▼ 開く▲ 閉じる

0 問中 点数:0 点

▼ 解答結果 開く▲ 解答結果 閉じる

--------------------
--------------------
第1問
医薬品・医療機器等安全性情報に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 厚生労働省では、医薬品(一般用医薬品を含む)、医療機器等による重要な副作用、不具合等に関する情報をとりまとめ、広く医薬関係者向けに情報提供を行っている。
  2. 厚生労働省及び独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページへ掲載されるが、行政機関ではない医学・薬学関係の専門誌には転載されない。
  3. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構が配信する医薬品医療機器情報配信サービス(PMDAメディナビ)は、医療関係者のみが利用できる。
  4. 医薬品の安全性に関する解説記事や、使用上の注意の改訂内容、主な対象品目、参考文献(重要な副作用等に関する改訂については、その根拠となった症例の概要も紹介)等が掲載されている。


解答を選択してください
スポンサーリンク

問題

答え

【  】

解説

問題

医薬品の本質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 検査薬は、人体に対して直接使用されないため、人の健康に影響を与えることはない。
  2. 一般に、医療用医薬品の方が一般用医薬品よりも副作用発現などのリスクが高い。
  3. 医薬品の販売を行う者は、製造販売業者等からの情報に日頃から留意しておくことが重要である。
  4. 一般用医薬品は、必要な情報が添付文書や製品表示に記載されている。

答え

【 3 】

解説

  1. 検査薬は検査結果について正しい解釈や判断がなされなければ医療機関を受診して適切な治療を受ける機会を失うおそれがあるなど、人の健康に影響を与えるものである。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

以下の投与量と効果又は毒性に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

治療量上限を超えると、効果よりも有害反応が強く発現する( a )となり、( b )に至る。動物実験により求められる( c )は薬物の毒性の指標として用いられる。

答え

【 2 】

解説

治療量上限を超えると、効果よりも有害反応が強く発現する( 中毒量 )となり、 ( 致死量 )に至る。動物実験により求められる( LD50 )は薬物の毒性の指標と して用いられる。

問題

第1欄の記述は、「医薬品等の基準」に関するものである。(  )の中に入れるべき字句は第2欄のどれか。

【 第1欄 】
医薬品製造販売後の調査及び試験の実施の基準は、(  )という。

第2欄

  1. GVP
  2. GPSP
  3. GCP
  4. GLP
  5. GMP
答え

【 2 】

解説

医薬品製造販売後の調査及び試験の実施の基準は、( GPSP )という。
製造販売後安全管理基準をGVP、ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準をGCP、個々の医薬品の用量-反応関係に基づいて、医薬品の安全性に関する非臨床試験の基準をGLPという。

問題

健康食品等に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 特定保健用食品の例として、キシリトールを含む食品がある。
  2. 機能性表示食品は、「疾病に罹患した者の健康の維持及び増進に役立つ」旨を表示してよい。
  3. 健康食品は、法的にも、また安全性や効果を担保する科学的データの面でも医薬品と同等である。
  4. 食品は、例外を除き、身体構造や機能に影響する効果を表示することができない。

答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 「機能性表示食品」は、疾病に罹患していない者の健康の維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病リスクの低減に係るものを除く。)を表示するものである。
  3. 健康食品は法的にも、また安全性や効果を担保する科学的データの面でも医薬品とは異なるものである。
  4. 選択肢の通り

問題

酒類(アルコール)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 酒類(アルコール)は、医薬品の吸収に影響を与えることがある。
  2. アルコールは、主として腎臓で代謝されるため、酒類(アルコール)をよく摂取する人は、その代謝機能が高まっていることが多い。
  3. 酒類(アルコール)をよく摂取する者では、アセトアミノフェンの薬効が十分に得られないことがある。
  4. 酒類(アルコール)をよく摂取する者では、代謝産物に薬効がある医薬品を服用した際に、作用が強く出過ぎる場合がある。

答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. アルコールは、主として『肝臓』で代謝されるため、酒類(アルコール)をよく摂取する人は、その代謝機能が高まっていることが多い。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

医薬品の副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 一般用医薬品を使用中に重大な副作用の兆候が現れた場合は、基本的に使用を中止するべきである。
  2. 一般用医薬品を販売する際、不安をあおらないために副作用に関する情報は知らせるべきではない。
  3. 市販された一般用医薬品の効果や副作用などは、すべて解明済みである。
  4. 医薬品は使用方法に従って十分に注意して使用していれば副作用が生じることはない。

答え

【 5 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 一般用医薬品は、一般の生活者が自ら選択し、使用するものであるが、一般の生活者においては、添付文書や製品表示に記載された内容を見ただけでは、効能効果や副作用等について誤解や認識不足を生じることもある。購入者が、一般用医薬品を適切に選択し、適正に使用するためには、その販売に専門家が関与し、専門用語を分かりやすい表現で伝えるなどの適切な情報提供を行い、また、購入者が知りたい情報を十分に得ることができるように、相談に対応することが不可欠である。
  3. 医薬品が人体に及ぼす作用は複雑かつ多岐に渡るが、一般用医薬品については、そのすべてが解明されていない。
  4. 使用方法に従って十分に注意して使用していても副作用が生じることがある。

問題

医薬品の不適正な使用と有害事象に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬品は、適正な使用がなされなければ、有害事象を招く危険性が高くなる。
  2. 人体に直接使用されない医薬品についても、使用する人の誤解や認識不足によって、有害事象につながることがある。
  3. 症状の原因となっている疾病の根本的な治療や生活習慣の改善等がなされないまま、一般用医薬品を使用して症状を一時的に緩和するだけの対処を漫然と続けていても、有害事象を招く危険性が増すことはない。
  4. 医薬品の説明は、購入者の理解力に即してなされるべきである。

答え

【 5 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 症状の原因となっている疾病の根本的な治療や生活習慣の改善等がなされないまま、一般用医薬品を使用して症状を一時的に緩和するだけの対処を漫然と続けているような場合には、いたずらに有害事象を招く危険性が増すばかりでなく、適切な治療の機会を失うことにもつながりやすい。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、医薬品の不適正な使用と有害事象に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 薬物依存から離脱することは容易である。
  2. 医薬品をみだりに酒類と一緒に摂取するといった乱用がなされると、急性中毒等を生じる危険性が高くなる。
  3. 医薬品は、使用する量が定められていない。
  4. 青少年は、好奇心から身近に入手できる薬物を興味本位で乱用することがあるので、注意が必要である。

  1. a、c
  2. a、d
  3. b、c
  4. b、d
答え

【 4 】

解説

  1. 薬物依存から離脱することは容易ではない。
  2. 選択肢の通り
  3. 医薬品は、使用する量が定められている。
  4. 選択肢の通り

問題

小児と医薬品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 大人に比べて身体の大きさに対して腸が長く、服用した医薬品の吸収率が相対的に高い。
  2. 一般的に血液脳関門が未発達であるため、医薬品の成分が脳に達しにくい。
  3. 一般的に肝臓の機能が未発達であるため、医薬品の成分の代謝に時間がかかる。
  4. 一般的に腎臓の機能が未発達であるため、医薬品の成分の排泄が大人よりも速い。

答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 血液脳関門が未発達であるため、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しやすく、中枢神経系に影響を与える医薬品で副作用を起こしやすい。
  3. 選択肢の通り
  4. 肝臓や腎臓の機能が未発達であるため、医薬品の成分の代謝・排泄に時間がかかり、作用が強く出過ぎたり、副作用がより強く出ることがある。

問題

乳幼児と医薬品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬品が喉につかえると、咳き込んで吐き出し苦しむことになり、その体験から乳幼児に医薬品の服用に対する拒否意識を生じさせることがある。
  2. 一般に乳幼児は、容態が変化した場合に、自分の体調を適切に伝えることが難しい。
  3. 医薬品の使用上の注意において、乳児という場合には、おおよその目安として2歳未満のことをいう。
  4. 乳幼児が誤って薬を大量に飲み込んだ場合には、一般用医薬品であっても応急処置等について関係機関の専門家に相談する必要がある。

答え

【 5 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 医薬品の使用上の注意において、おおよその目安として、乳児は1歳未満、幼児は7歳未満、小児は15歳未満との年齢区分が用いられている。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、高齢者と医薬品に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 医薬品の使用上の注意においては、おおよその目安として75歳以上を「高齢者」としている。
  2. 一般用医薬品の販売等に際しては、実際にその医薬品を使用する高齢者の個々の状況に即して、適切に情報提供がなされることが重要である。
  3. 高齢者の基礎体力や生理機能の衰えの度合いは個人差が極めて小さい。
  4. 高齢者の年齢のみから、一概にどの程度、副作用のリスクが増大しているかを判断することは難しい。

  1. a、c
  2. a、d
  3. b、c
  4. b、d
答え

【 4 】

解説

  1. 医薬品の使用上の注意においては、おおよその目安として65歳以上を「高齢者」としている。
  2. 選択肢の通り
  3. 高齢者であっても基礎体力や生理機能の衰えの度合いは個人差が大きく、年齢のみから一概にどの程度リスクが増大しているかを判断することは難しい。
  4. 選択肢の通り

問題

第1欄の記述は、母体と胎児に関するものである。(  )の中に入れるべき字句は第2欄のどれか。なお、(  )内はすべて同じ字句が入る。

【 第1欄 】
胎児は、誕生するまでの間は、母体との間に存在する(  )を通じて栄養分を受け取っている。(  )には、胎児の血液と母体の血液とが混ざらない仕組み【血液‐(  )関門】がある。母体が医薬品を使用した場合に、血液‐(  )関門によって、どの程度医薬品の成分の胎児への移行が防御されるかは、未解明のことも多い。

【 第2欄 】

  1. 羊水
  2. 肝臓
  3. 胎盤
  4. 子宮内膜
  5. 臍帯
答え

【 3 】

解説

胎児は、誕生するまでの間は、母体との間に存在する( 胎盤 )を通じて栄養分を受け取っている。( 胎盤 )には、胎児の血液と母体の血液とが混ざらない仕組み【血液 ‐( 胎盤 )関門】がある。母体が医薬品を使用した場合に、血液‐( 胎盤 )関門によって、どの程度医薬品の成分の胎児への移行が防御されるかは、未解明のことも多い。

問題

医薬品の品質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 配合されている成分(有効成分及び添加物成分)には、高温や多湿、光(紫外線)等によって品質の劣化(変質・変敗)を起こしやすいものが多い。
  2. 適切な保管・陳列がなされなければ、医薬品の効き目が低下したり、人体に好ましくない作用をもたらす物質を生じることがある。
  3. 適切な保管・陳列がなされた場合、経時変化による品質の劣化は避けられる。
  4. 表示されている使用期限は、未開封状態で保管された場合に品質が保持される期限である。

答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 医薬品は、適切な保管・陳列がなされたとしても、経時変化による品質の劣化は避けられない。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、一般用医薬品に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しいものである。
  2. 薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているものである。
  3. その役割の中には、健康状態の自己検査は含まれない。
  4. 生活者が自らの疾病の治療、予防又は生活の質の改善・向上を図ることを目的としている。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 3 】

解説

  1. 医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が『著しくないもの』である。
  2. 選択肢の通り
  3. 役割としては、(1) 軽度な疾病に伴う症状の改善、(2) 生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防(科学的・合理的に効果が期待できるものに限る。)、(3) 生活の質(QOL)の改善・向上、(4) 健康状態の自己検査、(5) 健康の維持・増進、(6) その他保健衛生の6つがあり、医療機関での治療を受けるほどではない体調の不調や疾病の初期段階、あるいは日常において、生活者が自らの疾病の治療、予防又は生活の質の改善・向上を図ることを目的としている。
  4. 選択肢の通り

問題

セルフメディケーションに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. セルフメディケーションの主役は一般の生活者である。
  2. 一般用医薬品の販売等に従事する専門家においては、購入者等に対して常に科学的な根拠に基づいた正確な情報提供を行うべきである。
  3. 情報提供は必ず医薬品の販売に結びつけるべきである。
  4. 医療機関の受診を勧めたり(受診勧奨)、医薬品の使用によらない対処を勧めることが適切な場合がある。

答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 情報提供は必ずしも医薬品の販売に結びつけるのでなく、医療機関の受診を勧めたり(受診勧奨)、医薬品の使用によらない対処を勧めることが適切な場合があることにも留意する必要がある。
  4. 選択肢の通り

問題

一般用医薬品の販売時に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 登録販売者は、すべての一般用医薬品の販売、情報提供等を担っている。
  2. 購入者側は、使う人の体質や症状等にあった製品を事前に調べて選択しているのではなく、宣伝広告や販売価格等に基づいて漠然と選択していることが少なくない。
  3. 登録販売者は、購入者等が適切な医薬品を選択して適正に使用しようとするよう、働きかけていくことが重要である。
  4. 一般用医薬品は、すぐに使用する場合に限り購入される。

答え

【 2 】

解説

  1. 一般用医薬品のうち、第二類医薬品又は第三類医薬品に分類されたものの販売等に関しては、薬剤師のほかに、登録販売者が購入者等への情報提供や相談対応を行うこともできる。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 一般用医薬品では、薬局又は店舗販売業において購入された後、すぐに使用されるとは限らず、家庭における常備薬として購入されることも多いことから、外箱等に記載されている使用期限から十分な余裕をもって販売等がなされることが重要である。

