▼ 開く▲ 閉じる

0 問中 点数:0 点

▼ 解答結果 開く▲ 解答結果 閉じる

--------------------
----------

第1問

面接場面におけるコミュニュケーション技術について、より適切なものはどれか。2つ選べ。
  1. 傾聴を行う上では、 主にクローズドクエスチョンを使用した方がよい。
  2. 円滑なコミュニケーションを図るためには、服装や書類の理解しやすさなどの外的条件にも気を配る必要がある。
  3. 相談援助者は、クライエントの主訴の把握に当たっては、言語的に表出された訴えではなく、非言語的な要素で判断する。
  4. 相手が伝えようとしている事柄を受け止めることは大切であるが、その背後にある情緒まで受け止める必要はない。
  5. 相談援助者は、「励まし、明確化、要訳」といった技術を活用して、クライエントとともに課題を明確にしていく必要がある。
番号を2つ選択してください
スポンサーリンク
>
科目別問題を解いている場合は表示されません。