過去問クイズ
0問解答 0問正解 正答率:0%

ケアマネ 過去問 平成28年(第19回)第1問

高齢者の特性について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
  1. 老年症候群に対しては、できる限り安静や臥床が必要である。
  2. せん妄は、原因や誘因を取り除いても消失しない。
  3. 体重減少、疲れやすい、身体活動レベルの低下、握力低下、歩行速度低下の5つの要素のうち、3つ以上あればフレイル(虚弱)と定義される。
  4. サルコペニア(加齢性筋肉減少症)は、運動器全体の機能低下をきたすことがある。
  5. 加齢により、最近の出来事に対する記憶が低下していくことが多い。
    1. × 安静や臥床を主体とした療養は、廃用症候群を引き起こす。離床してできる限り体を動かすようにしなければならない。
    2. × せん妄は意識障害の1種であり、興奮・錯乱を主体とした興奮過覚醒型と、反応性が低下して認知機能や見当識、注意力が低下する傾眠低覚醒型がある。環境や生活リズムの変化、薬物の副作用などの原因や誘因を取り除くと、通常は数週間で治まる。
    3. 〇 設問の通り
    4. 〇 設問の通り
    5. 〇 加齢により記憶を含む認知機能は低下していくが、人生における個人的な経験の記憶であるエピソード記憶では、最近の出来事に対する記憶が低下していくことが多い。学習によって取得される意味記憶は、比較的失われにくい。長期記憶は加齢によっても失われにくいが、短期記憶は失われやすいという表現もある。
番号を3つ選択してください
12345
その他の福祉関連資格