問題

以下のサリドマイドに関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の(b)内はどちらも同じ字句が入る。

サリドマイド製剤は、日本において1958年に(a)等として販売されたが、副作用として血管新生を(b)作用があり、妊娠している女性が使用したところ、胎児に移行し、その胎児に先天性異常が発生した。
なお、サリドマイドの血管新生を(b)作用は、サリドマイドの光学異性体のうち(c)体のみが有するとされている。

答え

【 4 】

解説

サリドマイド製剤は、日本において1958年に( 催眠鎮静剤 )等として販売された が、副作用として血管新生を( 妨げる )作用があり、妊娠している女性が使用した ところ、胎児に移行し、その胎児に先天性異常が発生した。
なお、サリドマイドの血管新生を( 妨げる )作用は、サリドマイドの光学異性体 のうち( S )体のみが有するとされている。

問題

次の記述は、亜急性脊髄視神経症(スモン)とその訴訟に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. スモンの原因は、整腸剤として販売されていたキノホルム製剤を使用したことによるものである。
  2. スモンの症状として、初期に腹部の膨満感から激しい腹痛を伴う下痢を生じる。
  3. キノホルム製剤は、我が国では現在アメーバ赤痢治療に限定して販売されている。
  4. スモン訴訟をひとつの契機として、医薬品副作用モニター制度が創設された。

  1. a、b
  2. a、d
  3. b、c
  4. c、d
答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. キノホルム製剤は、『米国』では現在アメーバ赤痢治療に限定して販売されている。
  4. スモン訴訟をひとつの契機として、医薬品副作用被害救済制度が創設された。

問題

以下のヒト免疫不全ウイルス(HIV)訴訟に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

(a)患者が、HIVが混入した原料血漿から製造された(b)の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。(c)を被告として、1989年5月に大阪地裁、同年10月に東京地裁で提訴された。その後、和解勧告が行われ、1996年3月に両地裁で和解が成立した。

答え

【 5 】

解説

( 血友病 )患者が、HIVが混入した原料血 漿 しょう から製造された( 血液凝固因子製剤 )の 投与を受けたことにより、 HIV に感染したことに対する損害賠償訴訟である。
( 国及び製薬企業 )を被告として、1989年5月に大阪地裁、同年10月に東京地裁で提 訴された。その後、和解勧告が行われ、1996年3月に両地裁で和解が成立した。

問題

以下のクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)とその訴訟に関する記述について、(  )の中に入れるべき語句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の(c)内はどちらも同じ字句が入る。

脳外科手術等に用いられていた(a)を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。CJDは、(b)の一種であるプリオンが原因とされ、プリオンが脳の組織に感染し、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病である。
本訴訟をひとつの契機として、2002年に行われた薬事法改正に伴い、(c)製品の安全対策強化や(c)製品による感染等被害救済制度の創設等がなされた。

答え

【 2 】

解説

脳外科手術等に用いられていた( ヒト乾燥硬膜 )を介してCJDに罹 り 患したことに対す る損害賠償訴訟である。CJDは、( タンパク質 )の一種であるプリオンが原因とされ、 プリオンが脳の組織に感染し、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神 経難病である。
本訴訟をひとつの契機として、2002年に行われた薬事法改正に伴い、( 生物由来 ) 製品の安全対策強化や( 生物由来 )製品による感染等被害救済制度の創設等がなされ た。

問題

かぜ等に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. インフルエンザ(流行性感冒)は、細菌の呼吸器感染によるものであるが、感染力が強く、また重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。
  2. 冬場に発熱や頭痛を伴って悪心・嘔吐や、下痢等の消化器症状が現れた場合は、かぜではなくウイルス性胃腸炎である場合が多い。
  3. かぜは、生体に備わっている免疫機構によってウイルスが消滅すれば自然に治癒するため、安静にして休養し、栄養・水分を十分に摂ることが基本である。
  4. かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑え、ウイルスを体内から除去する。

答え

【 1 】

解説

  1. インフルエンザ(流行性感冒)は、『ウイルス』の呼吸器感染によるものであるが、感染力が強く、また重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去するものではなく、咳で眠れなかったり、発熱で体力を消耗しそうなときなどに、それら諸症状の緩和を図る対症療法薬である。

問題

かぜ薬の配合成分及び漢方処方製剤に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 解熱鎮痛成分に、ブロムヘキシン塩酸塩、エチルシステイン塩酸塩がある。
  2. アドレナリン作動成分に、グリチルリチン酸二カリウムがある。
  3. 単独でかぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に、加味散逍遙、桃核承気湯がある。
  4. 抗ヒスタミン成分に、クロルフェニラミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩、ジフェンヒドラミン塩酸塩がある。

答え

【 4 】

解説

  1. ブロムヘキシン塩酸塩、エチルシステイン塩酸塩は、去痰成分である。
  2. かぜ薬に配合される主なアドレナリン作動成分は、メチルエフェドリン塩酸塩、メチルエフェドリンサッカリン塩、プソイドエフェドリン塩酸塩等である。
  3. 単独でかぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤の主なものは、葛根湯、麻黄湯、小柴胡湯、柴胡桂枝湯、小青竜湯、桂枝湯、香蘇散、半夏厚朴湯、麦門冬湯である。
  4. 選択肢の通り

問題

解熱鎮痛成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. エテンザミドは、痛みが神経を伝わっていくのを抑える働きが強いが、水痘(水疱瘡)又はインフルエンザにかかっている15歳未満の小児に対しては使用を避ける必要がある。
  2. アセトアミノフェンは、末梢における抗炎症作用は期待できないが、他の解熱鎮痛成分のような胃腸障害は少なく、空腹時に服用できる製品もある。
  3. イブプロフェンは、アスピリンに比べ胃腸への悪影響が少なく抗炎症作用も示すが、全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病のある人において無菌性髄膜炎を生じやすい。
  4. イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は比較的強いが、ライ症候群の発生が示唆されている。
答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. ライ症候群の発生が示唆されているのは、サリチル酸系解熱鎮痛成分である。

問題

第1欄の記述は、鎮痛の目的で用いられる漢方処方製剤に関するものである。第1欄の記述に該当する漢方処方製剤として正しいものは第2欄のどれか。

【 第1欄 】
体力中等度以下で手足が冷えて肩がこり、ときにみぞおちが膨満するものの頭痛、頭痛に伴う吐き気・嘔吐、しゃっくりに適すとされる。

【 第2欄 】

  1. 芍薬甘草湯
  2. 釣藤散
  3. 呉茱萸湯
  4. 疎経活血湯
  5. 桂枝加朮附湯
答え

【 3 】

解説

設問の通り

芍薬甘草湯
体力に関わらず、筋肉の急激な痙攣を伴う痛みのあるもののこむらがえり、筋肉の痙攣、腹痛、腰痛に適すとされる。ただし、症状があるときのみの服用にとどめ、連用は避ける。
釣藤散
体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるものに適すとされるが、消化器系の副作用(食欲不振、胃部不快感等)が現れやすい等の理由で、胃腸虚弱で冷え症の人には不向きとされる。
疎経活血湯
体力中等度で痛みがあり、ときにしびれがあるものの関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛に適すとされるが、消化器系の副作用(食欲不振、胃部不快感等)が現れやすい等の理由で、胃腸が弱く下痢しやすい人には不向きとされる。
桂枝加朮附湯
体力虚弱で、汗が出、手足が冷えてこわばり、ときに尿量が少ないものの関節痛、神経痛に適すとされるが、動悸、のぼせ、ほてり等の副作用が現れやすい等の理由で、のぼせが強く赤ら顔で体力が充実している人には不向きとされる。

問題

眠気を促す薬に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. ブロモバレリル尿素は、反復して摂取しても依存を生じないことが知られている。
  2. 寝つきが悪いときの処置としてアルコールが摂取される(いわゆる「寝酒」)ことがあるが、飲酒とともにジフェンヒドラミン塩酸塩を服用しても差し支えない。
  3. 入眠障害、熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒等の症状が慢性的に続いている場合は、一般用医薬品で対処することが可能である。
  4. 妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンのバランスや体型の変化等が原因であり、睡眠改善薬の適用対象ではない。
答え

【 4 】

解説

  1. ブロモバレリル尿素は、依存性がある成分である。
  2. 飲酒とともにジフェンヒドラミン塩酸塩、ブロモバレリル尿素又はアリルイソプロピルアセチル尿素を含む催眠鎮静薬を服用すると、その薬効や副作用が増強されるおそれがあるため、服用時には飲酒を避ける必要がある。
  3. 基本的に、不眠に対して一般用医薬品で対処することが可能なのは、特段の基礎疾患がない人における、ストレス、疲労、時差ぼけ等の睡眠リズムの乱れが原因の一時的な不眠や寝つきが悪い場合である。入眠障害、熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒等の症状が慢性的に続いている場合は、鬱病等の精神神経疾患や、何らかの身体疾患に起因する不眠、又は催眠鎮静薬の使いすぎによる不眠等の可能性も考えられるため、医療機関を受診させるなどの対応が必要である。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、眠気を防ぐ薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 15歳未満の小児に使用してよい。
  2. カフェインには、作用は弱いながら反復摂取により依存を形成するという性質があるため、「短期間の服用にとどめ、連用しないこと」という注意喚起がなされている。
  3. カフェインの眠気防止に関連しない作用として、肝臓におけるナトリウムイオンの再吸収抑制があり、尿量の増加(利尿)をもたらす。
  4. 十分な睡眠をとっていても、眠気防止薬の使用では抑えられない眠気が続くような場合には、医療機関を受診するなどの対応が必要である。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 3 】

解説

  1. 成長ホルモンは生体を構築したり修復したりする上で重要な働きをしているホルモンであるが、成長ホルモンの分泌を促す脳ホルモンはある種の睡眠物質と同時に分泌され、それにより睡眠が促されることが知られている。すなわち、定期的な睡眠によって、生体は正常な状態に維持され、また、成長することができる。したがって、特に成長期の小児の発育には睡眠が重要であることから、小児用の眠気防止薬はない。眠気防止薬が小・中学生の試験勉強に効果があると誤解されて誤用事故を起こした事例も知られており、15歳未満の小児に使用されることがないよう注意が必要である。
  2. 選択肢の通り
  3. カフェインの眠気防止に関連しない作用として、『腎臓』におけるナトリウムイオンの再吸収抑制があり、尿量の増加(利尿)をもたらす。
  4. 選択肢の通り

問題

鎮暈薬及びその配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。
  2. ジメンヒドリナートは、延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用を示す。
  3. スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分と比べて作用の持続時間は短い。
  4. 吐き気の防止に働くことを期待して、ビタミンAが補助的に配合されている場合がある。

答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 吐きけの防止に働くことを期待して、ピリドキシン塩酸塩、ニコチン酸アミド、リボフラビン等のビタミン成分が補助的に配合されている場合がある。

問題

小児鎮静薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状を鎮めることを目的とする医薬品であり、小児における虚弱体質の改善は目的としていない。
  2. 保護者側の安眠等を図ることを優先して使用すべきである。
  3. カンゾウは、小児の疳を適応症とする生薬製剤では主として健胃作用を期待して用いられている。
  4. カンゾウを含有する漢方処方製剤を乳幼児に使用する場合、体格の個人差から体重当たりのグリチルリチン酸の摂取量が多くなることがあるので留意される必要がある。

答え

【 2 】

解説

  1. 小児鎮静薬は、それらの症状を鎮めるほか、小児における虚弱体質、消化不良などの改善を目的とする医薬品(生薬製剤・漢方処方製剤)である。
  2. 保護者側の安眠を図ることを優先して使用することは適当ではない。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、鎮咳去痰薬及びその配合成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. メチルエフェドリン塩酸塩は、副交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的として用いられる。
  2. トラネキサム酸は、痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させる。
  3. ジヒドロコデインリン酸塩は、副作用として便秘が現れることがある。
  4. 鎮咳去痰薬は、咳を鎮める、痰の切れを良くする、また、喘息症状を和らげることを目的とする医薬品の総称である。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 4 】

解説

  1. メチルエフェドリン塩酸塩は、『交感神経系』を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的として用いられる。
  2. トラネキサム酸は、炎症を和らげる成分である。痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させるのは、エチルシステイン塩酸塩、メチルシステイン塩酸塩、カルボシステイン等である。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

口腔咽喉薬、含嗽薬及びその配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. ヨウ素系殺菌消毒成分が口腔内に使用される場合、結果的にヨウ素の摂取につながり、扁桃腺におけるホルモン産生に影響を及ぼす可能性がある。
  2. 咽頭の粘膜に付着したアレルゲンによる喉の不快感等の症状を鎮めることを目的として、口腔咽喉薬に抗ヒスタミン成分を配合する場合は、咳に対する薬効を標榜することができる。
  3. 有効成分が生薬成分、グリチルリチン酸二カリウム、セチルピリジニウム塩化物等のみからなり、効能・効果が「痰、喉の炎症による声がれ、喉の不快感」の製品は、医薬部外品として扱われている。
  4. 含嗽薬は、水で用時希釈又は溶解して使用するものが多いが、調製した濃度が濃ければ濃いほど効果が大きい。

