過去問クイズ
0問解答 0問正解 正答率:0%

社会福祉士 過去問 第28回 低所得者に対する支援と生活保護制度 第1問

現在の生活保護法成立前の公的扶助制度に関する記述のうち,正しいものを1 つ選びなさい。
  1. 恤救規則(1874 年(明治7 年))は,高齢者については65 歳以上の就労できない者を救済の対象とした。
  2. 救護法(1929 年(昭和4 年))は,救護を目的とする施設への収容を原則とした。
  3. 救護法(1929 年(昭和4 年))における扶助の種類は,生活扶助,生業扶助,助産の3 種類であった。
  4. 旧生活保護法(1946 年(昭和21 年))は,勤労を怠る者は保護の対象としなかった。
  5. 旧生活保護法(1946 年(昭和21 年))は,不服申立ての制度を規定していた。
解答を選択してください