▼ 開く▲ 閉じる

0問中 0問正解 正答率:0%

▼ 解答結果 開く▲ 解答結果 閉じる

----------------

第1問

[ 事例 ]
軽度の知的障害があるEさん(50歳、男性)は、高齢の母親(84歳)と生活していた。
母親は肝がん(livercancer)のため入院治療となったことで、相談支援事業所へ相談、障害者自立支援法での居宅介護(週4回)を受けることになり、
M居宅介護従業者(以下、M従業者という。)が担当する事になった。また、それ以外のEさんの日常生活は近くに住む叔母(76歳)が支えていた。
支援当初、M従業員はEさんとのコミュニケーションもうまく取れず悩むことも多かったが、その後徐々に意思疎通もでき、Eさんの日常生活能力なども理解できるまでになった。
ところが先月母親が死亡、Eさんは精神的に落ち込み、生活リズムも乱れ、食欲も低下し、家に閉じこもることが多くなった。
このようなEさんへのM従業者の対応として、最も適切なものを一つ選びなさい。

  1. 心配しなくても大丈夫と元気づける。
  2. まずは食事をするように促す。
  3. 相談支援事業所へ施設利用を促す依頼の電話をする。
  4. 本人の表情や言動などは気にせず、家庭援助に専念する。
  5. Eさんの心身と生活の状態について、本人や叔母から確認する。
解答を選択してください
スポンサーリンク
>
科目別問題を解いている場合は表示されません。