答え

【 5 】

解説

  1. ヨウ素系殺菌消毒成分が口腔内に使用される場合、結果的にヨウ素の摂取につながり、『甲状腺』におけるホルモン産生に影響を及ぼす可能性がある。
  2. 咽頭の粘膜に付着したアレルゲンによる喉の不快感等の症状を鎮めることを目的として、口腔咽喉薬に抗ヒスタミン成分を配合する場合は、咳に対する薬効を標榜することは出来ない。
  3. 選択肢の通り
  4. 含嗽薬は、水で用時希釈又は溶解して使用するものが多いが、調製した濃度が濃すぎても薄すぎても効果が十分得られない。

問題

制酸薬、健胃薬及び消化薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 消化薬は、炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の消化を助けることを目的とする医薬品である。
  2. 制酸薬の配合成分として、胃酸の働きを強めるもの、胃液の分泌を促すものなどが用いられる。
  3. 消化不良、胃痛、胸やけなど症状がはっきりしている場合は、症状に合った成分のみが配合された製品を選択することが望ましい。
  4. 医薬部外品の健胃薬、消化薬は、人体に対する作用が緩和なものとして、配合できる成分やその上限量が定められている。

答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 制酸薬の配合成分として、胃酸の働きを『弱める』もの、胃液の分泌を『抑える』ものなどが用いられる。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

胃粘膜保護・修復成分に関する記述について、(  )の中に入れるべき正しい字句はどれか。なお、(  )内はすべて同じ字句が入る。

アルジオキサ、スクラルファートは(  )を含む成分であるため、透析を受けている人では使用を避ける必要がある。透析治療を受けていない人でも、長期連用は避ける必要がある。また、腎臓病の診断を受けた人では、(  )が体内に貯留しやすいため、使用する前にその適否につき、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談がなされるべきである。

  1. 亜鉛
  2. アルミニウム
  3. コバルト
答え

【 4 】

解説

アルジオキサ、スクラルファートは( アルミニウム )を含む成分であるため、透析を受けて いる人では使用を避ける必要がある。透析治療を受けていない人でも、長期連用は避け る必要がある。また、腎臓病の診断を受けた人では、( アルミニウム )が体内に貯留しやすい ため、使用する前にその適否につき、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った 薬剤師に相談がなされるべきである。

問題

止瀉成分に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. ビスマスを含む成分は、腸粘膜をひきしめる(収斂)ことにより、腸粘膜を保護することを目的として配合されている。
  2. ロペラミド塩酸塩は、腸管の運動を低下させる作用を示し、胃腸鎮痛鎮痙薬との併用は避ける必要がある。
  3. タンニン酸ベルベリンは、収斂作用を持つタンニン酸と抗菌作用を持つベルベリンの化合物であり、消化管内でタンニン酸とベルベリンに分かれる。
  4. 生薬成分のカオリンや薬用炭は、過剰な腸管の(蠕動)運動を正常化し、あわせて水分や電解質の分泌も抑える止瀉作用がある。
答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 生薬成分の「木クレオソート』は、過剰な腸管の(蠕動)運動を正常化し、あわせて水分や電解質の分泌も抑える止瀉作用がある。

問題

次の記述は、腸の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 桂枝加芍薬湯は、構成生薬としてカンゾウを含み、体力中等度以下で腹部膨満感のある人のしぶり腹に適すとされる。
  2. 大黄甘草湯は、構成生薬としてダイオウを含み、体力中等度以上で、下腹部痛があって、便秘しがちなものの月経不順、月経困難、月経痛、便秘、痔疾に適すとされる。
  3. 大黄牡丹皮湯は、構成生薬としてダイオウを含み、体力に関わらず広く応用され、便秘、腹部膨満、腸内異常発酵の症状の緩和に適すとされる。
  4. 麻子仁丸は、構成生薬としてダイオウを含み、体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状なものの便秘に適すとされる。

  1. a、b
  2. a、d
  3. b、c
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 『大黄牡丹皮湯』は、構成生薬としてダイオウを含み、体力中等度以上で、下腹部痛があって、便秘しがちなものの月経不順、月経困難、月経痛、便秘、痔疾に適すとされる。
  3. 『大黄甘草湯』は、構成生薬としてダイオウを含み、体力に関わらず広く応用され、便秘、腹部膨満、腸内異常発酵の症状の緩和に適すとされる。
  4. 選択肢の通り

問題

胃腸鎮痛鎮痙薬及びその配合成分に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. アミノ安息香酸エチルは、メトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、6歳未満の小児への使用は避ける必要がある。
  2. 抗コリン作用を有する成分を含有する医薬品どうしが併用された場合、失禁や唾液分泌過多等の副作用が現れやすくなる。
  3. 痛みが次第に強くなる、痛みが周期的に現れる、嘔吐や発熱を伴うなどの場合は、胃腸鎮痛鎮痙薬を用い、受診勧奨はしなくてよい。
  4. 胃腸鎮痛鎮痙薬に配合される抗コリン成分としては、オキセサゼインがある。
答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 抗コリン作用を有する成分を含有する医薬品どうしが併用された場合、抗コリン作用が増強され、排尿困難、目のかすみや異常な眩しさ、頭痛、眠気、口渇、便秘等の副作用が現れやすくなる。
  3. 痛みが次第に強くなる、痛みが周期的に現れる、嘔吐や発熱を伴う、下痢や血便・血尿を伴う、原因不明の痛みが30分以上続く等の場合には、基本的に医療機関を受診するなどの対応が必要である。その際、医師の診療を受けるまでの当座の対処として一般用医薬品が使用されると、痛みの発生部位が不明確となり、原因の特定を困難にすることがあるので、原因不明の腹痛に安易に胃腸鎮痛鎮痙薬を使用することは好ましくない。
  4. 胃腸鎮痛鎮痙薬に配合される抗コリン成分としては、メチルベナクチジウム臭化物、ブチルスコポラミン臭化物、メチルオクタトロピン臭化物、ジサイクロミン塩酸塩、オキシフェンサイクリミン塩酸塩、チキジウム臭化物等がある。

問題

駆虫薬等に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 駆虫薬は、一度に多く服用すると駆虫効果が高まる。
  2. 回虫や蟯虫の感染は、その感染経路から、通常、衣食を共にする家族全員にその可能性がある。
  3. 駆除した虫体や腸管内に残留する駆虫成分の排出を促すために併用される瀉下薬として、ヒマシ油が最適である。
  4. 回虫は、肛門から這い出してその周囲に産卵するため、肛門部の痒みやそれに伴う不眠、神経症を引き起こすことがある。

答え

【 1 】

解説

  1. 駆虫薬は、一度に多く服用しても駆虫効果が高まることはなく、かえって副作用が現れやすくなるため、定められた1日の服用回数や服用期間を守って適正に使用されることが重要である
  2. 選択肢の通り
  3. 駆除した虫体や腸管内に残留する駆虫成分の排出を促すため瀉下薬が併用されることがあるが、ヒマシ油を使用すると腸管内で駆虫成分が吸収されやすくなり、副作用を生じる危険性が高まるため、ヒマシ油との併用は避ける必要がある。
  4. 設問は、蟯虫に関する記述である。回虫は、孵化した幼虫が腸管壁から体組織に入り込んで体内を巡り、肺に達した後に気道から再び消化管内に入って成虫となる。そのため腹痛や下痢、栄養障害等の消化器症状のほか、呼吸器等にも障害を引き起こすことがある。

問題

次の記述は、強心薬等に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 白虎湯加人参は、体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸があるものの立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏に適すとされる。
  2. ジャコウは、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬で、強心作用の他、強壮、血行促進等の作用があるとされる。
  3. 気つけとは、心臓の働きの低下による一時的なめまい、立ちくらみ等の症状に対して、意識をはっきりさせたり、活力を回復させたりする効果のことである。
  4. センソは、有効域が比較的狭い成分であり、1日用量中センソ5mgを超えて含有する医薬品は劇薬に指定されている。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 4 】

解説

  1. 『苓桂朮甘湯』は、 体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸があるものの立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏に適すとされる。
  2. 『ロクジョウ』は、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬で、強心作用の他、強壮、血行促進等の作用があるとされる。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

高コレステロール改善薬及びコレステロールに関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 血漿中のリポタンパク質のバランスの乱れは、生活習慣病を生じる以前の段階では自覚症状を伴うものではない。
  2. 高コレステロール改善薬は、血中コレステロール異常の改善、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、痺れ)の緩和等を目的として使用される。
  3. ガンマ-オリザノールには、LDL等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、HDL産生を高める作用がある。
  4. 大豆油不鹸化物(ソイステロール)では、悪心(吐き気)、胃部不快感、胸やけ、下痢等の消化器系の副作用が現れることがある。
答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 『パンテチン』には、LDL等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、HDL産生を高める作用がある。ガンマ-オリザノールは、米油及び米胚芽油から見出された抗酸化作用を示す成分である。
  4. 選択肢の通り

問題

貧血用薬(鉄製剤)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 食生活を改善し、かつ鉄製剤の使用を2週間程度続けても症状の改善がみられない場合には、鉄製剤の使用を漫然と継続することは適当でない。
  2. 貧血の症状がみられる以前から予防的に鉄製剤を使用するべきである。
  3. 複数の貧血用薬と併用すると、胃腸障害や便秘等の副作用が起こりやすくなる。
  4. 胃への負担を軽減するため、腸溶性とした製品もある。

答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 貧血の症状がみられる以前から予防的に鉄製剤を使用するべきではない。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

以下の循環器用薬の漢方処方製剤である三黄瀉心湯の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

体力中等度以上で、(a)気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向などのあるものの高血圧の随伴症状、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に適すとされるが、体の虚弱な人、胃腸が弱く下痢しやすい人、だらだら出血が長引いている人では不向きとされる。
構成生薬として(b)を含む。
(c)に用いる場合には、漫然と長期の使用は避け、5~6回使用しても症状の改善がみられないときは、いったん使用を中止する。

答え

【 5 】

解説

体力中等度以上で、( のぼせ )気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、 便秘傾向などのあるものの高血圧の随伴症状、鼻血、痔 じ 出血、便秘、更年期障害、血の 道症に適すとされるが、体の虚弱な人、胃腸が弱く下痢しやすい人、だらだら出血が長 引いている人では不向きとされる。
構成生薬として( ダイオウ )を含む。
( 鼻血 )に用いる場合には、漫然と長期の使用は避け、5~6回使用しても症 状の改善がみられないときは、いったん使用を中止する。

問題

次の表はある外用痔疾用薬に含まれている成分の一覧である。

ヒドロコルチゾン酢酸エステル5mg
テトラヒドロゾリン塩酸塩1mgリドカイン60mg
l-メントール10mgアラントイン20mg
トコフェロール酢酸エステル60mgクロルヘキシジン塩酸塩5mg
この一般用医薬品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. リドカインは、局所の感染を防止することを目的として配合される殺菌消毒成分である。
  2. テトラヒドロゾリン塩酸塩は、血管収縮作用による止血効果を期待して配合されるアドレナリン作動成分である。
  3. クロルヘキシジン塩酸塩は、肛門部の創傷の治癒を促す効果を期待して配合される組織修復成分である。
  4. アラントインは、痛みや痒みを和らげることを目的として配合される局所麻酔成分である。

答え

【 5 】

解説

  1. リドカインは、痔に伴う痛みや痒みを和らげることを目的として用いられる局所麻酔成分である。
  2. 選択肢の通り
  3. クロルヘキシジン塩酸塩は、痔疾患に伴う局所の感染を防止することを目的として配合される殺菌消毒成分である。
  4. アラントインは、痔による肛門部の創傷の治癒を促す効果を期待して配合される組織修復成分である。

問題

次の内服アレルギー用薬に配合される成分のうち、抗ヒスタミン成分ではないものの組み合わせはどれか。

  1. ヨウ化イソプロパミド
  2. アゼラスチン
  3. ブロメライン
  4. メキタジン

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

解答の通り

問題

第1欄の記述は、婦人薬として使用される漢方処方製剤に関するものである。第1欄の記述に該当する漢方処方製剤として正しいものは第2欄のどれか。

【 第1欄 】
体力中等度で皮膚はかさかさして色つやが悪く、のぼせるものの月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症、湿疹・皮膚炎に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

【第2欄】

  1. 桂枝茯苓丸
  2. 柴胡桂枝乾姜湯
  3. 温清飲
  4. 四物湯
  5. 当帰芍薬散
答え

【 3 】

解説

解答の通り

桂枝茯苓丸
比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷え等を訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきびに適すとされる。
柴胡桂枝乾姜湯
体力中等度以下で、冷え症、貧血気味、神経過敏で、動悸、息切れ、ときにねあせ、頭部の発汗、口の渇きがあるものの更年期障害、血の道症、不眠症、神経症、動悸、息切れ、かぜの後期の症状、気管支炎に適すとされる。
四物湯
体力虚弱で、冷え症で皮膚が乾燥、色つやの悪い体質で胃腸障害のないものの月経不順、月経異常、更年期障害、血の道症、冷え症、しもやけ、しみ、貧血、産後あるいは流産後の疲労回復に適すとされる。
当帰芍薬散
体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り、低血圧に適すとされる。

