅で終末期を過ごし、延命処置はしないという方針である。1週間ほど前から徐々に意識レベルが低下し、主治医からは「いつ亡くなってもおかしくない状況です」と言われ、訪問介護と訪問看護を毎日受けることになった。
Gさんは、意識レベルが低下してから、やせが目立ち、呼吸数が減り無呼吸も見られるようになってきた。訪問介護員は訪問介護師と連携体制をとっている。この時期の訪問介護員が行う介護として、適切なものを一つ選びなさい。

  1. 肩の皮膚に発赤が見られたので、一時間毎に体の向きを変えた。
  2. 呼吸が下顎(かがく)呼吸になったが、様子をみた。
  3. 足にむくみが見られたので、踵(かかと)の下に小さな円座をあてた。
  4. 口唇が乾燥していたため、ガーゼで湿らせた。
  5. 死期が迫っているので、妻にGさんから離れているよう伝えた。
解答を選択してください
スポンサーリンク
>
科目別問題を解いている場合は表示されません。