過去問クイズ

介護福祉士 試験 出題基準

出題基準の基本的性格

  1. 出題基準は、あくまでも標準的な出題範囲の例示であって、出題範囲を厳密に限定するものではなく、また、作問方法や表現等を拘束するものではない。
  2. 介護とは、単に技術的な営みではなく人間的・社会的な営みであり、総合的・多面的に理解されるべきものであることから、4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)を横断する総合問題を出題する。
  3. 出題基準公表後の法改正による制度の重大な変更等、出題基準にない事項であっても、介護福祉士として習得すべき事項については、出題することができる。
  4. 関係学会等で学説として定まっていないものや、論議が分かれているものについては、その旨を配慮した出題を行なう。

出題基準の基本的性格

  1. 出題基準は、あくまでも標準的な出題範囲の例示であって、出題範囲を厳密に限定するものではなく、また、作問方法や表現等を拘束するものではない。
  2. 介護とは、単に技術的な営みではなく人間的・社会的な営みであり、総合的・多面的に理解されるべきものであることから、4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)を横断する総合問題を出題する。
  3. 出題基準公表後の法改正による制度の重大な変更等、出題基準にない事項であっても、介護福祉士として習得すべき事項については、出題することができる。
  4. 関係学会等で学説として定まっていないものや、論議が分かれているものについては、その旨を配慮した出題を行なう。

介護福祉士試験 予定出題数

人間と社会 16問
人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
社会の理解
介護
介護の基本 52問
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
こころとからだのしくみ 40問
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ
医療的ケア 5問
医療的ケア
総合問題 12問
総合問題

介護福祉士試験 出題基準

人間の尊厳と自立
人間の尊厳と自立
介護における尊厳の保持・自立支援
人間関係とコミュニケーション
人間関係の形成
コミュニケーション技術
コミュニケーションの基礎
社会の理解
生活と福祉
社会保障制度
介護保険制度
障害者自立支援制度
介護実践に関連する諸制度
介護の基本
介護福祉士を取り巻く状況
介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ
尊厳を支える介護
自立に向けた介護
介護を必要とする人の理解
介護サービス
介護実践における連携
介護従事者の倫理
介護における安全の確保とリスクマネジメント
介護従事者の安全
コミュニケーション技術
介護におけるコミュニケーションの基本
介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション
介護におけるチームのコミュニケーション
生活支援技術
生活支援
自立に向けた居住環境の整備
自立に向けた身じたくの介護
自立に向けた移動の介護
自立に向けた食事の介護
自立に向けた入浴・清潔保持の介護
自立に向けた排泄の介護
自立に向けた家事の介護
自立に向けた睡眠の介護
終末期の介護
介護過程
介護過程の意義
介護過程の展開
介護過程の実践的展開
介護過程とチームアプローチ
発達と老化の理解
人間の成長と発達の基礎的理解
老年期の発達と成熟
老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
高齢者と健康
認知症の理解
認知症を取り巻く状況
医学的側面から見た認知症の基礎
認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
連携と協働
家族への支援
障害の理解
障害の基礎的理解
障害の医学的側面の基礎的知識
連携と協働
家族への支援
こころとからだのしくみ
こころのしくみの理解
からだのしくみの理解
身じたくに関連したこころとからだのしくみ
移動に関連したこころとからだのしくみ
食事に関連したこころとからだのしくみ
入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ
排泄に関連したこころとからだのしくみ
睡眠に関連したこころとからだのしくみ
死にゆく人のこころとからだのしくみ
医療的ケア
医療的ケア実施の基礎
喀痰吸引(基礎的知識・実施手順)
経管栄養(基礎的知識・実施手順)
総合問題
4領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ、医療的ケア)の知識及び技術を横断的に問う問題を、事例形式で出題する。

介護福祉士 実技試験 過去問と解説動画

その他の福祉関連資格