問題

鼻炎用点鼻薬の配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. ナファゾリン塩酸塩は、ヒスタミンの働きを抑える作用を示す。
  2. グリチルリチン酸二カリウムは、鼻粘膜の炎症を和らげることを目的として配合される場合がある。
  3. アドレナリン作動成分が配合された点鼻薬は、過度に使用されると鼻粘膜の血管が反応しなくなり、鼻づまり(鼻閉)がひどくなりやすい。
  4. クロモグリク酸ナトリウムは、アレルギー性でない鼻炎や副鼻腔炎に対しても有効である。

答え

【 5 】

解説

  1. ヒスタミンの働きを抑えることにより、目の痒みを和らげることを目的として、ジフェンヒドラミン塩酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ケトチフェン等の抗ヒスタミン成分が配合されている場合がある。ナファゾリン塩酸塩は、交感神経系を刺激して鼻粘膜を通っている血管を収縮させることにより、鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを目的として用いられる。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. クロモグリク酸ナトリウムは、アレルギー性でない鼻炎や副鼻腔炎に対しては無効である。

問題

点眼薬の使用にあたっての一般的な注意に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 容器の先端が眼瞼(まぶた)や睫毛(まつげ)に触れないように点眼する。
  2. 結膜嚢内に行き渡らせることにより効果が増すため、一度に何滴も点眼する。
  3. 開封されてから長期間を経過した製品は、使用期限内であっても使用を避けるべきである。
  4. 点眼後は、目頭を押さえると、薬液が鼻腔内へ流れ込むのを防ぐことができ、効果的とされる。

答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 一度に何滴も点眼しても効果が増すわけではなく、むしろ薬液が鼻腔内へ流れ込み、鼻粘膜や喉から吸収されて、副作用を起こしやすくなる。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

眼科用薬及びその配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 点眼薬を一定期間使用して症状の改善がみられない場合には、副作用の可能性も考慮し、漫然と使用を継続せずに、専門家に相談すべきである。
  2. 結膜や角膜の乾燥を防ぐことを目的として、ホウ酸が配合される。
  3. 点眼薬は、結膜嚢に使用するものであり、通常、無菌的に製造されている。
  4. 目のかすみが緑内障による症状であった場合、配合されている成分によっては、緑内障の悪化につながるおそれがある。

答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 結膜や角膜の乾燥を防ぐことを目的として、『コンドロイチン硫酸ナトリウム』が配合される。ホウ酸は、洗眼薬として用時水に溶解し、結膜嚢の洗浄・消毒に用いられる。また、その抗菌作用による防腐効果を期待して、点眼薬の添加物(防腐剤)として配合されていることもある。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、眼科用薬の配合成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを抑える作用を示し、毛様体におけるアセチルコリンの働きを助けることで、目の調節機能を改善する効果を目的として用いられる。
  2. アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、結膜や角膜の乾燥を防ぐことを目的として用いられる。
  3. 硫酸亜鉛水和物は、眼粘膜のタンパク質と結合して皮膜を形成し、外部の刺激から保護する作用を期待して配合されている場合がある。
  4. ビタミンB6は、視細胞が光を感受する反応に関与していることから、視力調整等の反応を改善する効果を期待して用いられる。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、炎症を生じた眼粘膜の組織修復を目的として用いられる。
  3. 選択肢の通り
  4. ビタミンAは、視細胞が光を感受する反応に関与していることから、視力調整等の反応を改善する効果を期待して用いられる。ビタミンB6は、アミノ酸の代謝や神経伝達物質の合成に関与していることから、目の疲れ等の症状を改善する効果を期待して用いられる。

問題

きず口等の殺菌消毒成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. アクリノールは、真菌、結核菌及びウイルスに対して殺菌・消毒作用を示す。
  2. ヨウ素系殺菌消毒成分(ポビドンヨードやヨードチンキ)は、結核菌を含む一般細菌類、真菌類、ウイルスに対して殺菌・消毒作用を示す。
  3. チモールは、細菌や真菌類のタンパク質を変性させることにより殺菌・消毒作用を示す。
  4. クロルヘキシジングルコン酸塩は、結核菌やウイルスに対する殺菌・消毒作用はない。

答え

【 4 】

解説

  1. アクリノールは、黄色の色素で、一般細菌類の一部に殺菌消毒作用を示すが、結核菌、真菌類、ウイルスに対しての効果はない。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

一般的な創傷への対応に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 出血しているときは、創傷部に清潔なガーゼやハンカチ等を当てて圧迫し、止血するが、このとき、創傷部を心臓より高くして圧迫すると、止血効果が高い。
  2. 火傷(熱傷)の場合は、できるだけ早く、水道水などで熱傷部を冷やすことが重要である。
  3. 火傷(熱傷)による水疱(水ぶくれ)は、ただちに滅菌した器具で破り内容物を取り除く必要がある。
  4. 殺菌消毒成分により組織修復が妨げられて、かえって治癒しにくくなったり、状態を悪化させることがある。

答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 火傷(熱傷)による水疱(水ぶくれ)は、ただちに流水で冷やし、清潔なガーゼ等で覆い破らないように保護する。
  4. 選択肢の通り

問題

歯槽膿漏薬の配合成分と配合目的の組み合わせの正誤について、正しいものはどれか。

答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. チョウジ油 ― 殺菌消毒作用、抗炎症作用
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

歯痛及び口内炎に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 歯痛は、多くの場合、歯の齲蝕(むし歯)とそれに伴う歯髄炎によって起こる。
  2. 歯痛薬は、歯の齲蝕による歯痛を応急的に鎮めることを目的とする一般用医薬品である。
  3. 口内炎用薬であれば、ステロイド性抗炎症成分が配合されていても長期の連用は問題ない。
  4. 口内炎が長期間にわたって症状が長引いている場合には、口腔粘膜に生じた腫瘍などの可能性があるため、医療機関を受診するなどの対応が必要である。
答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 口腔内に適用されるため、ステロイド性抗炎症成分が配合されている場合には、その含有量によらず長期連用を避ける必要がある。
  4. 選択肢の通り

問題

禁煙補助剤の相互作用に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が増加するため、コーヒーや炭酸飲料など口腔内を酸性にする食品を摂取後、しばらくは使用を避けることとされている。
  2. アドレナリン作動成分が配合された医薬品との併用により、禁煙補助剤の作用が減弱するおそれがある。
  3. 禁煙補助剤を使用中又は使用直後の喫煙は、血中のニコチン濃度が急激に高まるおそれがあり、避ける必要がある。
  4. 心臓疾患の診断を受けた人が禁煙補助剤を使用しても、心臓疾患の治療薬の効果に影響はない。
答え

【 3 】

解説

  1. 口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が『低下』するため、コーヒーや炭酸飲料など口腔内を酸性にする食品を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。
  2. アドレナリン作動成分が配合された医薬品との併用により、禁煙補助剤の作用が『増強』するおそれがある。
  3. 選択肢の通り
  4. 心臓疾患の診断を受けた人では、使用している治療薬の効果に影響を生じたり、症状を悪化させる可能性があるため、禁煙補助剤を使用する前にその適否につき、治療を行っている医師又は処方薬を調剤した薬剤師に相談するなどの対応が必要である。

問題

次の記述は、ビタミンに関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. ビタミンAは、夜間視力を維持し、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。
  2. ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生に不可欠な栄養素である。
  3. ビタミンB12は、脂質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。
  4. ビタミンEは、タンパク質の代謝に関与し、神経機能の維持に重要な栄養素である。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 『ビタミンB2』は、脂質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。
  4. 『ビタミンB6』は、タンパク質の代謝に関与し、神経機能の維持に重要な栄養素である。

問題

滋養強壮保健薬の配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. システインは、腎臓においてアルコールを分解する酵素の働きを助けている。
  2. アスパラギン酸ナトリウムは、乳酸の分解を促す働きを期待して用いられる。
  3. ヘスペリジンは、ビタミンCの吸収を助ける作用があるとされている。
  4. コンドロイチン硫酸ナトリウムは、関節痛、筋肉痛等の改善を促す作用を期待してビタミンB1等と組み合わせて配合されている。

答え

【 3 】

解説

  1. システインは、『肝臓』においてアルコールを分解する酵素の働きを助けている。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

以下のビタミンDに関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

ビタミンDは、(a)でのカルシウム吸収及び(b)でのカルシウム再吸収を促して、骨の形成を助ける栄養素である。
ビタミンDの過剰症として、高カルシウム血症、(c)が知られている。

答え

【 1 】

解説

ビタミンDは、( 腸管 )でのカルシウム吸収及び( 尿細管 )でのカルシウ ム再吸収を促して、骨の形成を助ける栄養素である。
ビタミンDの過剰症として、高カルシウム血症、( 異常石灰化 )が知られている。

問題

漢方処方製剤に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 漢方処方は、処方全体としての適用性等、その性質からみて処方自体が一つの有効成分として独立したものという見方をすべきものである。
  2. 患者の「証」に合った漢方処方が選択されれば、効果が期待でき、間質性肺炎のような重篤な副作用が起こることはない。
  3. 用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後6ケ月未満の乳児には使用しないこととされている。
  4. 症状の原因となる体質の改善を主眼としているものが多く、比較的長期間(1ケ月位)継続して服用されることがある。

答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 漢方処方製剤においても、間質性肺炎や肝機能障害のような重篤な副作用が起きることがある。
  3. 用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合でも、『生後3ヶ月未満』の乳児には使用しないこととされている。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、殺虫成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 有機リン系殺虫成分であるダイアジノンは、アセチルコリンエステラーゼと不可逆的に結合してその働きを阻害することにより、殺虫作用を示す。
  2. オキサジアゾール系殺虫成分であるメトキサジアゾンは、アセチルコリンエステラーゼと可逆的に結合してその働きを阻害することにより、殺虫作用を示す。
  3. ピレスロイド系殺虫成分であるフェンチオンは、シラミの駆除を目的とする製品に配合される場合があり、殺虫成分で唯一人体に直接適用されるものである。
  4. 有機塩素系殺虫成分は、残留性や体内蓄積性の問題から、現在ではすべての品目が使用されていない。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. フェンチオンは、有機リン系殺虫成分である。
  4. 有機塩素系殺虫成分は、残留性や体内蓄積性の問題から、『現在ではオルトジクロロベンゼンがウジ、ボウフラの防除の目的で使用されているのみとなっている』。

問題

次の記述は、代表的な衛生害虫に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. ツツガムシは、ツツガムシ病リケッチアを媒介するダニの一種である。
  2. ノミによる保健衛生上の害としては、主に吸血による痒みであり、病原細菌を媒介することはない。
  3. ケナガコナダニの糞や死骸がアレルゲンとなって気管支喘息やアトピー性皮膚炎などを引き起こすことがある。
  4. トコジラミの防除には、ハエ、蚊、ゴキブリと同様の殺虫剤を使用することはできない。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. ノミによる保健衛生上の害としては、主に吸血されたときの痒みであるが、元来、ペスト等の病原細菌を媒介する衛生害虫である。
  3. 選択肢の通り
  4. トコジラミは、シラミの一種でなくカメムシ目に属する昆虫で、、ハエ、蚊、ゴキブリと同様の殺虫剤を使用する。

問題

一般用検査薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 検査に用いる検体は、尿、糞便、鼻汁、唾液、涙液など採取に際して侵襲(採血や穿刺等)のないものである。
  2. 一般の生活者が正しく用いて健康状態を把握し、速やかな受診につなげることで疾病を早期発見するためのものである。
  3. 検体中に検査対象物質が存在していないにもかかわらず、検査対象外の物質と非特異的な反応が起こって検査結果が陽性となった場合を擬陽性という。
  4. 正しい方法で検体を採取し、一般用検査薬を正しく使用すれば、擬陰性・擬陽性を完全に排除することができる。

答え

【 5 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 生体から採取された検体には予期しない妨害物質や化学構造がよく似た物質が混在することがあり、いかなる検査薬においても擬陰性・擬陽性を完全に排除することは困難である。

問題

次の記述は、尿糖・尿タンパク検査及びその検査薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 尿は、食事その他の影響を受けることがなく常に正確な検査結果が得られる。
  2. 出始めの尿では、尿道や外陰部等に付着した細菌や分泌物が混入することがあるため、中間尿を採取して検査することが望ましい。
  3. 尿タンパク検査の場合、原則として食後2~3時間後の尿を検体とする。
  4. 尿糖・尿タンパク検査薬は、尿中の糖やタンパク質の有無を調べるものであり、その結果をもって直ちに疾患の有無や種類を判断することはできない。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 3 】

