第1問

医薬品の本質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 一般用医薬品は、医療用医薬品と比較すればリスクは相対的に低いと考えられるが、科学的な根拠に基づく適切な理解や判断によって適正使用が図られる必要がある。
  2. 医薬品は、人体にとって有益であり、医薬品が人体に及ぼす作用はすべて解明されている。
  3. 一般の生活者は、添付文書や製品表示に記載された内容を見ただけでは、効能効果や副作用等について誤解や認識不足を生じることもある。
  4. 一般用医薬品の販売に従事する専門家においては、常に医薬品の有効性、安全性等の新しい情報の把握に努める必要がある。


解答を選択してください
水素風呂 レンタル