解説

  1. 通常、尿は弱酸性であるが、食事その他の影響で中性~弱アルカリ性に傾くと、正確な検査結果が得られなくなることがある。また、医薬品の中にも、検査結果に影響を与える成分を含むものがある。
  2. 選択肢の通り
  3. 尿タンパク検査の場合、原則として早朝尿(起床直後の尿)を検体とする。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、呼吸器系に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 一般に呼吸器系は、呼吸を行うための器官系で、鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支及び肺からなる。
  2. 肺胞の壁を介して、心臓から送られてくる血液から酸素が肺胞気中に拡散し、代わりに二酸化炭素が血液中の赤血球に取り込まれるガス交換が行われる。
  3. 鼻汁にはリゾチームが含まれ、気道の防御機構の一つとなっている。
  4. 咽頭は、発声器としての役割もあり、呼気で咽頭上部にある声帯を振動させて声が発せられる。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 肺胞の壁を介して、心臓から送られてくる血液から『二酸化炭素』が肺胞気中に拡散し、代わりに『酸素』血液中の赤血球に取り込まれるガス交換が行われる。
  3. 選択肢の通り
  4. 『喉頭』は、発声器としての役割もあり、呼気で咽頭上部にある声帯を振動させて声が発せられる。

問題

肺、心臓及び血管系に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 肺でのガス交換が行われた血液は、心臓の右側部分(右心房、右心室)に入り、そこから全身に送り出される。
  2. 肺自体に肺を動かす筋組織があり、自力で膨らんだり縮んだりする。
  3. 血管壁にかかる圧力(血圧)は、通常、上腕部の静脈で測定される。
  4. 心臓は、心筋でできた握りこぶし大の袋状の臓器で、胸骨の後方に位置する。

答え

【 4 】

解説

  1. 肺でのガス交換が行われた血液は、『心臓の左側部分(左心房、左心室)』に入り、そこから全身に送り出される。
  2. 肺自体には肺を動かす筋組織がないため、自力で膨らんだり縮んだりするのではなく、横隔膜や肋間筋によって拡張・収縮して呼吸運動が行われている。
  3. 血管壁にかかる圧力(血圧)は、通常、上腕部の『動脈』で測定される。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、血液に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 血管だけでなく皮膚まで傷ついて血液が体の外に流れ出すことを外出血というのに対し、血液が組織の隙間や器官の内部に流れ込むことを内出血という。
  2. リンパ球は、リンパ節、脾臓等のリンパ組織で増殖し、細菌、ウイルス等の異物を認識するB細胞リンパ球と、それらに対する抗体(免疫グロブリン)を産生するT細胞リンパ球がある。
  3. ヘモグロビンは鉄分と結合したタンパク質で、酸素量の多いところで酸素分子と結合し、酸素が少なく二酸化炭素が多いところで酸素分子を放出する性質がある。
  4. フィブリノゲンは、血液の浸透圧を保持する働きがあるほか、ホルモンや医薬品の成分等と複合体を形成して、それらが血液によって運ばれるときに代謝や排泄を受けにくくする。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. リンパ球は、リンパ節、脾臓等のリンパ組織で増殖し、細菌、ウイルス等の異物を認識する『T細胞リンパ球』と、それらに対する抗体(免疫グロブリン)を産生する『B細胞リンパ球』がある。
  3. 選択肢の通り
  4. 『アルブミン』は、血液の浸透圧を保持する働きがあるほか、ホルモンや医薬品の成分等と複合体を形成して、それらが血液によって運ばれるときに代謝や排泄を受けにくくする。フィブリノゲンは、傷口で重合して線維状のフィブリンとなる。フィブリン線維に赤血球や血小板などが絡まり合い、血の凝固物(血餅)となって傷口をふさぎ、止血がなされる。

問題

泌尿器系に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 副腎髄質では、自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが産生・分泌される。
  2. 糸球体から1本の尿細管が伸びて、腎小体と尿細管とで腎臓の基本的な機能単位(ネフロン)を構成している。
  3. 食品から摂取あるいは体内で生合成されたビタミンDは、腎臓で活性型ビタミンDに転換されて、骨の形成や維持の作用を発揮する。
  4. 女性は尿道が短いため、細菌などが侵入したとき膀胱まで感染を生じやすい。

答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 『ボウマン嚢』から1本の尿細管が伸びて、腎小体と尿細管とで腎臓の基本的な機能単位(ネフロン)を構成している。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、目に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 眼瞼は、素早くまばたき運動ができるよう、皮下組織が少なく薄くできているため、内出血や裂傷を生じやすい。
  2. 目を使う作業を続けると、眼筋の疲労のほか、遠近の焦点調節を行っている硝子体の疲労などが起こる。
  3. 雪眼炎とは、紫外線を含む光に長時間曝されることにより、結膜の上皮に損傷を生じることである。
  4. 網膜には、視細胞が密集していて、個々の視細胞は神経線維につながり、それが束なって眼球の後方で視神経となる。

  1. a、b
  2. a、d
  3. b、c
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 目を使う作業を続けると、眼筋の疲労のほか、遠近の焦点調節を行っている『毛様体』の疲労などが起こる。
  3. 雪眼炎とは、紫外線を含む光に長時間曝らされることにより、『角膜』の上皮に損傷を生じることである。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、鼻及び耳に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 鼻腔に隣接した目と目の間、額部分、頬の下、鼻腔の奥に空洞があり、それらを総称して副鼻腔というが、鼻腔とはつながっていない。
  2. 鼻腔上部の粘膜にある嗅細胞を、においの元となる物質の分子が刺激すると、その刺激が脳の嗅覚中枢へ伝えられる。
  3. 中耳は、聴覚器官である蝸牛と、平衡器官である前庭の2つの部分からなる。
  4. 外耳道にある耳垢腺や皮脂腺からの分泌物に、埃や外耳道上皮の老廃物などが混じって耳垢となる。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 3 】

解説

  1. 鼻腔に隣接した目と目の間、額部分、頬の下、鼻腔の奥に空洞があり、それらを総称して副鼻腔というが、いずれも鼻腔と細い管でつながっている。
  2. 選択肢の通り
  3. 『内耳』は、聴覚器官である蝸牛と、平衡器官である前庭の2つの部分からなる。中耳は、外耳と内耳をつなぐ部分で、鼓膜、鼓室、耳小骨、耳管からなる。
  4. 選択肢の通り

問題

外皮系に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. メラニン色素は、真皮の最下層にあるメラニン産生細胞で産生され、太陽光に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割がある。
  2. 皮膚は、触覚、圧覚、痛覚、温度感覚等の皮膚感覚を得る感覚器としての機能を有している。
  3. ヒトの皮膚の表面には常に一定の微生物が付着しており、それら微生物の存在によって、皮膚の表面での病原菌の繁殖が抑えられ、また、病原菌の体内への侵入が妨げられている。
  4. 汗腺には、腋窩などの毛根部に分布するアポクリン腺と、手のひらなど毛根がないところも含め全身に分布するエクリン腺の二種類がある。
答え

【 1 】

解説

  1. メラニン色素は、『表皮』の最下層にあるメラニン産生細胞で産生され、太陽光に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割がある。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

骨格系及び筋組織に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 赤血球、白血球及び血小板は、骨髄で産生される造血幹細胞から分化することにより、体内に供給される。
  2. 骨は生きた組織であるが、成長が停止した後は破壊(骨吸収)と修復(骨形成)が行われなくなる。
  3. 骨格筋は収縮力が強く、自分の意識どおりに動かすことができる随意筋であるが、疲労しやすく、長時間の動作は難しい。
  4. 平滑筋及び心筋は、体性神経系に支配されている。

答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 骨は生きた組織であり、成長が停止した後も一生を通じて破壊(骨吸収)と修復(骨形成)が行われている。
  3. 選択肢の通り
  4. 平滑筋及び心筋は、『自律神経系』に支配されている。体性神経系(運動神経)で支配されているのは、骨格筋である。

問題

医薬品の剤形及び特徴に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. チュアブル錠は、口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤形であり、水なしでも服用できる。
  2. 経口液剤は、固形製剤よりも飲み込みやすく、服用後、ゆるやかに消化管から吸収される。
  3. カプセル剤のカプセルの原材料としてゼラチンが広く用いられているので、ゼラチンに対してアレルギーを持つ人は使用を避けるなどの注意が必要である。
  4. クリーム剤は、有効成分が適用部位に留まりやすく、一般的には適用部位を水から遮断したい場合に用いることが多い。

答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 経口液剤は、固形製剤よりも飲み込みやすく、服用後、『比較的速やかに』消化管から吸収される。
  3. 選択肢の通り
  4. クリーム剤は、有効成分が適用部位に留まりやすく、一般的には『患部が乾燥していたり患部を水で洗い流したい場合』に用いることが多い。適用部位を水から遮断したい場合に用いることが多いのは、軟膏剤である。

問題

以下の末梢神経系に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の( b )内はどちらも同じ字句が入る。

交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は( a )であり、副交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は( b )である。ただし、汗腺を支配する交感神経線維の末端では、例外的に( b )が伝達物質として放出される。
交感神経が活発になっているときは、瞳孔は( c )し、心拍数は( d )する。

答え

【 3 】

解説

交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は( ノルアドレナリン )であり、副 交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質は( アセチルコリン )である。ただ し、汗腺を支配する交感神経線維の末端では、例外的に( アセチルコリン )が伝達物質とし て放出される。
交感神経が活発になっているときは、瞳孔は( 散大 )し、心拍数は( 増加 ) する。

問題

医薬品の有効成分の吸収に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 有効成分の吸収量や吸収速度は、消化管内容物や他の医薬品の作用によって影響を受ける。
  2. 循環血液中に移行せずに薬効を発揮する医薬品であっても、その成分が体内から消失する過程では、吸収されて循環血液中に移行する場合がある。
  3. 眼の粘膜に適用する点眼薬は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることがある。
  4. 有効成分が皮膚から浸透して体内の組織で作用する医薬品の場合は、浸透する量は皮膚の状態による影響を受けない。

答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 有効成分が皮膚から浸透して体内の組織で作用する医薬品の場合は、浸透する量は皮膚の状態、傷の有無やその程度などによって影響を受ける。

問題

皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)と中毒性表皮壊死融解症(TEN)に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 両疾患ともに、発生は非常にまれであるとはいえ、一旦発症すると多臓器障害の合併症等により致命的な転帰をたどることがある。
  2. 皮膚粘膜眼症候群は、発症の可能性がある医薬品の種類も多いため、発症の予測は極めて困難である。
  3. 皮膚粘膜眼症候群の症例の多くが中毒性表皮壊死融解症の進展型とみられている。
  4. 両眼に現れる急性結膜炎は、皮膚や粘膜の変化とほぼ同時期又は半日~1日程度先行して生じることが知られているので、そのような症状が現れたときは、皮膚粘膜眼症候群又は中毒性表皮壊死融解症の前兆である可能性を疑うことが重要である。
答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 『中毒性表皮壊死融解症』の症例の多くが『皮膚粘膜眼症候群』の進展型とみられている。
  4. 選択肢の通り

問題

消化器系に現れる医薬品の副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 消化性潰瘍では、必ず自覚症状があり、胃のもたれ、食欲低下、胸やけ、吐き気、胃痛、空腹時にみぞおちが痛くなる、消化管出血に伴って糞便が黒くなるなどの症状が現れる。
  2. イレウス様症状(腸閉塞様症状)では、腹痛などの症状のために水分や食物の摂取が抑制され、嘔吐がない場合でも脱水状態となることがある。
  3. 小児や高齢者のほか、普段から便秘傾向のある人は、イレウス様症状(腸閉塞様症状)発症のリスクが低い。
  4. 消化性潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜組織が傷害されるが、粘膜表面のみの欠損で、粘膜筋板までは欠損していない状態である。

答え

【 2 】

解説

  1. 消化性潰瘍では、自覚症状が乏しい場合もある。
  2. 選択肢の通り
  3. 小児や高齢者のほか、普段から便秘傾向のある人は、イレウス様症状(腸閉塞様症状)発症のリスクが『高い』。
  4. 消化性潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜組織が傷害されるが、『その一部が粘膜筋板を超えて欠損する状態である』。

問題

次の記述は、医薬品の副作用として現れる間質性肺炎に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 気管支又は肺胞が細菌に感染して炎症を生じたものである。
  2. 息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳、発熱等の症状を呈し、自然に回復することはない。
  3. 悪化すると肺線維症に移行することがある。
  4. かぜや気管支炎の症状と区別することは難しい場合がある。

  1. a、b
  2. a、d
  3. b、c
  4. c、d
答え

【 4 】

解説

  1. 気管支又は肺胞が細菌に感染して炎症を生じたものは通常の肺炎である。間質性肺炎は肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こしたものである。
  2. 間質性肺炎を発症すると、肺胞と毛細血管の間のガス交換効率が低下して血液に酸素を十分取り込むことができず、体内は低酸素状態となる。そのため、息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳、発熱等の症状を呈し、『自然と回復することもある』。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

以下の感覚器系に現れる医薬品の副作用に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の( b )内はどちらも同じ字句が入る。

眼球内の角膜と水晶体の間を満たしている( a )が排出されにくくなると、眼圧が( b )して視覚障害を生じることがある。
例えば、抗コリン作用がある成分が配合された医薬品によって眼圧が( b )し、眼痛や眼の充血に加え、急激な視力低下を来すことがある。特に( c )がある人では厳重な注意が必要である。

答え

【 1 】

解説

眼球内の角膜と水晶体の間を満たしている( 眼房水 )が排出されにくくなると、 眼圧が( 上昇 )して視覚障害を生じることがある。
例えば、抗コリン作用がある成分が配合された医薬品によって眼圧が( 上昇 ) し、眼痛や眼の充血に加え、急激な視力低下を来すことがある。特に( 緑内障 )が ある人では厳重な注意が必要である。

問題

皮膚に現れる医薬品の副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 接触皮膚炎は、医薬品が触れた皮膚の部分にのみ生じる。
  2. 光線過敏症が現れた場合は、原因と考えられる医薬品の使用を中止して、皮膚に医薬品が残らないよう十分に患部を洗浄し、遮光して速やかに医師の診療を受ける必要がある。
  3. 薬疹は医薬品の使用後1~2週間で起き、それ以上の長期使用後に現れることはない。
  4. 薬疹を経験したことがない人であっても、暴飲暴食や肉体疲労が誘因となって現れることがある。

答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 薬疹は医薬品の使用後1~2週間で起きることが多いが、『長期使用後に現れることもある』。
  4. 選択肢の通り

問題

胆嚢及び肝臓に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 胆嚢は、肝臓で産生された胆汁を濃縮して蓄える器官で、十二指腸に内容物が入ってくると収縮して腸管内に胆汁を送り込む。
  2. 小腸で吸収されたブドウ糖は、血液によって肝臓に運ばれてグルコースとして蓄えられる。
  3. アルコール(エタノール)は、胃や小腸で吸収され、肝臓へと運ばれて一度アセトアルデヒドに代謝されたのち、さらに代謝されて酢酸となる。
  4. 肝臓では、必須アミノ酸以外のアミノ酸を生合成することができない。

答え

【 5 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 小腸で吸収されたブドウ糖は、血液によって肝臓に運ばれて『グリコーゲン』として蓄えられる。
  3. 選択肢の通り
  4. 肝臓では、必須アミノ酸以外のアミノ酸を生合成することが『できる』

問題

以下の偽アルドステロン症に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

体内に( a )と水が貯留し、体から( b )が失われることによって生じる病態である。( c )からのアルドステロン分泌が増加していないにもかかわらずこのような状態となることから、偽アルドステロン症と呼ばれている。
主な症状に、手足の脱力、( d )、筋肉痛、こむら返り、倦怠感、手足のしびれ、頭痛、むくみ(浮腫)、喉の渇き、吐き気・嘔吐等があり、病態が進行すると、筋力低下、起立不能、歩行困難、痙攣等を生じる。

答え

【 1 】

解説

体内に( ナトリウム )と水が貯留し、体から( カリウム )が失われることによって 生じる病態である。( 副腎皮質 )からのアルドステロン分泌が増加していないにもか かわらずこのような状態となることから、偽アルドステロン症と呼ばれている。
主な症状に、手足の脱力、( 血圧上昇 )、筋肉痛、こむら返り、倦 け ん怠感、手足のし びれ、頭痛、むくみ(浮腫)、喉の渇き、吐き気・嘔 お う吐等があり、病態が進行すると、 筋力低下、起立不能、歩行困難、痙 け い攣 れ ん等を生じる。

問題

医薬品の副作用としての肝機能障害に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬品の有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性による中毒性のものであり、アレルギー性のものはない。
  2. 軽度の肝障害の場合、健康診断等の血液検査(肝機能検査値の悪化)で初めて判明することが多い。
  3. 黄疸は、ビリルビンが胆汁中へ排出されず血液中に滞留することにより生じる。
  4. 主な症状に、全身の倦怠感、発熱、発疹、皮膚の掻痒感、吐き気がある。

答え

【 2 】

解説

  1. 医薬品により生じる肝機能障害は、有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因で起きる中毒性のものと、有効成分に対する抗原抗体反応が原因で起きるアレルギー性のものに大別される。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、脾臓及びリンパ系に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 脾臓の主な働きは、脾臓内を流れる血液から古くなった白血球を濾し取って処理することである。
  2. リンパ節の内部にはリンパ球やマクロファージ(貪食細胞)が密集している。
  3. リンパ液の流れは主に骨格筋の収縮によるものであり、流速は血流に比べて緩やかである。
  4. リンパ管には逆流防止のための弁がない。

  1. a、b
  2. a、d
  3. b、c
  4. c、d
答え

【 3 】

解説

  1. 脾臓の主な働きは、脾臓内を流れる血液から古くなった『赤血球』球を濾し取って処理することである。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. リンパ管には逆流防止のための弁があり、リンパ液は一定の方向に流れている。

問題

生物由来製品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 生物由来製品は、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。
  2. 生物由来の原材料が用いられているものであっても、現在の科学的知見において、感染症の発生リスクの蓋然性が極めて低いものは、生物由来製品の指定の対象とならない。
  3. 植物に由来するものを原材料としているものは、生物由来製品の指定の対象とならない。
  4. 化粧品及び医療機器は、生物由来製品の指定の対象とならない。

答え

【 5 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 生物由来製品は、法第2条第10項において次のように定義されている。
    「人その他の生物(植物を除く。)に由来するものを原料又は材料として製造(小分けを含む。)をされる医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器のうち、保健衛生上特別の注意を要するものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するもの」

問題

医薬品医療機器等法第2条第1項の医薬品の定義と範囲に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬品には、無承認無許可医薬品が含まれる。
  2. 日本薬局方収載医薬品として販売する場合は、その性状及び品質が日本薬局方で定める基準に適合しなければならない。
  3. 日本薬局方収載医薬品には、一般用医薬品として販売されているものはない。
  4. 人の疾病の治療に使用されることが目的とされている衛生用品は、医薬品に該当する。

答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 日本薬局方収載医薬品には、一般用医薬品として販売されているものがある。
  4. 人の疾病の治療に使用されることが目的とされている衛生用品は、医薬品に該当しない。

問題

次の記述は、要指導医薬品に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 要指導医薬品とは、効能及び効果において人体に対する作用が著しいものであって、適正使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が必要なものである。
  2. 医師等の診療によらなければ一般に治癒が期待できない疾患(例えば、がん、心臓病等)に対する効能効果は、要指導医薬品において認められていない。
  3. 店舗販売業及び配置販売業は、要指導医薬品の販売が認められている。
  4. 効能効果の表現に関しては、一般の生活者が判断できる症状で示されている。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 3 】

解説

  1. 要指導医薬品とは、効能及び効果において人体に対する作用が『著しくないもの』であって、適正使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が必要なものである。
  2. 選択肢の通り
  3. 配置販売業は一般用医薬品(経年変化が起こりにくいことその他の厚生労働大臣の定める基準に適合するものに限る。)以外の医薬品の販売は認められていない。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、毒薬又は劇薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 業務上劇薬を取り扱う者は、劇薬を他の物と区別し、かぎを施して貯蔵、陳列しなければならない。
  2. 毒薬は、それを収める直接の容器又は被包に、黒地に白枠、白字をもって、当該医薬品の品名及び「毒」の文字が記載されていなければならない。
  3. 毒性、劇性が強いものだけでなく、薬効が期待される摂取量と中毒のおそれがある摂取量が接近し安全域が狭いものも指定される。
  4. 毒薬又は劇薬を、18歳未満の者その他安全な取扱いに不安のある者に交付することは禁止されている。

  1. a、b
  2. a、d
  3. b、c
  4. c、d
答え

【 3 】

解説

  1. 業務上毒薬又は劇薬を取り扱う者は、それらを他の物と区別して貯蔵、陳列しなければならず、特に毒薬を貯蔵、陳列する場所については、かぎを施さなければならないとされている。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 毒薬又は劇薬を、『14歳未満』の者その他安全な取扱いに不安のある者に交付することは禁止されている。

問題

医薬品の添付文書、容器等(直接の容器又は被包)又は外箱等(外部の容器又は被包)への記載事項に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬品の容器等が小売りのために包装されている場合において、医薬品医療機器等法で定められた容器等への記載が、外箱等を透かして容易に見ることができないときには、その外箱等にも同様の事項が記載されていなければならない。
  2. 医薬品の法定表示事項は、邦文を原則とするが、海外で製造された医薬品はこの限りではない。
  3. 医薬品は、その添付文書、容器等又は外箱等に、当該医薬品に関する最新の論文その他により得られた知見に基づき、用法用量その他使用及び取扱い上必要な注意等が記載されていなければならない。
  4. 医薬品に添付する文書、その容器等又は外箱等に記載されていてはならない事項の一つに「保健衛生上危険がある用法、用量又は使用期間」がある。

答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 医薬品の法定表示事項は、邦文でされていなければならない。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、医薬部外品に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 効能効果の範囲があらかじめ定められた範囲内であり、人体に対する作用が緩和であることを要件に、医薬品的な効能効果を表示・標榜することが認められている。
  2. 吐き気その他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止等の目的のために使用されるものであり、機械器具等を含む。
  3. 薬用化粧品や薬用石けんは、医薬部外品である。
  4. ねずみ、はえ、蚊その他これらに類する生物の防除のため使用される製品については、直接の容器又は被包に「指定医薬部外品」と表示しなければならない。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 吐き気その他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止等の目的のために使用されるものであり、『機械器具等は含まない』。
  3. 選択肢の通り
  4. ねずみ、はえ、蚊その他これらに類する生物の防除のため使用される製品については、直接の容器又は被包に『防除用医薬部外品』と表示しなければならない。

問題

保健機能食品等の食品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 栄養機能食品は、栄養成分の機能表示に関して、消費者庁長官の許可を要さない。
  2. 機能性表示食品は、販売前に安全性及び機能性に関する審査を受け、消費者庁長官の個別の許可を取得することが必要である。
  3. 特別用途食品は、乳児、幼児、妊産婦又は病者の発育又は健康の保持若しくは回復の用に供することが適当な旨を医学的・栄養学的表現で記載し、かつ、用途を限定したもので、健康増進法の規定に基づく許可又は承認を受け、「特別の用途に適する旨の表示」をする食品である。
  4. 特定保健用食品は、健康増進法の規定に基づく許可又は承認を受けて、食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品である。

答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 機能性表示食品は、販売前に安全性及び機能性に関する審査を受け、消費者庁長官へ『届出』を行ったものである。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の1~5で示される栄養機能食品に含まれる栄養成分のうち、「妊娠3ヶ月以内又は妊娠を希望する女性は過剰摂取にならないよう注意してください。」の注意喚起の表示が必須のものはどれか。

  1. 亜鉛
  2. ビタミンA
  3. マグネシウム
  4. β-カロテン
  5. 葉酸
答え

【 2 】

解説

一般用医薬品におけるビタミンAの1日分量は4000国際単位が上限となっているが、妊娠3ヶ月前から妊娠3ヶ月までの間にビタミンAを1日10000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた新生児において先天異常の割合が上昇したとの報告がある。そのため、妊娠3ヶ月以内の妊婦、妊娠していると思われる女性及び妊娠を希望する女性では、医薬品以外からのビタミンAの摂取を含め、過剰摂取に留意する必要がある。

問題

次の記述は、販売従事登録に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 販売従事登録申請の際、申請者に係る精神の機能の障害又は申請者が麻薬、大麻、あへん若しくは覚醒剤の中毒者であるかないかに関する医師の診断書を申請書に添付しなければならない。
  2. 登録販売者の住所地に変更が生じたときは、その旨を登録を受けた都道府県知事に届け出なければならない。
  3. 二以上の都道府県において販売従事登録を受けようと申請した者は、当該申請を行った都道府県知事のうちいずれか一の都道府県知事の登録のみを受けることができる。
  4. 登録販売者が死亡し、又は失踪の宣告を受けたときは、戸籍法による死亡又は失踪の届出義務者は、10日以内に、登録販売者名簿の登録の消除を申請しなければならない。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 登録販売者の『本籍地都道府県』に変更が生じたときは、その旨を登録を受けた都道府県知事に届け出なければならない。住所地は登録事項にない。
  3. 選択肢の通り
  4. 登録販売者が死亡し、又は失踪の宣告を受けたときは、戸籍法による死亡又は失踪の届出義務者は、『30日』以内に、登録販売者名簿の登録の消除を申請しなければならない。

問題

店舗販売業に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 店舗販売業者が、その店舗を自ら実地に管理する場合は、別途店舗管理者を指定しなくてもよい。
  2. 薬局又は店舗販売業において、過去5年間のうち、一般従事者として薬剤師又は登録販売者の管理及び指導の下に実務に従事した期間及び登録販売者として業務に従事した期間が通算して2年以上ある登録販売者は、第二類医薬品又は第三類医薬品を販売する店舗の店舗管理者になることができる。
  3. 店舗管理者が薬剤師の場合は、要指導医薬品及び一般用医薬品以外の医薬品を販売することができる。
  4. 店舗管理者は、その店舗の所在地の都道府県知事の許可を受けた場合を除き、その店舗以外の場所で業として店舗の管理その他薬事に関する実務に従事する者であってはならない。

答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 店舗販売業は、一般用医薬品及び要指導医薬品以外の医薬品の販売等は認められていない。
  4. 選択肢の通り

問題

医薬品販売業に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 医薬品販売業の許可は、店舗販売業、配置販売業、卸売販売業の3種類に分けられている。
  2. 医薬品販売業のうち、一般の生活者に対して医薬品を販売することができるのは、店舗販売業及び卸売販売業の許可を受けた者だけである。
  3. 薬局において医薬品を販売するためには、店舗販売業の許可を受ける必要がある。
  4. 医薬品販売業者は、医薬品をあらかじめ小分けし、販売することができる。

答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 医薬品販売業のうち、一般の生活者に対して医薬品を販売することができるのは、店舗販売業及び『配置販売業』の許可を受けた者だけである。
  3. 医薬品の販売を行うためには、薬局の許可、又は医薬品の販売業の許可を受けなければならない。
  4. 医薬品をあらかじめ小分けし、販売する行為は、無許可製造、無許可製造販売に該当するため、認められない。

問題

次の記述は、一般の生活者に対する医薬品の販売の際に店舗販売業者が必ず行わなければならない事項に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 購入しようとする者から相談があった場合には、第二類医薬品又は第三類医薬品を販売する前に、薬剤師又は登録販売者をして情報の提供を行わせなければならない。
  2. 第二類医薬品又は第三類医薬品を販売した薬剤師又は登録販売者の氏名、当該店舗の名称及び店舗の電話番号その他連絡先を、当該医薬品を購入しようとする者に薬剤師又は登録販売者をして伝えさせなければならない。
  3. 第二類医薬品又は第三類医薬品を販売した日時を書面に記載し、保存しなければならない。
  4. 第二類医薬品又は第三類医薬品の購入者の連絡先を書面に記載し、保存しなければならない。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 1 】

解説

薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者は第二類医薬品又は第三類医薬品医薬品を販売し、授与し、又は配置したときは

  1. 品名
  2. 数量
  3. 販売、授与、配置した日時
  4. 販売、授与、配置した薬剤師の氏名、情報提供を行った薬剤師の氏名
  5. 医薬品の購入者等が情報提供の内容を理解したことの確認の結果
上記(a)~(e)の事項を書面に記載し、保存するよう努めなければならないとされている。

問題

医薬品のリスク区分に応じた情報提供に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 薬局開設者又は店舗販売業者が指定第二類医薬品を販売又は授与する場合には、医薬品の販売又は授与に従事する薬剤師又は登録販売者に、書面を用いて、必要な情報を提供させなければならない。
  2. 薬局開設者は、第一類医薬品を購入しようとする者から説明を要しない旨の意思の表明があり、薬剤師が、当該第一類医薬品が適正に使用されると認められると判断した場合は、必要な情報を提供せずに販売することが認められている。
  3. 店舗販売業者は、第三類医薬品の購入者から質問等がない場合であっても、薬剤師又は登録販売者に必要な情報提供をさせることが望ましいが、法上の規定は特にない。
  4. 店舗販売業者は、第一類医薬品を販売する場合には、情報の提供を行った登録販売者の氏名を購入者に対して伝えさせなければならない。

答え

【 2 】

解説

  1. 薬局開設者又は店舗販売業者が指定第二類医薬品を販売又は授与する場合には、医薬品の販売又は授与に従事する薬剤師又は登録販売者に、書医薬品の販売又は授与に従事する薬剤師又は登録販売者に、必要な情報を提供させるよう努めなければならないと規定されている。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 第一類医薬品については、薬剤師により販売又は授与させなければならないこととされている。

問題

医薬品の陳列に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 店舗販売業者は、鍵をかけた陳列設備に要指導医薬品を陳列している場合は、要指導医薬品を販売し、又は授与しない時間であっても、構造設備規則に規定する要指導医薬品陳列区画を閉鎖しなくてもよい。
  2. 第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品を混在しないように陳列しなければならない。
  3. 第一類医薬品は必ず鍵をかけた陳列設備に陳列しなければならない。
  4. 開店時間のうち、一般用医薬品を販売し、又は授与しない時間は、一般用医薬品を通常陳列し、又は交付する場所を閉鎖しなければならない。

答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 第一類医薬品は、第一類医薬品陳列区画の内部の陳列設備に陳列しなければならないが、かぎをかけた陳列設備に陳列する場合はその限りではない。
  4. 選択肢の通り

問題

次のうち、店舗販売業者が当該店舗の見やすい位置に掲示板で必ず掲示しなければならない事項として、正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 店舗に従事している登録販売者の氏名及び担当業務
  2. 店舗で取り扱う要指導医薬品の品名
  3. 開設者の氏名又は名称
  4. 医薬部外品の陳列に関する解説

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 2 】

解説

解答の通り

問題

次の記述は、特定販売に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 薬局開設者は、当該薬局において貯蔵し、又は陳列している要指導医薬品の特定販売を行うことができる。
  2. インターネットを利用して特定販売を行うことについて広告をするときは、ホームページに薬局又は店舗の主要な外観の写真を見やすく表示しなければならない。
  3. インターネットを利用して特定販売を行うことについて広告をするときは、ホームページに要指導医薬品の陳列に関する解説を見やすく表示しなければならない。
  4. 薬局開設者は、全ての薬局製造販売医薬品の特定販売を行うことができる。

  1. a、c
  2. a、d
  3. b、c
  4. b、d
答え

【 3 】

解説

  1. 薬局開設者は、当該薬局において貯蔵し、又は陳列している『一般用医薬品又は薬局製造販売医薬品』の特定販売を行うことができる。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 薬局開設者は、全ての薬局製造販売医薬品『( 毒薬及び劇薬を除く )』の特定販売を行うことができる。

問題

次のうち、薬局開設者と卸売販売業者が医薬品の初回取引時に書面に記載しなければならない事項として、正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 購入若しくは譲受け又は販売若しくは授与の年月日
  2. 取引相手が受けている許可の有効期限
  3. 取引した医薬品の製造年月日
  4. 購入若しくは譲り受けた者又は販売若しくは授与した者の氏名又は名称、住所又は所在地、及び電話番号その他の連絡先

  1. a、c
  2. a、d
  3. b、c
  4. b、d
答え

【 2 】

解説

薬局開設者と卸売販売業者が医薬品の初回取引時には、次に掲げる事項を書面に記載しなければならない。

  1. 品名
  2. 数量
  3. 購入若しくは譲受け又は販売若しくは授与の年月日
  4. 購入若しくは譲り受けた者又は販売若しくは授与した者(以下「購入者等」という。)の氏名又は名称、住所又は所在地、及び電話番号その他の連絡先
  5. 4.の事項を確認するために提示を受けた資料
  6. 医薬品の取引の任に当たる自然人が、購入者等と雇用関係にあること又は購入者等から取引の指示を受けたことを示す資料

問題

濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する一般用医薬品に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 店舗販売業者は、当該医薬品を購入し、又は譲り受けようとする者が若年者である場合にあっては、販売に従事する薬剤師又は登録販売者に、当該者の氏名及び年齢を記録させなければならない。
  2. 店舗販売業者は、当該医薬品を購入し、又は譲り受けようとする者が、適正な使用のために必要と認められる数量を超えて当該医薬品を購入し、又は譲り受けようとする場合は、販売に従事する薬剤師又は登録販売者に、その理由を確認させなければならない。
  3. ジヒドロコデインを有効成分として含有する製剤は、すべて指定されている。
  4. ブロモバレリル尿素を有効成分として含有する製剤は指定されていない。
答え

【 2 】

解説

  1. 店舗販売業者は、当該医薬品を購入し、又は譲り受けようとする者が若年者である場合にあっては、販売に従事する薬剤師又は登録販売者に、当該者の氏名及び年齢を『確認』させなければならない。
  2. 選択肢の通り
  3. ジヒドロコデインを有効成分として含有する製剤は、鎮咳去痰薬に限り、指定されている。
  4. ブロモバレリル尿素を有効成分として含有する製剤は指定されている。
濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品は、次に掲げるもの、その水和物及びそれらの塩類を有効成分として含有する製剤とされており、対象の医薬品を販売する際には確認を行ったうえで適正に使用されるよう販売する必要がある。
  • エフェドリン
  • コデイン(鎮咳去痰薬に限る。)
  • ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る。)
  • ブロモバレリル尿素
  • プソイドエフェドリン
  • メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る。)

問題

適正な販売広告や販売方法に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 何人も医薬品の効能、効果に関して明示的であると暗示的であるとを問わず、誇大な記事を広告してはならない。
  2. 医薬品の広告に該当するか否かについては、(1)顧客を誘引する意図が明確であること、(2)特定の医薬品の商品名が明らかにされていること、(3)一般人が認知できる状態であることのいずれかの要件に該当する場合に、広告に該当すると判断されている。
  3. 景品類を提供して医薬品を販売することは、不当景品類及び不当表示防止法の限度内であれば認められている。
  4. 医薬品を懸賞や景品として授与することは、原則として認められていない。

答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 医薬品の広告に該当するか否かについては、(1)顧客を誘引する意図が明確であること、(2)特定の医薬品の商品名が明らかにされていること、(3)一般人が認知できる状態であることの『全て』の要件に該当する場合に、広告に該当すると判断されている。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、行政庁の監視指導や処分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 登録販売者が薬事監視員による立入検査時の質問に対して、正当な理由なく答弁しなかったり、虚偽の答弁を行った場合、罰則として罰金が定められている。
  2. 都道府県知事等は、店舗管理者又は区域管理者が、管理者として不適当であると認めるときは、医薬品の販売業者に対して、その変更を命ずることができる。
  3. 都道府県知事は、配置販売業の配置員が、薬事に関する法令に違反する行為をした場合、その配置員に対してのみ、期間を定めて業務の停止を命ずることができる。
  4. 医薬品等の製造販売業者等は、その医薬品等の使用によって保健衛生上の危害が発生し、又は拡大するおそれがあることを知ったときでも、行政庁の命令がなければ、これを防止するために廃棄、回収等の必要な措置を講じることができない。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 1 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 都道府県知事は、配置販売業の配置員が、薬事に関する法令に違反する行為をした場合、その『配置販売業者』に対してのみ、期間を定めて業務の停止を命ずることができる。
  4. 行政庁による命令がなくても、医薬品等の製造販売業者等が、その医薬品等の使用によって保健衛生上の危害が発生し、又は拡大するおそれがあることを知ったときは、これを防止するために廃棄、回収、販売の停止、情報の提供その他必要な措置を講じなければならないこととされている。

問題

医薬品・医療機器等安全性情報に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 厚生労働省では、医薬品(一般用医薬品を含む)、医療機器等による重要な副作用、不具合等に関する情報をとりまとめ、広く医薬関係者向けに情報提供を行っている。
  2. 厚生労働省及び独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページへ掲載されるが、行政機関ではない医学・薬学関係の専門誌には転載されない。
  3. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構が配信する医薬品医療機器情報配信サービス(PMDAメディナビ)は、医療関係者のみが利用できる。
  4. 医薬品の安全性に関する解説記事や、使用上の注意の改訂内容、主な対象品目、参考文献(重要な副作用等に関する改訂については、その根拠となった症例の概要も紹介)等が掲載されている。

答え

【 5 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 医薬品・医療機器等安全性情報は、各都道府県、保健所設置市及び特別区、関係学会等への冊子の送付がなされているほか、厚生労働省ホームページ及び総合機構ホームページへ掲載されるとともに、医学・薬学関係の専門誌等にも転載される。
  3. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構が配信する医薬品医療機器情報配信サービス(PMDA メディナビ)は、『誰でも利用できる』。
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、一般用医薬品の添付文書に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 添付文書の販売名の上部に、「使用にあたって、この説明文書を必ず読むこと。また、必要なときに読めるよう大切に保存すること。」等の文言が記載されている。
  2. 製品の特徴は、その製品の概要を正しく説明することを目的として、必要な情報が専門的な表現で記載されている。
  3. 添付文書の内容は、医薬品の有効性・安全性等に係る新たな知見・使用に係る情報に基づき、1年に1回の改訂が義務付けられている。
  4. 薬効名とは、その医薬品の薬効又は性質が簡潔な分かりやすい表現で示されたもので、販売名に薬効名が含まれているような場合には、薬効名の記載は省略されることがある。

  1. a、c
  2. a、d
  3. b、c
  4. b、d
答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 製品の特徴は、その製品の概要を正しく説明することを目的として、『必要な内容を簡潔に記載』されている。
  3. 添付文書の内容は、医薬品の有効性・安全性等に係る新たな知見・使用に係る情報に基づき、『必要に応じて随時改訂がなされている』。
  4. 選択肢の通り

問題

一般用医薬品の添付文書の「してはいけないこと」の項目中に「次の診断を受けた人」と記載される、基礎疾患等と主な成分・薬効群の組み合わせのうち、誤っているものはどれか。

答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 心臓病 --- 芍薬甘草湯
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

以下の医薬品の副作用情報等の収集に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

一般用医薬品に関しては、承認後の調査が製造販売業者等に求められており、既存の医薬品と明らかに異なる有効成分が配合されたものについては、( a )を超えない範囲で厚生労働大臣が承認時に定める一定期間、承認後の使用成績等を製造販売業者等が集積し、厚生労働省へ提出する( b )が適用される。

答え

【 5 】

解説

一般用医薬品に関しては、承認後の調査が製造販売業者等に求められており、既存の 医薬品と明らかに異なる有効成分が配合されたものについては、( 10年 )を超え ない範囲で厚生労働大臣が承認時に定める一定期間、承認後の使用成績等を製造販売業 者等が集積し、厚生労働省へ提出する( 再審査制度 )が適用される。

問題

一般用医薬品の製品表示に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 添付文書を見なくても適切な保管がなされるよう、その容器や包装にも、保管に関する注意事項が記載されている。
  2. 適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品においては、使用期限の表示について法的な表示義務はない。
  3. エアゾール製品には、高圧ガス保安法に基づく注意事項として「高温に注意」と記載されているものがある。
  4. 1回服用量中0.1mLを超えるアルコールを含有する内服液剤(滋養強壮を目的とするもの)については、例えば「アルコール含有○○mL以下」のように、アルコールを含有する旨及びその分量が記載されている。

答え

【 5 】

解説

解答の通り

問題

次の記述は、医薬品の適正使用情報等に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 緊急安全性情報は、医薬品、医療機器又は再生医療等製品について緊急かつ重大な注意喚起や使用制限に係る対策が必要な状況にある場合に、厚生労働省又は独立行政法人医薬品医療機器総合機構が作成し、医療機関や薬局等への配布等により情報伝達する。
  2. 安全性速報は、イエローレターとも呼ばれ、医薬品、医療機器又は再生医療等製品について一般的な使用上の注意の改訂情報よりも迅速な注意喚起や適正使用のための対応の注意喚起が必要な状況にある場合に作成される。
  3. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構では、医療用医薬品及び医療機器のほか、要指導医薬品又は一般用医薬品の添付文書情報についてもホームページへ掲載している。
  4. 医薬品の販売等に従事する専門家においては、医薬品を購入し、又は使用する個々の生活者の状況に応じて、添付文書や製品表示に記載されている内容から、積極的な情報提供が必要と思われる事項に焦点を絞り、効果的かつ効率的な説明がなされることが重要である。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 4 】

解説

  1. 緊急安全性情報は、医薬品、医療機器又は再生医療等製品について緊急かつ重大な注意喚起や使用制限に係る対策が必要な状況にある場合に、『厚生労働省』が作成し、医療機関や薬局等への配布等により情報伝達する。
  2. 安全性速報は、『ブルーレター』とも呼ばれ、医薬品、医療機器又は再生医療等製品について一般的な使用上の注意の改訂情報よりも迅速な注意喚起や適正使用のための対応の注意喚起が必要な状況にある場合に作成される。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

一般用医薬品の添付文書の「相談すること」の項目中に、「次の診断を受けた人」と記載される基礎疾患等と主な成分・薬効群等の組み合わせの正誤について、正しいものはどれか。

答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 胃・十二指腸潰瘍 ― サリチルアミド
  4. 選択肢の通り

問題

次の成分のうち、その成分を主な成分とする一般用医薬品の添付文書の「相談すること」の項目に、「次の診断を受けた人」として「肝臓病」と記載されているものとして、誤っているものはどれか。

  1. サントニン
  2. イブプロフェン
  3. アセトアミノフェン
  4. アスコルビン酸
答え

【 4 】

解説

解答の通り

問題

次の1~5で示される成分のうち、その成分を主な成分とする一般用医薬品の添付文書の「してはいけないこと」の項目に、「次の人は使用(服用)しないこと」として「本剤又は本剤の成分、鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人」と記載することとされているものはどれか。

  1. リゾチーム塩酸塩
  2. タンニン酸アルブミン
  3. リドカイン
  4. ブチルスコポラミン臭化物
  5. メキタジン
答え

【 1 】

解説

解答の通り

問題

一般用医薬品の添付文書における「使用上の注意」の記載に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. アスピリンが配合された医薬品は、外国においてライ症候群の発症との関連性が示唆されているため、15歳未満の小児は使用(服用)しないこととされている。
  2. センノシドが配合された医薬品は、腸管粘膜への刺激が大きくなり、腸管粘膜に炎症を生じるおそれがあるため、「大量に使用(服用)しないこと」とされている。
  3. イブプロフェンが配合された医薬品は、アスピリン喘息を誘発するおそれがあるため、「本剤又は他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を使用(服用)してぜんそくを起こしたことがある人」は使用(服用)しないこととされている。
  4. ピレンゼピン塩酸塩水和物は、眠気を生じさせることがあるため、「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」とされている。

答え

【 4 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. ピレンゼピン塩酸塩水和物は、『目のかすみ、異常なまぶしさを生じることがあるため』、「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」とされている。

問題

次の1~5で示される成分のうち、それを含有する内服用の一般用医薬品の添付文書において、妊娠中の女性ホルモン成分の摂取によって、胎児の先天性異常の発生が報告されているため、「次の人は使用(服用)しないこと」の項目の中に、「妊婦又は妊娠していると思われる人」と記載することとされているものはどれか。

  1. エストラジオール
  2. コデインリン酸塩
  3. アスピリン
  4. イブプロフェン
  5. アミノフィリン
答え

【 1 】

解説

解答の通り

問題

医薬品製造販売業者が、その製造販売をし、又は承認を受けた医薬品について、その発生を知ったときは15日以内に厚生労働大臣に報告することが義務づけられている事例に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 医薬品によるものと疑われる副作用症例のうち、使用上の注意から予測できない非重篤な国内事例
  2. 医薬品によるものと疑われる副作用症例のうち、発生傾向が使用上の注意等から予測することが出来ない重篤(死亡を含む)な国内事例
  3. 医薬品によるものと疑われる感染症症例のうち、使用上の注意から予測できる重篤(死亡を含む)な国内事例
  4. 医薬品によるものと疑われる感染症症例のうち、使用上の注意から予測できない非重篤な国内事例
答え

【 1 】

解説

問題

次の記述は、医薬品医療機器等法第68条の10の規定に基づく医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. 医薬品の販売等に従事する専門家は、医薬品の副作用等によるものと疑われる健康被害の発生を知った場合において、保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止するため必要があると認めるときは、30日以内にその旨を厚生労働大臣に報告しなければならない。
  2. 医薬品との因果関係が必ずしも明確でない場合は、医薬品の副作用報告の対象とならない。
  3. 報告する際は、報告様式の記入欄すべてに記入がなされる必要はなく、購入者等から把握可能な範囲で報告がなされればよい。
  4. 報告者に対しては、安全性情報受領確認書が交付される。

  1. a、b
  2. a、c
  3. b、d
  4. c、d
答え

【 4 】

解説

  1. 医薬品の販売等に従事する専門家は、医薬品の副作用等によるものと疑われる健康被害の発生を知った場合において、保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止するため必要があると認めるときは、その旨を厚生労働大臣に報告しなければならない。期限は定められていない。
  2. 医薬品との因果関係が明確でない場合であっても、報告の対象になる。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の記述は、一般用医薬品の保管及び取扱い上の注意に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

  1. シロップ剤は、室温との急な温度差で変質するおそれがあるため、冷蔵庫内で保管をしてはならない。
  2. 点眼薬は、開封後長期間保存すると変質するおそれがあるため、家族間で共用し、できる限り早めに使い切ることが重要である。
  3. 家庭内において、小児が容易に手にとれる場所や、小児の目につくところに医薬品が置かれていた場合に、誤飲事故が多く報告されている。
  4. 医薬品を旅行や勤め先等へ携行するために別の容器へ移し替えると、中身がどんな医薬品であったか分からなくなってしまい、誤用の原因となるおそれがある。

  1. a、b
  2. a、d
  3. b、c
  4. c、d
答え

【 4 】

解説

  1. シロップ剤は、変質しやすいため、開封後は冷蔵庫に保管されるのが『望ましい』。
  2. 薬液の細菌汚染による感染を防ぐため、点眼薬は他の人と共用しない。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

医薬品副作用被害救済制度に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 要指導医薬品の使用による副作用被害への救済給付の請求に当たっては、医師の診断書、要した医療費を証明する書類などのほか、その医薬品を販売した薬局開設者、医薬品の販売業者が作成した販売証明書等が必要となる。
  2. 救済給付業務に必要な費用のうち、給付費については、その2分の1相当額は国庫補助により賄われている。
  3. 障害年金は医薬品の副作用により一定程度の障害の状態にある18歳以上の人の生活補償等を目的として給付されるもので、請求期限はない。
  4. 給付請求は、健康被害を受けた本人又は家族が行うことができる。

答え

【 5 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 救済給付業務に必要な費用のうち、給付費については、製造販売業者から年度ごとに納付される拠出金が充てられるほか、『事務費については』、その2分の1相当額は国庫補助により賄われている。
  3. 選択肢の通り
  4. 選択肢の通り

問題

次の1~5で示される一般用医薬品等のうち、医薬品副作用被害救済制度の対象となるものはどれか。

  1. 一般用検査薬
  2. 殺虫剤・殺鼠剤
  3. 人体に直接使用する殺菌消毒剤
  4. 製品不良などの製薬企業に損害賠償責任がある場合の医薬品
  5. 個人輸入により入手した医薬品
答え

【 3 】

解説

解答の通り

問題

医薬品副作用被害救済制度に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 副作用により日常生活に著しい制限を受ける程度以上の障害が残った場合のほか、医療機関での治療を要さずに寛解したような、健康被害の程度が軽度のものについても、救済給付の対象に含まれる。
  2. 医薬品の不適正な使用による健康被害については、救済給付の対象とならない。
  3. いわゆる健康食品として販売された無承認無許可医薬品の使用による健康被害については、救済制度の対象とならない。
  4. 医薬品の副作用により死亡した場合には、救済給付の対象とならない。

答え

【 1 】

解説

  1. 副作用により日常生活に著しい制限を受ける程度以上の障害が残った場合であり、医療機関での治療を要さずに寛解したような、医療機関での治療を要さずに寛解したような軽度のものについては給付対象に含まれない。
  2. 選択肢の通り
  3. 選択肢の通り
  4. 医薬品の副作用により死亡した場合には、救済給付の対象となる。

問題

以下の医薬品PLセンターに関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

医薬品PLセンターは、( a )において、平成7年7月の製造物責任法の施行と同時に開設された。
消費者が、( b )に関する苦情について製造販売元の企業と交渉するに当たって、公平・中立な立場で申立ての相談を受け付け、交渉の仲介や調整・あっせんを行い、裁判によらずに迅速な解決に導くことを目的としている。

答え

【 3 】

解説

医薬品PLセンターは、( 日本製薬団体連合会 )において、平成7年7月の製造物責任法の施 行と同時に開設された。
消費者が、( 医薬品又は医薬部外品 )に関する苦情について製造販売元の企業と交渉するに当た って、公平・中立な立場で申立ての相談を受け付け、交渉の仲介や調整・あっせんを行 い、裁判によらずに迅速な解決に導くことを目的としている。

問題

一般用医薬品に関する安全対策についての以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 一般用かぜ薬の使用によると疑われる間質性肺炎の発生事例が報告されたことを受けて、2003年、厚生労働省は一般用かぜ薬全般につき使用上の注意の改訂を指示した。
  2. 小柴胡湯とインターフェロン製剤の併用例による間質性肺炎が報告されたことから、小柴胡湯については、インターフェロン製剤との併用を禁忌とする旨の使用上の注意の改訂がなされた。
  3. プソイドエフェドリン塩酸塩が配合された一般用医薬品による脳出血等の副作用症例が複数報告されたことを受け、厚生労働省から関係製薬企業等に対して、使用上の注意の改訂について指示がなされた。
  4. アンプル剤は他の剤形(錠剤、散剤等)に比べて吸収が速く、血中濃度が急速に高値に達するため、通常用量でも副作用を生じやすいことが確認されたことから、1965年、厚生省(当時)より関係製薬企業に対し、アンプル入りかぜ薬製品の回収が要請された。

答え

【 2 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 塩酸フェニルプロパノールアミン含有医薬品による脳出血等の副作用症例が複数報告されたことを受け、それらの多くが用法・用量の範囲を超えた使用又は禁忌とされている高血圧症患者の使用によるものであった。そのため、厚生労働省から関係製薬企業等に対して、使用上の注意の改訂、情報提供の徹底等を行うとともに、代替成分としてプソイドエフェドリン塩酸塩(PSE)等への速やかな切替えにつき指示がなされた。
  4. 選択肢の通り

問題

医薬品の適正使用のための啓発活動等に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

  1. 登録販売者は、適切なセルフメディケーションの普及定着、医薬品の適正使用の推進のため、啓発活動に積極的に参加、協力することが期待されている。
  2. 医薬品の持つ特質及びその使用・取扱い等について正しい知識を広く生活者に浸透させることにより、保健衛生の維持向上に貢献することを目的とし、毎年10月17日~23日の1週間を「薬と健康の週間」として、国、自治体、関係団体等による広報活動やイベント等が実施されている。
  3. 薬物依存は、違法薬物(麻薬、覚醒剤、大麻等)により生じるものであり、一般用医薬品によって生じることはない。
  4. 薬物乱用防止を一層推進するため、毎年6月20日~7月19日までの1ヶ月間、国、自治体、関係団体等により、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が実施されている。

答え

【 3 】

解説

  1. 選択肢の通り
  2. 選択肢の通り
  3. 薬物乱用や薬物依存は、違法薬物(麻薬、覚醒剤、大麻等)によるものだけでなく、一般用医薬品によっても生じる。
  4. 選択肢の通り

科目別問題を解いている場合は表示されません。